2018年11月23日

9条改悪も、外国人労働者使い捨てもNO!

11月22日、安倍政権与党は、
外国人の長時間労働、残業時給300円、勤務で大ケガしても治療に行かせてもらえないし労災にもならない、強制帰国をちらつかせながらの悪質なパワハラ、セクハラはじめ毎年数千人に上る悲惨な失踪実習生など
問題山積の
入国管理法改正案を
委員会定例外の日にも関わらず委員会を強行しました。

野党は参考人質疑は出席したが、
法案質疑の強行には抗議欠席。

安倍巨大政権与党は
これまで以上に
強権強行になってきました。

今日の参考人質疑でも、
第一次安倍内閣で経済財政諮問会議で
担当委員だった方ですら、
法案の不備を指摘し、別法制定が必要とまで発言!

ともすれば外国人労働者の方々が、
日本人以上に長時間低賃金、パワハラ・セクハラなど被害を受け、
失踪は元より過労死・過労自殺させられかねないのです。

つまり、先の国会で強行採決した働き方法案が
国内労働者の過労死・過労自殺助長だったのに
今度はその外国人バージョンなのです。

ここで野党が結束し、入管法改定案に加えて
憲法調査会も下村委員辞任したから開催していいはずもなく、
しっかりと共闘し、9条改悪審議強行させないことが大切です!

入管法改正案は、このまま拙速に強行すれば
大げさでなく、
本当に「日本版移民問題」に進展しかねません!

長時間労働、残業時給300円、勤務で大ケガしても治療に行かせてもらえないし労災にもならない、強制帰国をちらつかせながらの悪質なパワハラ、セクハラはじめ毎年数千人に上る悲惨な失踪実習生。
職業移動自由の保証の実効性も不透明で、
暗躍するブローカー規制も全く不十分
支援の名の下に、実習生を強制ピンハネして食いものにする。

家族帯同についても
親の顔を子どもが忘れるくらいに会えない一方で
親は子どもの進学費用のために必死に日本に来て
出稼ぎ。

すでに起こっている実習生の過労死も増えます。
労働時間管理・把握されていない限り
外国人版の過労死・過労自殺助長法案になりかねないのです。

今日の参考人の
闇ブローカーはブローカーとして現れない、
外国人労働者の「支援者」の顔をして現れる
との言葉がずっと耳に焼きついて離れません。
01_46510413_1193936247420021_8974382122596827136_n
02_46495478_1193936254086687_5712043677451288576_n
03_46521025_1193936284086684_8043074183069958144_n
04_46495402_1193936290753350_8248644447571542016_n
05_6510652_1193936320753347_7758846956956286976_n
06_46488527_1193936347420011_444144895951634432_n



yunokimi at 09:36│clip!国会活動 | コメント