2022年05月11日

2022.05.11本日、衆議院厚生労働委員会にて


本日、衆議院厚生労働委員会にてAV出演強要問題の被害者支援や被害救済、被害防止に取り組んでおられる はっぷすの金尻カズナさんらから意見陳述と質疑が行われます。

動画に述べましたが私も4年前に法務委員会で民法改正で成年年齢18歳引下げで必ず18.19歳AV出演強要被害が増えるので法的対応が必要と強く求めてようやく今 超党派での対策立法が協議されています。

最大の問題は、これまで18.19歳なら未成年取消権が使えて巧みにAV出演契約させられて出演強要させられて商品がネット上含め販売されても契約解消し、商品回収させる事ができたのがこの4/1からできなくなった点です。

そこで特例法案で、しかも18.19歳以上の方々にもAV出演強要の契約取消や商品回収などができるようにする事が目的ですが課題は被害救済のため法的にAV出演を定義する事が逆にAV出演の法的お墨付きを与えて被害拡大しては立法の意味がない点そして契約取消できる期間は被害者側からすれば無期限が望ましい中でこれまで契約取消できた期間や他の契約行為との整合性などどこまで契約取消期間が法律に明記できるかなどです。

0か100だと被害救済が進まない中でさらに課題解消にはAV出演そのものを規制することが不可欠ですが少しでも被害救済・防止のための立法となるよう与野党ともに責任が問われます。

最後まであきらめずに取り組んで参ります。
友だち追加


yunokimi at 10:22│clip!