命と利空と遥が並行してます。読みにくいよねぇ。申し訳ないです。

春になったと言うのに体調が安定せず、相変わらずフラフラしておりますが、なんとかメンタル面だけは保っております(๑و•̀Δ•́)و

何だか読みにくくなった上に「颯ファン」からはバッシングを食らう内容になってしまい、「命ラブ」な皆様には大変心苦しい展開です。

頑張りますのでなにとぞ、よろしくお願い致します。m(__)m

登場人物が重複していますので、おっ?と思ったら他も読んで頂けると、作者、嬉しさのあまり…飛び上がって喜びます。

そんなわけで下のUTLをぽちっとしてもらえると読みやすいかなぁ?


「シータ」

ユリシア & シータ

「ミフェル…呟く」

ミフェル(ユリシアの弟)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BF


「嘘つきに捧ぐ」

藍原遠矢 & 森 優羽

「優羽…呆れる」

森 優羽

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%98%98%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%90


「こころのぉと」

加納祐太郎 & 原田真亜

「真ちゃん日記」

原田 真亜


http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%89%E3%81%A8

「約束」

高城颯(たかぎはやて) & 八木 命(やぎまこと)

「あのね?」

八木 命

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B4%84%E6%9D%9F

「約束と誓い」

八木 命 & 高城 颯



「君が呼ぶ声」

松雪達也 & タオ (太郎)

「あふたーすとーりー」

松雪達也 & 太郎

「とーくとぅざふゅーちゃー」

松雪達也 & 太郎

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%90%9B%E3%81%8C%E5%91%BC%E3%81%B6%E5%A3%B0


「欠片」

朴 尹潤(パク ユンジュン) & 佐藤 望

「心纏う」

朴 尹潤 & 佐藤 望

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%AC%A0%E7%89%87


「緋色」そして「緋色」

木村鷹之 & 三上緋色

「桃色」

木村鷹之 & 小谷野青葉(こやのあおば ←元 三上緋色)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B7%8B%E8%89%B2



「この手の中に」

松田創介 & 中田海里

「片恋」

松田創介

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB


「刹那い」…書き直し掲載

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%88%B9%E9%82%A3%E3%81%84


「遠回り」

木村影之 & 生方篤人

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E9%81%A0%E5%9B%9E%E3%82%8A


「愛の形」

正木遥 & 未來…大倉徹也

「夢の形」

正木遥 & 未來…火熊大

「心の形」

正木遥 & 大倉徹也

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%BD%A2


「ここにいるから」

小谷野利空 & 水島幹斗

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89


ちゃんとした目次ではなくて申し訳ないこと、この上ないです。各UTLをクリックして頂くと読めるかなぁ?と思っております。

コメント、感想…作者、頂けると泣いて喜びます。


こんな私ですが、これからもどうか…お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

約束と誓い…25

「…美味しいよ?食べないの?」

戻ってきた颯は優羽の前に座ったが箸に手をつけようとはしなかった。

「森さん…。」

「ん?ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”」

「頼みがあるんだ。」

「…やだ。あんたの頼みなんかなんで聞かなきゃいけないの?」

颯が座椅子から下りて正座した。

「命に会わせてくれ。5分でいい。頼む……。」

と両手を付いて頭を下げた。

「…カッコ悪っ。その調子であの女にも頭下げたら結婚取り消してくれるんじゃないの?」

優羽は食べる手を止めない。

「おーい。何、意地悪してるんだ?」

襖の向こうから声がして、襖が開き、神田が入ってきた。

「あーっ。もう来ちゃった。もう少し意地悪させてください。腹の虫が治まらない。」

「…神田先生……どうして?」

正座した颯の頭をパチンっといい音を立てて洋輝が叩いた。

「ばあか。ゆーちゃんがこの数日間、巨乳女の素行調査をしてせっかくいいネタ仕入れて来たのに、ここからは弁護士特権で調べなきゃいけないって言うから、じゃあ、颯に調べさせろって言ったら、どうしてもお前に言いたくないって俺様が動かされたんだよ。」

「え?どうゆう事ですか?」

訳が分からず神田を見る颯に

「とにかくなにか食わせろ。」

と、神田は颯の席に座り、

「おっ。美味そうだな。さすが25000円。」

と手を付けなかった料理に手を出した。

「んで?あのアパートは誰が住んでたんですか?」

と、優羽が聞く。

「前の彼氏。同じ会社の営業で三つ上のやつ。」

「やっぱり!それでその彼氏と会えましたか?」

「会った。ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”なんだよ?ビール、頼んでないのか?」

「あ、すぐ……。」

立ち上がりかけた颯に

「あ、いい。いい。ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”」

と神田が制した。

「真面目な話しないとな。」

と口は動いているが、箸を置いて持って来たカバンから書類を出した。

「颯。少し下がってちゃんと正座しろ!」

颯が言われた通りに畳の上に正座した。

「お前?本当にあの女が妊娠したと思ってるか?」

「…思ってません。妊娠してるとしても99%位は俺の子供ではないと思います。」

「それならどうして反論しない。」

「子供が生まれれば分かることです。彼女が産みたいと望むのなら堕胎を勧めるようなことは出来ません。」

「…呆れるほど馬鹿真面目なヤツだな。」

言う洋輝とは反対に優羽が食ってかかる。

「そのお陰で命がどれだけ辛い思いをしてると思ってるんだよっ。」

「それを命に説明する時間やチャンスもなかったんだ。それに……。」

颯が黙る。

「あの女を抱いたのは事実だもんね。」

真相が分かってもなお、嫌味を言う優羽に

「ゆーちゃん、もう、そろそろ許してやれよ。」

さすがの神田も颯が可哀想になってくる。優羽がぷーんと横を向く。

「…事実ですから。先生や森さんにも迷惑かけて、本当に申し訳ないと思ってます。」

と、頭を下げる。

「謝るなら命に謝ってよ。僕の見えない所で毎日泣いてる。苦しそうに唇を噛んで耐えてる。無理に笑って…。ふざけた命になろうとしてるっ。」

そう言われても言い返す言葉もない。正座して項垂れる颯を優羽が睨む。仕方ないなと言うように洋輝がカバンから出した書類を正座した颯の前に並べ、広げた。



約束と誓い…24

「高城さん…今夜ちょっといい?」

朝、出勤するなり颯は険しい顔の優羽にそう言われた。

「どこへ行けばいい?」

「洋輝さんにお願いしてつきじ〇作の25000円のコース、予約して。」

「…分かった。」

…とは言うものの、二人で五万は痛い。それでも今の颯に優羽に言い返すことも出来ず、神田洋輝に頭を下げて高級料亭の予約を取ってもらった。

「お前も大変だな。」

洋輝に呆れたように言われた。



「わぁ(≧∇≦)。すっごーい💓💓」

優羽は自分で言ったくせに料理の前でバンザイをして喜んだ。

「お腹ぺこぺこだぁ。早く食べよ?」

と席に付いた。颯も相向かいの席に座る。

「…話って何?」

「うんまっ。命にも食べさせたいなぁ。」

「…。」

「命、偉いよぉ。僕が帰る前に買い物して、ご飯作って、朝は早く起きて、バウバウの散歩して、掃除して、布団干して、洗濯して…。帰ると洗濯物は……畳んであるし、アイロンもかかってるし、遠矢の靴は磨いてあるし、その後は何かを忘れるように夜中まで勉強してるよ。」

そうだった。さっき、ここに上がる時、自分の靴がくすんでいるのが気になった。

…まこと。

「わ、これなんのお魚だろ?美味しー(∩´∀`∩)」

優羽はパクパクと料理を口に運んだ。

「七時過ぎに半額になったスーパーに自転車で行って、自分で欲しいものも買わずに、土日はバイトして、お金を貯めて、命、何しようと思ってたと思う?」

「え?」

「高城さんちの風呂を直そうと思ってたんだってさ。」

「風呂場…。」

確かに風呂場も古くなっていて、冬場は寒いと思っていた。

「高城さんが夜中に帰ってくると風呂が冷めてて可愛そうだからって言ってた。温め直すのにも時間がかかって寝る時間が減ってしまうから、ユニットバスにしたいって。カバンの中にパンフレットと見積書が大切にしまってあったよ。命にとっては大金だ。高校生なのに、友達と遊びに行ったり、飯を食ったり、流行りの服も靴も買わずに百万近くのお金を貯めようとしてたんだ。」

颯が持ちかけた箸を置いた。

…僕はこの家が好きだよ。

何時だったか酔って庭を歩く自分を縁側に座って見ていた命がそう言ったのを思い出した。

奥歯をぎゅっと噛み締めていないと涙が落ちそうになる。

「修学旅行であんたに買うお土産まで決めてたよ。ほんとにあんたの事好きだったんだね。」

優羽は次々に口の中に料理を放り込んだ。

「命さ、一年休学してアメリカに行くことになった。」

「え?」

藍原遠矢医師に話は聞いていたものの、あまりの急な事に驚いた。

「昨日、遠矢が学校に行って休学届けを出して来た。」

「…いつ?何時行くんだ?」

「それ?聞いてどうすんの?」

「…。」

たしかにその通りだ。聞いた所で自分にはどうする事も出来ない。構わず優羽が飲み物を口にする。

「わ、これ美味っ。天然オレンジかなぁ?」

颯は料理に手も付けない。

「旅費とか、手術費用はなんとか負担したい。勝手な事言ってるとは思うけど、藍原先生にお願いするよ。」

「…。ふーん。金で何とかしようと思ってんの?」

「そう言う訳じゃないけど。それしか出来ない。申し訳ない。」

と、座ったままであるが頭を下げた。

「んで?女はどうすんの?結婚するんでしょ?仲人さんも決めたんだし。」

「…結婚はしない。認知もするし、慰謝料も養育費も払うと約束した。」

「相手は飲んだの?」

「…いや、まだ、合意は得てない。」

言い方が嫌に畏まっているのに優羽が呆れる。

「(  ̄_ ̄)ふーん。そっちも金で片付けんの?」

…ほんとに可愛い顔してキツいんだよなぁ。この人。

と、心の中で思うが反論は出来ない。

本当に自分が情けなくなって来た。

もう、一ヶ月あまり命の顔を見ていない。最後に見た命の顔は悲しそうだった。おまけに出来ることと言えば、優羽が言った通り、金を出すことだけだ。

「おばあ様の仏壇の下に命の貯めたお金が入ってるんだってさ。」

「…え?」

…それでよくばあちゃんの仏壇に手を合わせていたのか。

学校に行く前に「ばあちゃん、行ってくるね」と片手をあげて挨拶をしていた。線香を上げるでもなく、仏壇の前に座るでもない命の挨拶は、行儀こそ悪いが颯には仏壇のばあちゃんの写真が笑っているように見えたものだった。

…同じ墓に入れてやると約束したのにな。

…あんなに喜んでいたのに……。

「そのお金、赤ちゃんに使っていいよって命からの伝言。」

優羽が茶碗蒸しを食べながらそう言った。

不意に颯が立ち上がり

「すまない。顔洗ってくる。」

と、部屋を出ていった。












livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ