利空とその他諸々……( *´艸`)クスクス節操なしだわ。

なかなか…「目次」なるものに着手する時間がなくてごめんなさい。

そんなわけで(どんなわけ?)で「遥と未來」…終わって?しまいました…?毎日の更新は難しいと思いますが、頑張りますので、いつもお付き合いくださる皆様。

なにとぞ、よろしくお願い致します。m(__)m

登場人物が重複していますので、おっ?と思ったら他も読んで頂けると、作者、嬉しさのあまり…飛び上がって喜びます。

そんなわけで下のUTLをぽちっとしてもらえると読みやすいかなぁ?


「シータ」

ユリシア & シータ

「ミフェル…呟く」

ミフェル(ユリシアの弟)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BF


「嘘つきに捧ぐ」

藍原遠矢 & 森 優羽

「優羽…呆れる」

森 優羽

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%98%98%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%90


「こころのぉと」

加納祐太郎 & 原田真亜

「真ちゃん日記」

原田 真亜


http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%89%E3%81%A8

「約束」

高城颯(たかぎはやて) & 八木 命(やぎまこと)

「あのね?」

八木 命

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B4%84%E6%9D%9F


「君が呼ぶ声」

松雪達也 & タオ (太郎)

「あふたーすとーりー」

松雪達也 & 太郎

「とーくとぅざふゅーちゃー」

松雪達也 & 太郎

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%90%9B%E3%81%8C%E5%91%BC%E3%81%B6%E5%A3%B0


「欠片」

朴 尹潤(パク ユンジュン) & 佐藤 望

「心纏う」

朴 尹潤 & 佐藤 望

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%AC%A0%E7%89%87


「緋色」そして「緋色」

木村鷹之 & 三上緋色

「桃色」

木村鷹之 & 小谷野青葉(こやのあおば ←元 三上緋色)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B7%8B%E8%89%B2



「この手の中に」

松田創介 & 中田海里

「片恋」

松田創介

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB


「刹那い」…書き直し掲載

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%88%B9%E9%82%A3%E3%81%84


「遠回り」

木村影之 & 生方篤人

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E9%81%A0%E5%9B%9E%E3%82%8A


「愛の形」

正木遥 & 未來…大倉徹也

「夢の形」

正木遥 & 未來…火熊大

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%BD%A2


「ここにいるから」

小谷野利空 & 水島幹斗

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89




コメント、感想…作者、頂けると泣いて喜びます。


こんな私ですが、これからもどうか…お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

ここにいるから…16

学校の帰りに「光園」に帰る前に都内の「藍原医院」と言う古い個人病院に立ち寄る。まるで緑で色を塗ったような庭を抜けると古いが手入れされ、綺麗に整えられた家がある。

「おかえり…。」

自分と大して年が変わらないとではないかと言うくらいのちょっと童顔が迎えてくれた。

おかえり…

光園でもたくさんの「おかえり」が利空を迎えてくれる。胸がさわさわするような言葉だ。

今、迎えてくれたのは「原田真亜先生」…日本に来てからずっとインターネットを通して利空に勉強を教えてくれた人だ。

「これ?れんぶ?」

持ってきた高校の教科書を全部出すとそう言った。利空が頷くと

「ひぇー。ランクEとはきいてたけろ、こりゃたいへんら。」

と真亜が頭を抱える。この人は耳が不自由らしい。話し方がかわっているときがある。初めてあった時も「ごめんね。分からなかったら聞き返して?」と言われた。

「…大変?」

「(;-ω-)ウーン。利空が小学校も中学校も行ってないことを考慮して、日本れはランク…えっと……レベル?の低い高校を選んだんらけどね。これじゃ…」

ペラペラと教科書を捲り、

「おしっ!解った!何とかしよう!」

とひとりで勝手に気合を入れて利空を見て、にっこり笑った。それから

「学校?友達できた?」

と聞いてくる。

「あ…。なんとか……カント?って人と話した。」

「((( *艸))クスクス 話したって…あとは何したの?」

「授業が終わったの気付かなくて勉強してたら「休み時間だよっ」って。」

真亜がまた笑う。

「そっか。休み時間は何したの?」

「…教科書見てた。」

「≧(´▽`)≦アハハハ 。勉強…楽しい?」

利空が頷く。

「じゃ、始めよう。勉強は一通り学校の教科書は終わりにして、次、違う学校の教科書をやってみよう。学校では授業どうりでいいからね。」

そう言ってまずは数学の教科書を真亜が開いた。


「おはよぉ。」

利空が席にいる茶色い頭が茶色い頭が声をかけてきた。水島幹斗だ。

「…あ、ああ。」

「また勉強しんてんのぉ?」

利空が教科書を開いているのを見て呆れた顔をした。

「…日本語が…苦手で……。」

「あ、そっか。アメリカにいたんだもんね。漢字?」

「あ、そう。読み方が…難しくて……。」

「ふーん。」

と前の席に座って後ろを向き、利空の教科書を覗き込んでくる。

「わっ!すげぇ。」

利空の教科書にはルビやアンダーラインの書き込みがすごい。

「この学校でこんなに教科書読んでるの…小谷野くらいだよ。僕なんか…」

と、利空の教科書の表紙を見て

「現国の本なんてどっか行っちゃったもん。」

と言う。

…どっか行っちゃった?

「あっ!これ読めないの?」

利空が丸を付けてある漢字を指さす。

「後で調べるよ。」

と、言うと何故か鼻の穴を膨らませて得意そうに

「カッパだよ。カッパ…。」

「え?かっ?ぱ?」

「…あっ!河童知らないの?」

利空の顔をじっと見て嬉しそうだ。

「頭のてっぺんが禿げてて川にいるオバケだよ。」

「お?オバケ?」

「え?オバケわかんないの?」

「…。」

「(;-ω-)ウーン。英語でお化けってなんて言うんだろう?」

胸のあたりで両手を奇妙にだらんと下げて利空の顔を首を傾げる。

「Monster?」

「あっ!そーそー💡!もんすたー!」

利空の発音は完璧なのに幹斗が平仮名のように返してにっこり笑った。




優羽…(姉に)呆れる…49

日曜の夕方、姉、真子が保育所の書類を持ってやってきた。

「ここに書けばいいの?」

「そっ。」

真子の子供、長男の悠希と下の双子を来月から保育所に入れて、本人は就活をすると言う。

「公立の保育所は空いてないの?」

「…あのねぇ。ニュース見てないの?どれだけ待機児童がいると思ってんのよ?」

「…見てるけどさ。母子家庭とか?優先で入れてくれないの?」

「甘いわねぇ。あんた…。幸せボケなんじゃないの?」

…幸せボケ……。

「お金持ちだしさぁ。都内の庭付き、車庫付き一軒家、高級車に、大型犬…もうさ!セレブよ。これ!」

「僕のじゃないもん。バウバウは僕の犬だけど……。」

名前を書いて姉に渡す。

「ねえ、ねえ。せんせー、年収っていくらなの?」

「…知らないよ。」

「ふーん。お手当っていくら?」

…お手当って……愛人じゃねぇし…。

優羽が答えに詰まって立ち上がる。

「子供たちどうしたの?」

「お母さんが見てる。帰りに買い物して帰ろうと思ってさぁ。」

お茶を入れて真子に出す。それから封筒に入ったお金を

「今、これしかない…。バイト代、入ったら、また渡せると思う。」

と、お茶の横に置いた。真子は拝むように封筒を頭の上に掲げてバックにしまう。そして、

「あんた、いつ弁護士になるの?」

真子は痛いところを突いてくる。

「…司法試験が受かれば……だよ。」

「ふーん。いつ?」

「…そ、そのうちだよッ!」

「そしたらさぁ。弁護士事務所開いて雇ってよ。事務でもお茶くみでもいいからさ。」

…はあ?

「認可保育園も勤務証明がないとダメなのよ。どこか無いかしらねぇ。」

と、呑気にお茶を飲む。

「…とりあえず…どこでもいいじゃん。」

「そんなわけに行かないわよ。」

そう言うとゴロンとソファーに横になる。

「ああ。いいわねえ。広くて、静かで……。」

ソファーに足まで上げて

「アパート狭いしさぁ。子供は毎日、うるさいしさぁ。あんたはいいわねぇ。子供もいないし……。」

と言ってから、思いついたように

「あ、出来ないか……。先生もそこ考えた方がいいわよねぇ。」

と言う。



そんな事、お姉ちゃんに言われなくてもわかってるよ。

お姉ちゃんは女だから分からない。

義兄さんと別れても、子供がいるし、子供がいても次に誰か見つかるかもしれない。

それは女だからだよ。


真子は用事が済むとさっさと帰って行った。真子を門まで見送って戻る。

「…あれ?」

朝、車で出たはずの遠矢の車が車庫にある。慌てて車の所に行くと、遠矢は車の中でパソコンを開いていた。

窓をノックする。

気づいた遠矢が振り向いた。

「ごめん…気付かなくて……。」

中で遠矢が笑う。それからパソコンを閉めた。

「……ごめん。」

ドアが開いて遠矢が車を降りる。

「ごめん。早く帰ってきたのに…お姉ちゃんいたから……。」

優羽が謝ると不意に抱きしめてくる。

「ごめんって言うな。謝らなきゃいけないのはいつだって俺の方だ。お前が辛い時、いつもそばにいてやれない。」

「…そんなことないよ。さっきだってお姉ちゃんに幸せボケって言われた。幸せだもん。大丈夫……。」

「お姉さん…家が欲しいならここをくれてやる。金が欲しいならいくらでも出す。車や犬が欲しいなら何台だって、何匹だって買ってやる。黙ってないで言い返せ。お前が我慢してるのかと思ったら…その場にいたらぶっ飛ばしそうだった。」

「…聞いてたの?」

「すまん。立ち聞きするつもりは無かった。」

優羽がギュッと抱きついた。

「僕も家も車もいらないよ。遠矢とバウはやれないけど……。だから大丈夫。心配しないで。ありがとう。」

ドンッ!と遠矢が動いた。

「わっ!」

「えっ?」

バウバウが遠矢のお尻に体当たりをしたのだった。

「バウっ?」

「(´▽`*)アハハ。ごめん、ごめん。バウもおいで。」

優羽は遠矢から離れるとバウバウの首に抱きついた。バウバウが満足そうにバサバサと尻尾を振った。

「なんだコイツ?」

「(*´ー`*)ウフフ。僕、幸せだ。」

と、ギューッとバウバウの首に顔を埋めるようにする。

「こら、そのセリフ…。俺に言えよ。」

と、上から優羽の頭をクシャクシャにする。

「ムフフ( ´艸`)…ホント、幸せっ♡」

でかい犬に抱きついた優羽を遠矢が上から抱きしめた。














livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ