2011年03月

さくら雑貨

 手ぬぐい、お香、ヘアアクセ、箸置き…。

 

さくら柄の和雑貨は、心踊らされるものばかり。

 

可憐でかわいらしく、ステキな「さくらのもの」を身につけたり身近に置いて、待ち遠しかった春を楽しみましょう。

 

この季節にしかできない楽しみ方ってあるはずです。

桜1

桜3

桜2

やせうま

大分ではおなじみのメニューです。でも知らない人からは「どんな食べ物?」との質問が多い、その名も「やせうま」!

 

 それは、小麦粉を練っただんごを手で1本1本伸ばして茹で、水をきって砂糖ときなこをまぶした「大分のおやつ」のことです。湯の里でも人気のだんご汁と同じ麺を使用しています。

 

 最近その名前のおもしろさからか、レストランでも注文されるお客様が急増中。かなりのボリュームなのですが、食後にもかかわらずペロッとたいらげていらっしゃいます。

 

その「やせうま」の由来とは。

 

昔むかしの平安時代。大分のあるところに、幼い貴族がいました。あまりに小さいその貴族は、乳母である八瀬(やせ)が食べさせてくれた食べ物が大好きで、「やせ、うま、うま」(※うまとは、食べ物のうんまの意)と、いつも八瀬にせがんでいたそうです。それがだんごをコネて作った食べ物で、幼い貴族のことばに引っ掛けて「やせうま」という名称がついた、ということです。ぜひ、ご賞味あれ。


a6758
 ▲ やせうま(つくだ煮昆布付き) 500円

春のワクワクキャンペーン!

 春休み、「明礬湯の里」に来ていただいた方をワクワクさせる、企画デス。

 

 露天風呂に大人券で入浴されたお客様に抽選券を、1枚さしあげます。その抽選券を持って売店へ! 抽選チャンスをゲットしてください!

 

 賞品は、湯の里内で使える「3,000円分のお買い物券」や「お食事券」、和風雑貨ともゑやの桜雑貨などが入った「3,000円相当の和雑貨セット」、「薬用湯の花」です!

 

 なぜか、確立が高い!と言われているこの抽選チャンスを、お見逃しなく!

残念ながら「ハズレ券」…だった方は、ごめんなさい。しかし、「露天風呂入浴割引券」をさしあげています。抽選は410()までの期間限定ですが、割引券はいつでもご利用できます。またのご入浴をお待ちしています。

東急ハンズ博多店

 行ってまいりました。

 

3月の3連休、応援販売に行かせていただいたのですが、

 

お客様のもっのすごい数に、ただただ圧倒されるばかり。

 

ですが、何人ものお客様から

 

「いつも使ってますよ。今度はここに買いにくればいいので助かります」とか、

 

「明礬温泉のお風呂に2週間前に行ってきましたよ」とか、

 

「別府出身です! 頑張って」とか…。

 

涙がちょちょぎれそうな有り難いお言葉を頂戴し、ハンズのお客様に大感謝です。今回は、「湯の花せっけん」を試供していただきたいと、男女・年齢問わずにお配りしてきました。次回、またの機会をお楽しみに!



ヒント


ハンズロゴ










春のワクワクキャンペーン


チラシjpeg


082

経営革新


 225日、「経営革新計画承認書」第500号を、大分県より認定していただきました。

 

 「事業者が新事業活動を行うことにより、経営向上を図る」ことを目的とした制度で、新商品や新サービスの開発などを行い、新たな取り組みを展開していくというものです。

 

 新たな事業活動を行うためにも、社内意識の向上と、目的意識をもった行動にはずみをつけられる、と思っています。

 

 「明礬 湯の里」は、観光サービスのさらなる向上に努めてまいります。

 今後の活動に、ご期待ください。


経営革新

からだにいいこと

 

祥伝社さんから発行する雑誌「からだにいいこと」5月号の46ページに、「湯の花」のことが掲載されています。

 

「昔は薬として使われていた。最近では入浴剤のほかに、コスメにも配合」という内容の記事は、「知っているだけで美人になれる」からだにいいコトバ辞典のページに掲載。

別府八湯温泉Gメンのリーダーを務める、斎藤雅樹先生の解説によるものです。

 

「全身めぐる美容術」「反町隆史さん癒されタイム」「入浴しながらヤセる」など、カラダのためのいろいろが満載された雑誌「からだにいいこと」。


 ぜひご覧になってください。

 からこと
 ▲ からだにいいこと・・・5月号  46ページ

自慢の明礬温泉

大分県は、数、量ともに日本一を誇る、温泉大国です。

その中でも別府市は、温泉数、浴用・飲用量ともに第一位。

 
082温泉は、昔から入浴用として利用されていたのはもちろんのこと、この地域名にもなっている明礬(ミョウバン)を採って染料や薬品として使われたり、温泉の蒸気でお湯を沸かしたり、料理に利用されていました。

 その温泉を利用して宿や店舗が広がり、温泉を中心としてまちづくりが出来上がった場所、それが別府なのです。

 

 温泉の蒸気を使って、入浴剤「薬用 湯の花」の効能が、皮膚病や水虫、肩こりなどで苦しむ人々を救い、現在では、湯の花を使ったコスメが、家族みんなで利用できる人気商品となりました。

 

 ぜひ、湯の花のチカラを実感してください。


089



菜の花が咲いています

 

 三寒四温…。この言葉通り、寒くなったり日中はあたたかだったり。季節の変わり目は、体調がついていかないことが多々あります。

 

そこで、白濁の硫黄泉のお風呂に浸かって、体の芯からあたたまりませんか。


手足はもうぽかぽか。湯あがりの冷たい飲み物がのどを潤します。


高台の湯の里から眺める別府湾の景色も雄大です。

春の草花も目を覚ました湯の里で、心も体もいやされてください。

IMG_5389

ご協力お願い致します。

 

日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福を、お祈り申し上げるとともに、被害に遭われた方々へも、心よりお見舞いを申し上げます。

 

「大分サポートプロジェクト」にて活動している義援金活動は、随時行っております。

義援金封筒、義援金箱は、「明礬 湯の里」どの売り場にもございます。

ぜひ、皆様のご協力をお願いたします。

http://ameblo.jp/oita-support-project/
 

昨日は、大分駅前、トキハ前、商店街などで、大分市内の高校生約120名が大きな声で募金活動を行っていました。

 

立ちあがらなければ、という思いは年齢関係なく同じのようです。

募金活動を行っているどこの団体で行ってもかまいません。被災者皆様へ気持ちをお伝えしましょう。

 

41日に行われる予定でした、別府市の「温泉まつり」「扇山火まつり」は中止になりました。

「明礬 湯の里」で行う予定でしたイベントもすべて中止となりますので、ご了承ください。

温泉から生まれた歴史の郷 明礬 湯の里

〒874-0843
大分県別府市明礬温泉6組
株式会社みょうばん湯の里
TEL 0977-66-8166
E-mail yunosato@yuno-hana.jp
http://www.yuno-hana.jp

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ