2018年08月06日

平和祈念行事で「核廃絶へ市民の連帯」を決意。ジョー・オダネル撮影「焼き場に立つ少年」。涙すらこぼれぬ激烈な悲しみ。9条改悪NO!「市民と野党の大結集」しかない。



73回目の広島原爆投下の今日は
午前5時からの日程。
地元の平和祈念行事に2件出席し、
スピーチさせて頂き、また、
平和の鐘も鳴らさせて頂き、
外交、安全保障、
そして「核廃絶へ市民の連帯を」の決意を新たにしました。
出席した平和祈念行事の中で、ジョー・オダネルが原爆投下の長崎で撮影した「焼き場に立つ少年」の話が紹介されました。
すでに、こと切れた背中の弟を火葬する順番を待っている少年の悲しみは、
かみしめて血のにじんだ唇に表れている
とローマ法王も「戦争の結果」として銘記すべしとしたわけですが、
「涙も流せない程の激烈な悲しみ」を広島、長崎、沖縄、そして全国にもたらした戦禍を2度と繰り返さないための
「市民と野党の大結集」に向けて、
憲法9条改憲発議のための問題のあり過ぎる国民投票法の論点整理も進めて参ります。
そして、8月22日告示の国民民主党代表選挙についても、私自身の「決意」を「形にかえる」ために、
いま毎日、これまでお支え頂いた様々な皆様との対話、そして16年間の自らの政治活動をじっと自省する時を重ねています。
いずれきちんとした形で意思表示させて頂きます。
明日はまた豪雨被災地に参ります。
被災者支援、被災地の復旧復興と同時に、
異常気象も日常化する中で、防災減災、治水事業などの抜本的な見直しも同時に進めるべく、
いま取組を行っています。
こちらも、またご報告させて頂きます。

38480787_1112401118906868_2581675296545570816_n
38480219_1112401132240200_4065109841843060736_n
38728001_1112401175573529_3571103068529360896_n
38526573_1112401168906863_7601954232584896512_n
38536368_1112401222240191_7686715463711064064_n
38600216_1112401238906856_5726787114767482880_n
38481194_1112401275573519_4379522811077591040_n
38524642_1112401282240185_3693707978055090176_n
38503210_1112401328906847_3696341132309954560_n
38711313_1112401338906846_1872547630148485120_n
38658562_1112401408906839_9072628464405708800_n
38526534_1112401428906837_7179490271413927936_n



yunokimi at 11:39│clip!国会活動 | 地元活動