2019年08月26日

この夏休み最初で最後の父の日?

この夏休み最初で最後の父の日?

明日は小3の娘の登校日(宿題すべて終わらせて学校に持参しなくてはならないらしい)。

私は明日から1週間は1日で倉敷東京を1.5往復日程含め、ほぼほぼ東京日程。

よく考えたら娘の夏休み父はずっと仕事で、事実上この夏休み初めて子供たちと過ごす夜となりました。

今日は娘の宿題(作文、なぜか題名が「わたしの家ぞく」)を手伝って、娘の宿題が終われば、子供たちがどうやら父としようと思っていたらしい花火を近所の水辺のある公園ですることになっていました🎆✨

懸案の作文ですが、そばで原稿用紙を見ていると、弟や母親のことまではスラスラと書いたのに、父のところで鉛筆が止まっているではありませんか???

んー、、、やはり、父はたまに東京から来る人だと思っているだけに書くことがなくて困っていると忖度(そんたく)して、私から助け船🚤を出す流れに。

世の中、家族の形も様々なので、それはそれで良いと思いますし、私も新しい形を模索したいと思っています。

そういえば私は一応、大学時代、代々木ゼミナールの小論文の講師をしていたので、娘の作文メモを見ながら、父について、また最後のまとめについて少しアドバイスしてみました。

花火効果で何とか宿題終わらせて下の息子も連れて近所に花火に。

仕事では今年も夏祭りに何十箇所も行きましたが、父と娘と息子でこの夏最後の花火大会となりました(*☻-☻*)🎇✨

市販の花火でしたが、どうやら子供たちには、夏休みの父との唯一の思い出になったようで、この夏、最初で最後の「父の日」となったと思いますが、少しホッとしています。



yunokimi at 08:34│clip!コメント