2018年08月08日

被災地の倉敷市真備町決壊越流各所など視察。原因分析なく再発防止なし。復旧と同時進行で台風などによる二次災害防止含め防災対策抜本的見直しを進めます。


本日、豪雨被災地の倉敷市真備町に伺いました。

復旧復興と同時に、今後の台風豪雨などで2次的な災害に至らないため、また今後の防災・減災対策を抜本的に見直す観点から
全国初の治水条例を制定した前・滋賀県知事の
嘉田由紀子さん始め、治水事業分野の第一線の学者の方々らと、
国土交通省、岡山県のご協力を得て、豪雨災害の起点となった決壊、越流した堤防各所を視察。

原因分析なくして、再発防止なし。

非常に有益な視察となりました。

私の他にも立憲民主党の高井議員、山崎議員も同行され、
行政などの対策加速には、政治・立法府からの
強力な働きかけが不可欠であることも共有できました。

本日視察に訪れた嘉田・前滋賀県知事や著名な治水学者たちが、
「これでは、河川内に森林公園があるに等しい」
と厳しく指摘された河川内の樹木群も大規模な伐採が進行中です。

様々な資料添付しましたが、今回の豪雨災害の原因分析は、バックウォーター現象も含めて
小田川堤防調査委員会でも検証されますが、
高梁川本流の原因分析も不可欠ですし、
また、行政の分析見解と動画をつけましたが、
リアルタイムで動画撮影していた被災地住民の証言も活かすことで、より正確な原因分析に至りうることが
本日の視察でも明確になりました。

今後、被災地復旧復興に全力を尽くすとともに、堤防の決壊や越流などの原因分析を進める中で、より実効性ある
再発防止策策定に、
自民党総裁選でも防災省設置も論点となる見通しでもあり、
超党派で対策を進めて参ります。

38661903_1114262245387422_6575056693464399872_n
38649363_1114262292054084_3056977732098326528_n
38646136_1114262338720746_7978557804279496704_n
38723618_1114262365387410_3468659624549285888_n
38680503_1114262395387407_8953555366617022464_n
38681679_1114262422054071_6753524249744375808_n
38644133_1114262462054067_806859930685407232_n
38749804_1114262495387397_2642632397283131392_n
38738040_1114262512054062_7588606101294153728_n
38703272_1114262528720727_52886204353347584_n
38698749_1114262585387388_855803419485536256_n
38454749_1114262602054053_4734175084095209472_n



yunokimi at 14:29│clip!地元活動 | 国会活動