Ceu da Yuni

新しい日々。

お引越し

ずいぶん長いことお休みしていたので、
皆様、もう私のことなんて忘れてしまっていることでしょう。

blog再出発します。

http://ameblo.jp/yunizou/

また遊びにきてください。

De: Yuni

マジパン作り

職場で行う、「クリスマス会」にむけて

マジパン」の試作づくりをしました。

ところでマジパンってご存知ですか?私もよく知らないのですが、発祥はアラブのほうで、現在ヨーロッパなどでクリスマスのデコレーションに使われるお菓子です。マジパンの生地はアーモンドの粉・砂糖・水あめからできています。見た目はケーキの上の砂糖菓子・・・といったところでしょうか。

今回は日本語の生徒さんだったイギリス人の方に指導をお願いしました。

イギリスではこのマジパンやお菓子(お金の形をしたチョコレート)などをツリーに飾って、子供たちが取って食べられるようになっているそうです。

できたものがこちら〜

初めてにしてはなかなか上手でしょう。

当日は子供たちとこれを作ったり、お菓子の家を作ったり、いろいろやりまーす。

マジパンキティ

 

 

 

 

*食べられるものなのですが、自分の手でこねこねしているので、ちょっと食べたくないです。

手紙

「海外技術研修生」の二ヶ月間の日本語指導がおわりました。

後はテストと、スピーチをするのみ。

最後の土曜日となった昨日。研修生ホストファミリーのご好意でみんなとカラオケに行きました。

選曲の3分の2は英語の曲が入ったり、中国の歌があったりと「初めて」のカラオケスタイルでした。

面白いことにKiroroの「未来へ」は中国語版があり、研修生が中国語で私が日本語でハモルという異色な歌も披露してみました。聞いている方は耳障りだったことでしょう・・・

ペルー・ブラジルのラテンチックなノリも加わり、最高潮に盛り上がりました。

狭いカラオケバーの貸切だったのですが、狭い中でも皆踊る、踊る。

本当に楽しくて、素敵な思い出になりました。

 

その帰り、カンボジアの研修生から手紙とたくさんの写真をもらいました。

カンボジアのプノンペン大学で英語を教えている研修生が、私の授業をどのように感じ、評価しているのか不安でしたが、

その内容はとても暖かいものでした。

そして自信をもらいました。

 

日本語指導を始める前、その重責に耐えられないと感じていた私ですが、始まってみると、研修生徒とのハチャメチャな毎日が癖になり、終わってみると掛け替えのない経験と、寂しさをもらっていました。

荒れています

「二ヶ月間集中日本語教師」になって、気づけば残すところあと1week。

始まってしまえばなんのその!順調に(?)こなして来ましたが、その間、お肌はぼろぼろに><;

しかも同時期に化粧品を変えたものだから、原因が分からない><

化粧品のせいにしていた私ですが、昨日の一言ではっとしたのです。

「先生はannoyですか?」

??まさか、そんな!!どうして??

しかも今月に入ってから研修生(生徒)には「先生は楽しくないですか?」「元気じゃありませんか?」いつもいつも繰り返されるこの言葉。

もしやストレス・・・。

ストレス知らずの人生を歩んできていたはずの私ですが、どうやらストレスのようです><

おまけに恋人ともうまくいかなくて、

肌も心も荒れています。

24歳。お肌の曲がり角 アーンド 人生の崖っぷち。

いや、それは言いすぎかな。。。

 

大分の旅 後編

別府は

「大分=温泉」というイメージ通り、

いやいやそれ以上に温泉郷が素敵な景観を作っていました。別府

至る所から立ち上る湯煙。

とても素敵でした。

お湯ももちろんgood。お肌はツルツルに〜。

 

そして最後に寄ったのが、水族館「うみたまご」うみたまご

夏休み最終日ということをしっかり忘れていたため、多少の混雑は避けられませんでしたが、イルカショーもばっちり見ることができた上、セイウチやトドといった大きな動物まで見ることができる水族館は、年も忘れてはしゃぐことができました。

さらに、南米アマゾン川に生息するピラルク、ピラニアに加えトゥッカーノ(おおはし/鳥)も見れ、嬉しい限りでした。

 

今回は熊本から大分へ向かいましたが、行きに阿蘇を通り、ドライブにもってこいのコースでした。

これにて私の夏休み終了。

「あ〜楽しかった。」

ゆうえんち

初の、大分へ行ってきました。

狙いはもちろん大分の『湯』へつかること。

大分いいです。よかったです。今回この旅を思いつくまで「大分=温泉」程度しか思っていませんでしたが、あるんです!

大分には遊ぶところが!!

大分の別府を目指し、よったのが「城島後楽園遊園地」。そこには破天荒なアトラクションが・・・

その1「バードマン」

このネーミングその上キャッチフレーズは「鳥のように!大空を飛びたい!」

乗ってみてください。死にます。本当に怖いです。高さ30Mへ(?)一気にひっぱり上げられ、途中までまっすぐに落下します。本当に怖いです。

バードマン

 

その2「日本初の木製コースター」 (写真奥)

これがまた、「壊れるんじゃないか」という、余計な心配をしてしまうから更に怖い。木製コースター売りの振動で乗っている間、体中がガタガタします。

その3「足ブラ観覧車」

これも日本初!「足ブラ」とは言え「ただの観覧車」と思っていたら大間違い。

観覧車(写真左下に注目)

「縛り付けられただけで高さ50Mにいる」と思ってしまったらもうお終い。怖くなります。

 

ということで、残暑の中、一気に涼しさを感じてしまったのでした。

 

〜つづく〜

マカオって。。。

今勤めているところは、海外からの研修生などを受け入れるセンターです。

現在、10日間の予定でマカオ大学から学生が20名来ています。

私はマカオの人に会ったのは今回が始めてで、最初は大人しい印象を受けました。しかし、一緒に過ごす内に20名全員がものすごくやさしい学生たちだと気付きました。お互いを気遣い、周りをちゃんと見れる学生たちでした。

さて、そんな海外学生の楽しみと言えば「ホームステイ」。一泊二日で日本の生活を体験するものです。

しかし、今回。あの「台風4号」が来てしまいました。当然ホームステイは中止になり、悲しむ学生たち。

「私の家族に会いたいです。」

「家族の電話番号をください。」

ため息ばかりの学生。本当にかわいそうでした。

そんな学生を連れて、今日は小学校へ交流に行きました。学生も子供たちもとっても仲良くなって、2時間半という僅かな時間にも関わらず、最後には涙する生徒や学生。

こんな学生がホームステイの体験をできていたら、学生にとってもホストファミリーにとってもどれだけよかっただろうかと、今更ながら思うのでした。

人ごみ

帰国して半年がたった今も、「人ごみ」が苦手。

何気なく帰りにデパートへ寄ったら、バーゲン初日で人だらけ。大混雑。

人ごみは苦手だけどバーゲン初日ということで、私も!!

しかし、やはりダメでした。

結果、疲れました。

 

明日から熊本へ旅行に行ってきます。熊本へ行くのは4年ぶり。

なんだかんだで融通の利く今の仕事に感謝。

楽しい旅行になるといいな。

ちなみに天気はずっと雨予報。

Profile
yuni
日系社会青年ボランティアとしてブラジルで日本語を教えてきました。
帰国した今は、鹿児島の研修生受け入れ施設で働いています。
ブラジルでの生活が、私を大きく成長させてくれました。
いらっしゃいませ。

めっせーじ。
  • ライブドアブログ