2018年10月12日

倉敷市戦没者追悼式に出席し、追悼のことばを 申し述べました。

倉敷市戦没者追悼式に出席し、追悼のことばを
申し述べました。
今年度は、例年以上に、様々な思い、願いを
心を込めて申し述べました。
動画は原文と少し異なりますが、原文は以下です。ご覧頂ければ幸いです。

追悼のことば(原文)

戦後何年という言い方が最後になる年がくるかもしれない、
との不安を持たれる方々がおられます。
その意味あいと我々の責任を
深々と受け止めながら、
本年度の倉敷市戦没者追悼式の追悼のことばを申し述べます。

1、「寄り添う」以上に「向き合う」
終戦から73年、戦禍を闘い、逃げ惑い、愛する家族のため、あるいは祖国のため、
どのような理由であれ、かけがえのない、尊い生を絶たれたあまりに多くの同胞の命

敵よってでなく、自らの命を絶たざるを得なかった、かけがえなき同胞の生命たち

そこにどれだけ深く想いを馳せられるのか
目の前で、愛する家族や愛する人の命を奪われ、奪う
「戦争」を知らない世代が「平和」の普遍的意義を決して軽んじることがあってはなりません。

全ての戦没者やそのご遺族の筆舌に尽くせぬ苦しみや悲しみに加えて、
今もなお、沖縄県の基地問題などによる様々な過大な負担に直面しておられる方々の存在
単なる言葉上で「寄り添う」のでは決してない
「終わりなき戦後」と、私たち一人一人が
「寄り添う」以上に
「我がごと」として「向き合う」ことが
今こそ求められているのではないでしょうか。

2、世界平和(世界における非核化)、北東アジア非核化
わが国にとって、また世界にとっても重大な比重を占める
「北東アジアの非核化」とそのために日本が果たすべき、あるいは果たしうる役割とは何なのか。
父が元自衛官、弟が現役の自衛官である私の中で、確かに自衛力は必要であり、
日米同盟も重要であることを認識する一方で、
韓国と北朝鮮との南北首脳会談や米朝首脳会談、また国際協調路線の実効性をいかにして高めうるのか。
そのための冷徹な戦略を見出す。
臆病は蛮勇に勝る。
北東アジアや世界の非核化、平和条約締結に向けたロードマップを
世界で唯一の被爆国としての日本がいかにその責務を果たしていくのか。

3、それこそが、憲法9条を「守り」「生かす」立場。
来年には元号も変わります。しかし、平成の名の通りの平和が変わること、変えることがあってはなりません。
歴史は、忘れた頃に、繰り返す。
政治は、分断でなく、つなぐためにある
と思います。
戦禍に倒れたり、
自ら命を絶たざるをえなかった戦没者、
そのご遺族に本日ここに改めて心よりの追悼を申し述べ、
そして今を生きる、平和を願う全ての皆様とともに、平和憲法を守り抜き、核兵器廃絶、北東アジアや世界の非核化、国際協調などにあらゆる立場を乗り越えて連帯していくことをお誓い申し上げ、
追悼の言葉と致します。

平成三十年十月一二日
衆議院議員 柚木道義
▼【動画リンク先】Facebook
https://www.facebook.com/michiyoshi.yunoki/videos/1166129756867337/
tuitoushiki

yunokimi at 13:15|Permalinkclip!地元活動 

2018年10月05日

目黒区5歳女児虐待死検証結果




目黒区5歳女児虐待死検証結果には、記事にマーカーしたように国会で私も何度も指摘し、改善を具体的に提案した項目について、相応に指摘し、
具体的な改善策を求めており、自治体も具体的対応を進めつつある。

とりわけ、転居リスク、それを関係者が客観的・具体的に共有するためのリスクアセスメントシート作成と児童相談所間や、児相と警察間の連携強化のための具体策、児童福祉司などの専門職増員など。

私が先の国会で何度も質問で指摘し、
また、児童虐待防止法改正案の野党提出者として注力した項目は、かなり網羅的に示されている。

私が国会質問で強く求めた虐待相談ダイヤル189の無料化は一歩前進だ。

子どもは生まれてくる親を選べない。
親も虐待したくてする親はいない。

あとは今回の対策をきちんと実行させるための、
政治のチェック機能強化こそ不可欠。

43171348_1160354770778169_7144628026167263232_n
43160941_1160354784111501_1269920979300122624_n
43141178_1160354777444835_3470717231711649792_n
43092065_1160354864111493_4647847744684163072_n
43070569_1160354790778167_1691555638120808448_n





yunokimi at 09:35|Permalinkclip!

今日の夕方の街頭演説。


今日の夕方の街頭演説。
本当に日が暮れるのが早くなりました。
写真は街頭始まりと、終わり頃の写真と
倉敷市内の「街の風景」です。

倉敷市内や早島町内を「無所属・初心」に立ち返って伺っていると、
人の心の温かみ、また地元の美しい風景や街並に触れ、
文字通り原点から「市民と野党の大結集」に向けて全力を尽くそう、と決意が改まります。

安倍内閣改造は、麻生副総理留任をみても、
安倍総理の口癖の「膿を出し切ること」が
できない理由は、麻生副総理を更迭すれば、
「膿の元」である安倍総理自身に火の粉が
及ぶからであることは明らかだし、世論調査をみても特に公明党など与党支持層からですら、評価されていないことがわかります。

下村自民党憲法改正推進本部長の人事も、
沖縄基地負担問題と同様に、
実際には国民が望まない9条改憲含む国民投票発議を
これも安倍総理の口癖の「国民に寄り添う」どころか、口では言っても、
「無視して」「強行する」例の、いつものパターンになりかねません。

だからこそ、「市民と野党の大結集」で何としてもこの国の平和と民主主義、立憲主義を守っていかなくてはなりません。

といった内容を中心に
夕暮れどきの倉敷の空を
時折、見上げながら訴えました。

43018967_1159547150858931_7490759749789548544_n
43137593_1159547137525599_4064430236282912768_n
42985367_1159547140858932_1408074091344166912_n
43178755_1159547134192266_5858349195768889344_n
43041915_1159547217525591_4839821392562094080_n
43070495_1159547224192257_2616305368745115648_n



yunokimi at 09:27|Permalinkclip!