2010年06月25日

ヒット祈願 ご当地ソング「見返り橋まで」

 6月8日(火)NHK20時〜の番組「歌謡コンサート」で
見返り橋まで」という曲が放送されました。
この曲、実は湯之谷にゆかりのあるご当地ソングなのです。
見返り橋は湯之谷温泉郷の栃尾又温泉と大湯温泉の間を結ぶ佐梨川にかかる橋です
この曲を作詞した喜多條 忠(きたじょう まこと)さんは
かぐや姫に提供した「神田川」を手掛けた作詞家として有名です。
見返り橋




















 実は、この喜多條さんの奥さまが魚沼市旧守門村出身とのことで
喜多條さんは魚沼特使でもあり、
たびたび栃尾又温泉へ湯治に来ていました。
そんなご縁で魚沼市に実在する橋「見返り橋」からこの曲が誕生しました。
(写真↓ 見返り橋から駒ケ岳を望む)
見返り橋から駒ケ岳




















 見返り橋のあるあたりに、古くは“見返り柳”という
たいそう大きくて見事な柳の木がありました。
昔から栃尾又温泉は湯治場として栄えていて、
湯治客は長く滞在した栃尾又での湯治生活を終えて帰路につくとき、
見返り柳の下に立ち、栃尾又温泉をかえりみて、
そこで知り合った人との思い出を振り返ったといいます。
見返り柳の下で何度も振り向くと、逢いたい人にもう一度巡り会える・・・といわれていました。
その見返り柳のあった場所は、
栃尾又では周囲の山々で視界を遮られて見ることのできなかった
越後駒ケ岳の雄姿が見わたせる眺望ポイントでもあります。
(写真↓ 電柱のあたりに見返り柳がありました)
見返り柳のあたり
















 現在では見返り柳はなくなってしまいましたが、
その名は近くにできた橋に受け継がれ「見返り橋」という素敵な名前がつきました。
喜多條さんは「見返り橋」という名前と“何度も振り向くと再会できる”
という言い伝え
に創作意欲を喚起され、
この「見返り橋まで」を作詞したといいます。
見返り橋まで歌詞

















 5月12日に発売されたこの曲を歌う
浅田あつこさんは昨年デビュー15周年を迎えました。
持ち味である女性らしいやわらかさに加え、
さらにせつなさ・儚さを声で表現した曲になっています。
NHK「歌謡コンサート」が放映されてからというもの、
全国のカラオケで歌われるようになっているようです。
多くの方に聞いてもらえると嬉しい1曲ですね。
「見返り橋まで」NHK歌謡コンサートにて














 9月には地元魚沼市内で
作詞家の喜多條 忠さん、歌手の浅田あつこさんを招いた
イベントが予定されているようですのでお楽しみに。
見返り橋まで」はCDショップで入手できます。
「見返り橋まで」CDジャケット
















見返り橋の近くに「見返り橋バス停」もあります
見返り橋バス停




















見返り橋は全国にいくつかありますが、
「見返り橋まで」のモデルとなったのは、こちら魚沼市湯之谷温泉郷の栃尾又温泉と大湯温泉を結ぶ橋です。

大きな地図で見る



今日も1クリックの応援ありがとうございます。
お蔭様でランキングのぼり調子!
「見返り橋まで」の上り調子になりますように!
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
★ブログランキングに登録しています★
あなたの応援クリックでランクが上がります
はじめて見に来た方もひとつ押していただけると励みになります。



==============================
6月1日から遊覧船利用の尾瀬観光(魚沼ルート)スタートしました
夏休みの旅行計画に湯之谷温泉郷-田舎体験メニューあります
==============================




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 「樹木の四季」管理人   2010年08月13日 13:01
5 魚沼市「湯之谷の扉」管理人さん、はじめまして。

送られてくるトラックバックに根負けして、トラックバック記事を公開でしたが、見返り橋が、浅田あつこさんの歌と共に、人気が出るといいなと思っています。

余談。
URLには、トラックバックを送られた記事のアドレスを記述しておきました。
2. Posted by 宮澤   2010年08月16日 09:43
「樹木の四季」管理人さま、
コメントとトラックバック記事の公開、ご配慮に感謝いたします。

「見返り橋まで」の歌詞には
栃尾又温泉や大湯温泉、湯之谷、魚沼などの地名が出てこないのですが、
地元として是非とも全国みなさまに知ってほしいと
浅田あつこさんを招いて9月11日にイベントを計画中です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔