2005年10月24日

私の頭の中の消しゴム

私の頭の中の消しゴム、観ました。
私、あんまり泣かない人なんですけどねぇ・・・。
泣きました、しっかり泣いちゃいました。。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
だって、勝手に涙があふれてきちゃうから・・・。
もうなんて切ないの〜。
もう、あんなに幸せそうだったのに・・・!
記憶がなくなるって、本当に怖い。
記憶がなくなっていくスジンソン・イェジンさん)もかわいそうだけど、チョルスチョン・ウソンさん)の方がもっとかわいそうだった。
何時になく興奮状態なので、ちょっと落ち着いて・・・。

冒頭登場するソン・イェジンさん、まるで別人みたいでしたね。
化粧が濃いっ!
えっ、これがあのイェジンさんなの?って思いました。
何もあそこまでやらなくても、その後あんな化粧しているシーン全然ないから、人間・・・というか女って失恋したからってあそこまで化粧変わらないでしょう。
どちらが普通な状態(?)だったのかわかりませんが、あの変わりようはちょっとオーバーだったような気がします。
人格まで変わったように思えちゃうような変わりようでしたから・・・。
最初のコンビニのシーンを際立たせる効果のような気もしましたけどネ。
その後の方が明らかにかわいかったですけど、あのケバい化粧はヨンミンの好みだったのかな???

前半はちょっとおっちょこちょいなスジンが、無骨でワイルドな土方のチョルスに恋をしてしまいます。
チョルスって頭とか無造作ヘアでボサボサなのに、いい男のオーラしっかり出てますから。
そりゃあスジンでなくても惹かれちゃいますって。
私もこの映画でチョン・ウソンさん、お気に入りに追加です。
前からちょっと気にはなっていたのですが・・・。
それとこれとはちょっと違うかな・・・。
チョルスのワイルドな魅力が、社長令嬢の彼女には新鮮に写ったんでしょうね。
スジンチョルスに惹かれていく微妙な心の動きが描かれています。
また、男性の誰もが抱きそうな結婚で人の人生を背負いたくないというチョルスの心情も描かれます。

前半の幸せそうな展開とは裏腹に、後半ではもうスジンの病気による悲惨な展開で、とても切ない思いをしました。
この映画のコピーにもありましたが、死より切ない別れがどんなに悲惨かということ。
ここで人の人生を背負いたくないと言ったチョルスの本質が見えてきますし、彼はそれを覚悟した決意も見せてくれます。
チョルスはそんな一途でしっかりした男性だと思いました。

この映画の中でやはり感動したシーンは、バッティングセンターでスジンチョルスに病気であることを打ち明け、別れ話を切り出すところ。
スジンチョルスの心情がぶつかり合います。
二人の愛を再確認します。

そしてスジンチョルスに手紙を書き、それを彼が読むシーン。
本当に心が震えました。
チョルスだけを愛しているのに、そして絶対に忘れたくないのに、スジンにはどうすることもできません。
記憶をなくすことを怖れ、別れを決意します。
涙なしには見れませんでした。

そしてラストのコンビニのシーン・・・、ここも泣けました。
デジャヴを見るように記憶を取り戻すスジン
みんなの優しさをじんわりと感じました。


韓国映画にはめずらしいと思いますが、ラテン系の音楽が映画全体をちょっと違った雰囲気に演出しています。
これもチョルスの持つエキゾチックな雰囲気と、ワイルドで情熱的な感情をサポートしているかのようでした。

この映画、本当によかったです。
主演の二人とも好きな俳優さんだし、しっかり泣けたし感動しました。
たくさんの人に、ぜひ見ていただきたい映画ですね。


今回からストーリーを別のページに移しています。
ストーリー(もろネタバレです)はこちらから・・・
韓国映画に魅せられて・・・ネタバレの部屋『私の頭の中の消しゴム』

私の頭の中の消しゴム 公式HP


yunko0916 at 14:35│Comments(4)TrackBack(12)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 死よりも残酷な生がある◆『私の頭の中の消しゴム』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   2005年10月24日 19:04
4 9月22日(木)試写会にて このタイトルが、ストーリーの50%を語っている。私はどんな作品か、タイトルを聞いただけでどんな話かだいたい分かった。主人公は若い女性。彼女が『若年性アルツハイマー病』にかかり、新しいものからどんどんと記憶が消えて行く…という話だ。...
2. 私の頭の中の消しゴム  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2005年10月25日 00:56
5 愛するあなたへ 私が覚えているのはあなただけ あなただけは忘れない 忘れたくない 記憶が消えるのが怖い 愛してる ごめんなさい・・・ 彼女の記憶が消えるとき、 愛までも消えてしまうのだろうか。 すべての記憶の中で最後まで残っているものが、 あな....
私の頭の中の消しゴム A Moment to Remember チョン・ウソン ソン・イェジン主演イ・ジェハン監督・・・この韓国映画は、10月下旬、日本劇場公開予定ですが!それまで、待てずにDirector\'s Cutで見ましたが、韓国映画ファンとか韓国ドラマファンとか関係無しに、か...
4. 私の頭の中の消しゴム  [ わたしの見た(モノ) ]   2005年10月25日 18:24
ビデオメーカー 私の頭の中の消しゴム~君が僕を忘れても~ 「私の頭の中の消しゴム」 素晴しい純愛映画で、気持ちよく泣かせてくれました。 前半は、甘い甘いラブストーリー。 スジン(ソン・イェジン)とチョルス(チョン・ウソン)の出会いから、 新婚生活
5. 私の頭の中の消しゴム  [ セルフセラピー ]   2005年10月28日 14:36
監督:イ・ジェハン 出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン 公式URL:http://www.keshigomu.jp/index2.html 工場で働く大工チョルソと社長令嬢ユジンが恋に落ち、親の反対を押し切って結婚することになる。その後、ユジンの体調に変化が・・・。病院へ行き検査をしてみる....
6. 私の頭の中の消しゴム チョン・ウソン ソン・イェジン☆韓国映画  [ あるある人気アイテム紹介隊 ]   2005年10月28日 15:57
下手をしたら、安っぽい感動モノになる危険もはらんだ物語だが、主演ふたりの名演技が
7. 映画のご紹介(68) 私の頭の中の消しゴム  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2005年10月29日 08:40
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(68) 私の頭の中の消しゴム 公開日朝一に 私の頭の中の消しゴムを観てきた。 四月の雪のヒットで日本でも急速にファンが増えているソン・イェジンと映画俳優として韓...
8. 「私の頭の中の消しゴム」  [ Mako-chu's Notes ]   2005年10月30日 01:42
観てきました。何度か劇場で予告を観てその度に泣いてしまい、本編観たら一体どれだけ泣くんだろう…と思ってたのと、チョン・ウソンシがカッコいいので、本編観たら惚れるに違いないと覚悟して行きましたが、どちらも予想はやや外れたかな… ※直接的なネタバレはなし。感想...
9. 私の頭の中の消しゴム  [ ミュージックファクトリーの音楽・映画情報 ]   2005年11月11日 09:36
昨日のことなのですが、久しぶりに映画に行きました^??^v でかいスクリーンで見るのはホントいいっすね!! やはり迫力が違いますよ^??^v で、そこで見た映画はこちらです↓ 出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン 監督:イ・ジェハン この映画のお話は、...
10. 『私の頭の中の消ゴム』  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2005年11月23日 07:09
5 『私の頭の中の消ゴム』 製作: 2004年 韓監督: イ・ジェハン出演: チョン・ウソン/ソン・イェジン   建設会社の社長令嬢のスジンは、天真爛漫なお嬢様。建築家志望のチョルスとコンビニで運命的な出会いをし、二人はすぐに恋におちてしまった。 温かい家族に...
11. 映画「私の頭の中の消しゴム」見ました  [ どうせ誰も見てませんからっ☆★ ]   2005年11月28日 03:17
※ネタばれです※監督・脚本:イ・ジェハン出演:チョン・ウソン(チョルス役)、ソン・イェジン(スジン役)、ペク・チョンハクほか ようやく見ました。どうも「ブログになんて書こうかな」的な視点で見てしまうのでいけませんね^^;前半は「韓国にもファミリーマートある
12. 韓国映画 「私の頭の中の消しゴム A Moment to Remember」  [ 渋谷でママ気mama徒然日記 ]   2005年12月09日 08:28
監督:イ・ジェハン 原作:木村元子 脚本 イ・ジェハン 音楽: 出演:チョン・ウソン 、ソン・イェジン 、ペク・チョンハク 公式サイト ママの評価:★★★★☆ 記事にする前に一言。この映画、とうとうヨン様の「四月の雪」の興行成績を抜いて、日本で74億円....

この記事へのコメント

1. Posted by りお   2005年10月25日 08:54
はじめまして!
いつも楽しく閲覧させていただいていますm(__)m

この作品、私も観ました。

多少強引な展開だな、、、と思えなくもないのですが、全体的にまとまりはよかったと思います(えらそうですね、ごめんなさい)

冒頭の駅のシーンの意味が、未だによくわからないのは秘密ですが(笑)、二人が出会い親密になっていく件は、とても自然ですよね。
なんだか、遠い昔の自分の体験を思い出しそうな・・・?
そんな懐かしい想いに駆られました(〃▽〃)

そしてスジンの病がゆるやかに進んでいき、葛藤と苦悩の後のラストシーン。

確かにあのラストは泣けます!

今後のことを思えば、完全なるハッピーエンドとは言い難いのですが、おもわず
「よかったね」と言ってしまいたくなります。
なんだか、奇跡を感じさせるような、そんな感じ?

長々と駄文をすみません。
「私の頭の中の消しゴム」
おススメです!

またきますね。


2. Posted by ゆんこ   2005年10月25日 10:37
りおさん、はじめまして、おはようございます。
コメントありがとうございます。
私がいちばん泣けたところは、
>いつも楽しく閲覧させていただいています
・・・ってところですね。←なんや映画の話やないんかいな。(一人突っ込み)
ありがとうございます、ほんとにうれしいです。
>冒頭の駅のシーンは正直に言うと私もよくわかりませんが、記憶というものに対してのメッセージが込められていた気がします。
あのおじさん一体どれだけタバコの火を待っているのか考えると不思議なシーンですよね。
>なんだか、遠い昔の自分の体験を思い出しそうな・・・?
りおさんも勘違いから恋が生まれたご経験が・・・?
ちょっと気になりますね。
確かにちょっと強引な展開のところも気にはなりますが、私この映画好きですよ。
では、またお待ちしています。
3. Posted by Mako   2005年10月30日 01:39
こんばんは、ゆんこさん
お邪魔するのが遅くなってゴメンナサイ。
冒頭のイェジンちゃんの目、やっぱりあれアイメイクですよねー?!
私もすごく違和感があったのですが、
途中、レストランでチョルスを家族に紹介する時に
スジンがストレスを感じて貧血起こすときも、
目があんな風になったませんでした?
それで、もしかしてアイメイクではなく貧血を表してるつもりなのかと思って、
それはいくらなんでもオーバーな…と思ってました。
後半がちょっと物足りなかったですが、
恋愛映画としてはまあまあでした。
主役2人が魅力的だったし!!
4. Posted by ゆんこ   2005年10月31日 01:46
Makoさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
イェジンさん、そうでしたね。
途中チョルスと家族を引き合わせたとき、フラフラしてるし見る見る目にクマが・・・。
私なんか薬かなんかやっちゃったのかと思いましたよ・・・。
ちょっと怖かった。
冒頭のイェジンさんの化粧もちょっと怖かったなぁ。
この映画アルツハイマーを描いたにしては、皆さんがいろいろ言われるとおりきれいにまとまりすぎて軽すぎるかなとは思いました。
でも私はあまり深く考えませんでしたので、素直によかったかなと・・・。
またできたら寄ってください。
お待ちしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Link
韓国の情報収集の強い見方
朝鮮日報

韓国芸能ニュース・情報サイト
WOW!Korea
Profile