2022年09月17日

2022.09.16 第8回国葬に関する国対ヒアリング開催報告







旧統一教会 関係団体と下村博文元文科大臣・政調会長は選挙応援と引換えに家庭教育支援法案を自民党マニフェストに入れた疑念が今日 国対ヒアリングで濃厚に!萩生田政調会長や山谷えり子元国家公安委員長ら多数の自民党議員らも国会質疑や請願に名前が。

岸田首相は旧統一教会が自民党政権与党に政策の影響与えていないと言われたが、与えていないどころか大変な影響を与えてきたことが国対ヒアリングでハッキリしてきました。こうした国民からの疑念点も安倍元首相の国葬反対の世論につながっています。カルト被害防止・支援法案などの国会提出と並行してただして参ります。さらに自民地方議員と統一教会も根深い関係明らかに。

国葬、エリザベス女王と安倍元首相で違いすぎ
元首相の方は6,000人集まらないのを焦って無関係な元議員や宮本亞門さんなど国葬反対主張している著名人にも送付された一方、辛坊治郎さんはなぜ自分に送付ないのかと激怒と基準も不明確、国葬より物価高・円安対策に税金回してと切実な声







yunokimi at 08:23|Permalinkclip!

2022年08月25日

2022.08.24今日も国会内の立憲民主党 の 旧統一教会被害対策本部の会合で

300352027_2348994131914221_7547771753106583448_n_RR

今日も国会内の立憲民主党の旧統一教会被害対策本部の会合で政府に被害防止策や被害救済策(寄付の強要や法外な寄付金額の防止・救済策)について提案しました。

現状でも毎年年間の消費者被害総額は何と5兆9,000億円にも上ります。その中で、自己破産、家庭崩壊、自殺、殺人など事件も発生しています。

その他にも、コロナ対策としての療養期間や全数把握の見直し(医療機関や保健所の負担軽減や医療崩壊の防止につながる)や必要な治療薬の確保策など国会を今すぐ開いて、物価高も含む対策を議論し、実行すべきです。

岸田首相はコロナ療養中で回復まで仕方ないにしても、国会は開けます。子どもたちも26日から夏休み 終わり新学期なのに自民党、岸田首相は 一体いつまで野党の国会 開催要求も無視して夏休みを続けるつもりでしょうか?

政府・与党が国会開かなくても立憲民主党や野党合同ヒアリングなどの会合などで政府とやりとりは毎日行ってますが、やはり国会での質疑が様々な政策・対策を実行する一番重要な場所です。

皆さんの後押しで一日も早く臨時国会を岸田政権・与党に開かせましょう!
世論 の後押しをよろしくお願いします。


yunokimi at 10:33|Permalinkclip!

2022年08月20日

2022.08.19コロナ感染者の全数調査の見直しについて私から加藤厚生労働大臣に改善策を提案し加藤大臣も参考にしたいと答弁。



コロナ感染者の全数調査の見直しについて私から加藤厚生労働大臣に改善策を提案し加藤大臣も参考にしたいと答弁。この質問もニュース報道されました。 


「全数調査」としてハーシスへの患者情報、登録作業など医療現場の負担になっているとの指摘はわかるが、専門家からも出ているインフルエンザ同様の一部の医療機関だけで感染状況を把握する「定点把握」だけではコロナ感染状況の「全体像」が見えなくなり、かえって感染防止対策も遅れ、重症者や死亡者も増え、医療ひっ迫につながる恐れもあると医療現場から指摘されている点にどう対策を講ずるか?

ぜひ「医療現場負担軽減と(感染対策に必要なある程度全数把握に近い)感染者数把握の両立」を早急に協議し、実行頂きたい。インフルエンザでの「定点調査」の手法なら医療機関は感染者数の報告を保健所に行うのみなので医療機関の負担はかなり軽減される。同時に感染者数自体はある程度把握できる。もし、全ての医療機関での把握が難しい場合は、現在実施されている定点調査の数に加えてある程度の医療機関数での調査を実施することで「ある程度全数把握に近い感染者数」も把握可能なので、ぜひこうした調査手法も含めて尾身会長も言われているように集中的に検討し早急に実施を提案しました。

yunokimi at 14:22|Permalinkclip!