2008年07月04日

魚沼(越後)駒ケ岳登山記2008.06.28

湯之谷商工会かわらばん編集部員が越後(魚沼)駒ケ岳登山に行ってきました!
(ご期待にそえませんが、ブログ管理人ではありません・・・。)
以下、紙面の都合でかわらばんに掲載できなかった写真付きレポートです。



6月末から近隣の山々は山開きが行われ、登山シーズンの到来です。
里から眺めてはその雄姿に“いつか”と思っていた、
2003メートルの越後(魚沼)駒ケ岳に30年振りに登ってきました。
2008.06.28魚沼駒ケ岳登山14
















片道6時間とされる行程に不安はいっぱい。
幸い天候は雨が上がり曇りから晴れの予報。
カメラマンとして同行したもらった同年代のSさんと
4時40分に枝折峠の頂上からゆっくり登り始めました。
霧で視界は登山道とその周辺のみ。
駐車場にはすでに車が2台あり先客がいらっしゃる様子。
2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山1















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山3
















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山2














(これ↓、なんだかわかりますか?)
2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山4















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山5















雨にぬれても鮮やかな木や草の葉、ウグイスの鳴声、ピンクのイワカガミ、
小粒のイヤリングのようにつけたようなかわいいドウダンツツジなどに迎えられ、
不安はだんだん消えていきました。
いつの頃か前方から話し声が聞こえてきて、
休憩中の6人のグループに会いホッとしました。
霧がなければご来光が拝めるのにただただ霧の中。
2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山6
















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山7















小倉山では霧の合間にはじめて山頂付近が望めておもわず、オー。
百草の池は雪で埋まっていましたが霧が晴れ青空がのぞき山頂付近が見えました。
道沿いにはアヤメに似た小さな薄紫のヒメシャガが多く咲いていました。
2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山8















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山9















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山10















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山11















4時間経過し前駒(1763m)に着くと全面に雄大な駒ケ岳が出現し、
左前方には滝が見え、流れ落ちる水の音と爽やかな風、
青空と雪と緑と山肌のコントラストに
「あー最高ー、スバラシイー」と歩みが止まりました。
はるか前方には木々の間を進む6人の小さな姿を発見。
2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山12















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山13
















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山14
















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山15















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山16














2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山17















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山18















「雪渓のため直登して下さい」の立て札の次は
岩場になり鎖や鉄のロープが下がっています。
登りきると駒の小屋に到着、9時12分でした。
今春から番人が不在となった小屋は静まり返り、
水場には冷たい雪解け水がゴンゴンと溢れ、勢いよく出迎えてくれました。
2008.06.28魚沼駒ケ岳登山19















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山21















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山23















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山24















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山25















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山26















記念写真を一枚撮り見えない頂上をめざします。
すぐにホワイトアウトと見間違う雪渓に突入。
先に登った人の足跡を見失わないように、
赤い目印を頼りに滑らないように進みました。

9時40分ついに正真正銘頂上に到着です。
ヤッター、
先のグループの人達からねぎらいのことばをかけていただき、
うれしさ倍増でした。
北海道と長野県からそれぞれやって来て長岡で合流し、
昨日は大湯温泉に宿泊とのこと。
中に百名山制覇をめざしている方がいて、駒ケ岳が96箇所目。
明日は巻機山、翌日は谷川岳に登るとのこと。
「長野県の山にも来てください」とお誘いを受けました。


頂上は風が吹きウグイスが鳴き、
ぐるりと回れば鈴なりのドウダンツツジと満開の山桜と雪渓に囲まれ、
その先は360度霧で覆い隠され山並みや空は見えませんでした。


約1時間後に下山を開始、
「ころんだら腹ばいになって滑るのを止めるんだよ」と
先のリーダーから習ったことを復唱し、雪渓に向かいました。
下山途中小倉山を過ぎたあたりで右はるか前方下の山中に
銀山平を望むことができました。
標高が下がるにつれ周りの山々が全て見渡せるようになり、
お日様を背にゆっくりと下りて来ました。

Sさんは膝に異常を感じ減量を痛感したようです。

道中たくさんの木や花、カエル、虫、雪渓などに出会い、
風とともに霧が晴れたり曇ったり
まさに身近で駒ケ岳の雄大さと七変化を感じる登山でした。


4日後の晴天に吉田から上に湯之谷街道を走ってみると
下折立で駒ケ岳に出会えました。
登りたいけれどなーと思っている方は
是非ゆっくりと近づいて行ってみてはいかがでしょうか。
シャクナゲやハクサンコザクラなどなどこれからの花々が待っていますよ。
2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山20















2008.06.28魚沼(越後)駒ケ岳登山22


















かわらばん7月10日号に先駆けて掲載。
取材者は・・・【ヒント】30年ぶりの駒ケ岳登山をした50歳代

=============================
魚沼市「湯之谷の扉」は湯之谷商工会が運営する
地域(旧湯之谷村)サイトです


魚沼(越後)駒ケ岳登山の拠点には湯之谷温泉郷

●駒ケ岳登山の参考になれば応援してください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
湯之谷(魚沼市)を知ってもらいたくてブログランキングに登録しています。






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 若女将   2008年07月06日 21:36
管理人さんが駒登山したかっと
思っちゃったよー。

迫力ある、わかりやすい取材をありがと!
2. Posted by 宮澤   2008年07月07日 08:50
若女将さん、
ほら、ワタシは体は丈夫だけど体力がないから(笑)。

しかし山頂での爽快感を聞くと多少の興味も。
行程も登山というほど激しくもなさそうです。
3. Posted by キャサリン   2008年07月08日 16:04
ここのコメント欄を読むまで、
私もウッカリ管理人の
「登山記」だと思ってました。

ふう、あぶないあぶない〜。
あなたを褒め称えるところでした。
4. Posted by 宮澤   2008年07月08日 17:19
キャサリンさん、
同様に私が登ったと勘違いしたメールを知人からいただいています。

やっぱり最初に登山者を書くべきだったかなー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔