命と利空と遥が並行してます。読みにくいよねぇ。申し訳ないです。

春になったと言うのに体調が安定せず、相変わらずフラフラしておりますが、なんとかメンタル面だけは保っております(๑و•̀Δ•́)و

何だか読みにくくなった上に「颯ファン」からはバッシングを食らう内容になってしまい、「命ラブ」な皆様には大変心苦しい展開です。

頑張りますのでなにとぞ、よろしくお願い致します。m(__)m

登場人物が重複していますので、おっ?と思ったら他も読んで頂けると、作者、嬉しさのあまり…飛び上がって喜びます。

そんなわけで下のUTLをぽちっとしてもらえると読みやすいかなぁ?


「シータ」

ユリシア & シータ

「ミフェル…呟く」

ミフェル(ユリシアの弟)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BF


「嘘つきに捧ぐ」

藍原遠矢 & 森 優羽

「優羽…呆れる」

森 優羽

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%98%98%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%90


「こころのぉと」

加納祐太郎 & 原田真亜

「真ちゃん日記」

原田 真亜


http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%89%E3%81%A8

「約束」

高城颯(たかぎはやて) & 八木 命(やぎまこと)

「あのね?」

八木 命

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B4%84%E6%9D%9F

「約束と誓い」

八木 命 & 高城 颯



「君が呼ぶ声」

松雪達也 & タオ (太郎)

「あふたーすとーりー」

松雪達也 & 太郎

「とーくとぅざふゅーちゃー」

松雪達也 & 太郎

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%90%9B%E3%81%8C%E5%91%BC%E3%81%B6%E5%A3%B0


「欠片」

朴 尹潤(パク ユンジュン) & 佐藤 望

「心纏う」

朴 尹潤 & 佐藤 望

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%AC%A0%E7%89%87


「緋色」そして「緋色」

木村鷹之 & 三上緋色

「桃色」

木村鷹之 & 小谷野青葉(こやのあおば ←元 三上緋色)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B7%8B%E8%89%B2



「この手の中に」

松田創介 & 中田海里

「片恋」

松田創介

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB


「刹那い」…書き直し掲載

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%88%B9%E9%82%A3%E3%81%84


「遠回り」

木村影之 & 生方篤人

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E9%81%A0%E5%9B%9E%E3%82%8A


「愛の形」

正木遥 & 未來…大倉徹也

「夢の形」

正木遥 & 未來…火熊大

「心の形」

正木遥 & 大倉徹也

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%BD%A2


「ここにいるから」

小谷野利空 & 水島幹斗

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89


ちゃんとした目次ではなくて申し訳ないこと、この上ないです。各UTLをクリックして頂くと読めるかなぁ?と思っております。

コメント、感想…作者、頂けると泣いて喜びます。


こんな私ですが、これからもどうか…お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

約束と誓い…42

「まことっ!そこにいるかッ?」

…颯……。

ぐいっと大ぶりのナイフが命の喉に当てられた。

「声を出すな。」

男が耳元で言った。


「それ、引っ込めろ。」

「うっ、うるせぇ。ぶっ殺してやるっ。」

ナイフを振り回すが一つも怯まず、犬が間合いを詰めていく。

「その犬な?あの子の犬なんだ。自分は死んでもあの子のためたらお前を殺すぞ。死にたくなかったらナイフをおろせ。」

犬がまた、低く唸った。

「お前が大橋正樹の方か?阿形の方か?」

名前を言われたのに男が驚いた。

「お前達のことは調べがついてるんだ。今、お前が俺とこいつに道を開けてくれるなら俺は全力でお前を守ってやる。今までお前には守ってくれる大人がいなかったんだよな?」

「……。」

「今度は俺がお前を守ってやる。今まで守ってやれなくて悪かったな。」

颯と男の間で犬が唸る。颯はゴソゴソと内ポケットから何かを出すと

「ほら、受け取れ。俺の連絡先だ。逃げたあいつも呼んで来い。お前は悪くない。悪いのは俺たち大人だ。」

と名刺を差し出して、一歩前に進む。

「ほら、バウ…避けろ。こいつ、命の友達なんだってさ。」

その言葉に犬が唸るをやめた。

「命の友達だ。大丈夫。大丈夫。」

颯が二度、大丈夫と言い、頭を撫でると低い姿勢もやめて、犬がきちんと座った。男が颯の差し出した名刺を取った。

「…弁護士……。」

「そうだ。いいか…ここを出たらもう一人のヤツを見つけて必ず、俺に連絡して来い。約束する。大橋正樹と阿形正平の必ず力になる。」

フルネームで名前を呼ばれると男の顔が歪んだ。

「そのうち警察が来る。その前にここを出て、逃げたやつを探してやれ。」

颯の足の上でバウバウのシッポがワサワサと左右に揺れた。チラッと見るとさっきと顔つきが違う。その目でナイフと名刺を交互に見ている男を見ている。男と犬の目が合った。

「はっ、はっ、はっ……。」

舌を出してまるで笑っているように口角を上げて犬が男を見ている。考えているのか、静かな時間が流れる。

「なにやってんだっ!早くやっちまえっ!ここに入れるんじゃないっ!」

中から星野サトル…元、自分たちが信じていた男の声がした。男の顔から怒気が消える。男がナイフを反対に向けて、犬越しに颯に渡す。

「……うん。」

頷いて犬の頭に手を乗せる。犬がその手に擦り付けるように頭を動かした。

「ごめん……。」

颯でも、命でもなく、尻尾をワサワサと振る犬に謝るように男が言った。

…いいよ。

とでも言うように犬は男に体を擦り付ける。

「早く行け。もう一人のヤツを探して来い。連絡、待ってるから……。」

ドアから避けた男の肩を颯が軽く叩いた。

「……うん。」

犬の頭をもう一度撫でると男は出て行く。颯が恐らく中には命と星野サトルがいるであろう部屋のドアノブに手をかけると再び犬が唸り出す。

…こいつ?中に人間が入ってるんじゃねーのか?

颯はこんな時に不謹慎だと思ったが、何だか唸る犬の顔をよく見てしまった。先ほどとはうって変わって犬は憎しみの目で颯が開けようとしているドアノブを唸りながら睨んでいた。



神田洋輝の運転する車の助手席で、森優羽は神田の颯と繋がりぱなしのiPhoneを握りしめている。

「もっと早く行けないのっ?」

「緊急車両じゃないんだから…法定速度だよ。」

「もうっ!!」

とダッシュボードを叩く。

「大丈夫だよ。颯もバウもいるんだから……。」

「バウはともかくあいつは信用出来ない。」

前を睨む優羽の横顔が怒りで高調している。









約束と誓い…41

がっしゃーーーんっ。

投げるように振り上げた消火器が颯の頭より高い位置の30センチくらいの小窓を割った。すごい音を立てて落ちてきた消火器をもう一度拾うと、また、投げる。

残っていたガラスが割れて、今度は消火器は中に落ち戻っては来なかった。

「わんっ!わんっ!わんんっ!」

犬が吠え、颯の背中に飛びかかる。

「ちくしょう!踏み台かよ?」

そう言いながらも颯が壁に手をつくと、犬は背中に爪を立てて、颯の頭を踏んで窓に届いたようだった。

「……くっ!重てぇ。」

爪は大きく、鋭く、背中に突き立てるたびに痛みが走る。

ポトっ。

犬が窓に潜り始めると壁についた颯の腕に鮮血が落ちた。欠け切れず窓枠に残ったガラスが犬を傷つけているのだとわかる。それでも犬は躊躇することなく部屋の中へ飛び込んで行ったのだ。

イヌが身体から離れると少し向こうにあったもう一つの消火器でドアノブを叩く。

外開きのだ。しかもチェーンがかかっているかもしれない。ドアノブを壊したくらいでは開かないかもしれないが、命も、中に入った犬も心配で何かせずにはいられなかった。


ガシャーンっ!

命が舌を噛み切ろうと口を閉じた途端に、この部屋に入ってきた方からガラスの割れる音がする。

「なんだっ?見てこいっ。」

命を押さえていた1人が見に行く。再び大きな音がする。

がんっ!ガツーン。

「うわっ!消火器だ!」

男の叫ぶ声がした。

「わっ!犬だっ!犬が来たっ!」

…バウ?

「わんっ!わんっ!わんっ!」

確かに聞きなれた犬の鳴き声だ。

「わんっ!」

「風呂場から犬がっ!」

男が慌てて戻ってくる。

ガンっ!ガンっ!ガンっ!ガンっ!ガンっ!ガンっ!

玄関扉を叩くすごい音が聞こえてくる。

「お前も行ってこいっ。」

命の体を男が引き寄せ、もう1人に指示を出す。扉を開けると命の目に黄金色の塊が少しだけ見えた。

「!バウっ!」

…声が出た。

「バウっ!ここだよッ。バウっ!」

力の限り命が叫んだ。


数回、消火器を叩き付けるとドアノブが壊れて落ちた。一穴の安い鍵なのか、ドアがスルッと開いた。

やはりチェーンがかかっていてそこで止まった。

「まことっ!」

中に向かって颯が叫ぶ。そのドアにドカッ!と何かが突進してきた。

犬だ。

中側から犬がドアに体当たりをしたのだ。颯も渾身の力でドアの隙間に手を入れて外側に引っ張った。

ドスンっ!

2度目に犬が体当たりをするとチェーンが切れて、力の余った犬が外に転がり出してきた。

「うわっ!」

颯も隣に尻もちをついた。犬はすぐに立ち上がり、体制を立て直すと首を振って、再び中に飛び込んでいった。

「ちっ!なんだよ。カッコイイじゃねぇか。」

颯も立ち上がり中に入る。


先に入った犬が廊下の途中で姿勢を低くし、毛を逆立てて唸る。すぐ前には髪を赤く染めた若い男がナイフを片手に立っていた。一人通ればやっとの狭い廊下だ。その後には同じくらいの年の男がやはりナイフを持っている。

「ガルぅぅぅ。」

犬の唸り声が変わる。

「…この犬は警察犬じゃない。怪我をしないように襲う訓練はされてない。オマケにナイフ如きに怯む様な犬じゃない。命の言葉一つでお前らの喉を噛み砕くぞ。死にたくなかったらそこを開けろ。」

廊下いっぱいになるほどの大きさの犬に前の男が怯んだ。颯から犬の形相は見えないが、牙を剥き、睨みつけ、唸り声をあげているのだろう。血液でところどころ、赤く染まっているから余計に迫力がある。

「お前らはまだ未成年だ。あの時「あすなろホーム」にいた子供だろう?今、ナイフを下げてくれるのならば、俺が弁護を保証する。今度は書類送検だけじゃ済まないぞ?」

「う、うるせぇっ!」

後ろの男が怒鳴る。犬が唸り声を大きくし、姿勢をもっと低くくし、少し前に出る。前の男がナイフを捨てた。

「やっ、やめろっ。この犬、本気だぞ。お、俺はなんにもしてねえ。」

廊下の壁に両手をあげてへばりついた。犬が立ち上がり前へ進む。颯も進んだ。壁にへばりついた男に犬はわざとらしく「どんっ。」と体を当てると「ひっ!」
と縮み上がり、犬が通り過ぎると颯を押しのけ、外へ飛び出して行った。

「こっ、殺してやるっ。」

ナイフを構える。犬は怯む様子もなく前へ進む。男が下がった。犬は間合いを計るように一歩、一歩前に進んだ。

「来るなっ!来るなっ!」

男はナイフを左右に振って威嚇するが、犬は低く唸っただけで足は止めない。突き当たりの閉まったドアに背中が付いた。

「命っ!そこにいるかッ?」

颯が叫んだ。






















livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ