2018年07月27日

【活動報告】

台風が接近しています。先日の豪雨被災地は元より、台風が異常な進路を進む可能性もあり、皆さん天気情報には十二分にご注意頂き、早め早めの対応をご準備下さい。

被災者・被災地支援に取り組む中で、災害弱者へのケアについても取り組んでいます。

また先日、党の勉強会で、医療的ケアが必要な児童支援についての部でシンポジストを務めさせて頂く機会がありました。

本日も、障がいのあるお子さんが通われている「放課後等デイサービス」が今年度からの政府の診療報酬判定変更によってデイサービス事業所が経営悪化し、
「子どもたちの実態を見ずに軽度判定」など現場から批判が殺到している点について
朝日新聞にも報道がありますが、
こうした現場と制度のギャップを埋めるのが政治の役割でもあると思います。

また、昨日は
やまゆり園事件から2年の報道もあり、
月刊誌での自民党の杉田水脈議員『LGBTには生産性がない』との発言にも多くの意見が
あります。

「生産性」で人を測るなら、そのモノサシから外れた人は社会に不必要となり、
それは憲法上の生存権すら否定しかねず、
我々野党が一貫して主張してきた、
最近では安倍首相も言及をするに至っている
「共生社会」とは対極をなす社会となってしまいます。

私は大学で心理学を専攻していて、当時さまざまな障がいをもつ児童支援のボランティアに参加していて、いつも感じていたのは、
ノーマライゼーション(障がいの有無によらず、共生しあえる社会の実現)に携わりたいということでした。

立法府や行政府の仕事に携わる我々は、ノーマライゼーションに最も敏感な立場であるべきと思います。
そして、ノーマライゼーションの理念は、
たまゆり事件加害者の言動や杉田議員発言とはまったく対極にある理念であり、
立法府にある者は、党派を問わず、この「生産性発言」を看過することは、発言に同意することになりかねず、
きちんと声をあげていくべきだと思います。
#生産性 #LGBT #医療的ケア #放課後等デイサービス #共生社会 #ノーマラーぜーション

37838819_1100915623388751_6873343933108191232_n
37841912_1100915606722086_4414826024911503360_n
37856985_1100915683388745_1005762945654718464_n
37855340_1100915760055404_7558752384915079168_n
37800751_1100915970055383_4542598888195883008_n
37814007_1100915800055400_172203724435881984_n
37838843_1100915700055410_683041469560258560_n
37864887_1100915806722066_8742373392335765504_n



yunokimi at 16:00│clip!