遥も書きたいんだけど、利空…メインで行きます。

夏が終わりましたね。気温の変化がおかしいですが、皆様、体調を崩されませんように。

登場人物が重複していますので、おっ?と思ったら他も読んで頂けると、作者、嬉しさのあまり…飛び上がって喜びます。

そんなわけで下のUTLをぽちっとしてもらえると読みやすいかなぁ?


「シータ」

ユリシア & シータ

「ミフェル…呟く」

ミフェル(ユリシアの弟)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BF


「嘘つきに捧ぐ」

藍原遠矢 & 森 優羽

「優羽…呆れる」

森 優羽

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%98%98%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%90


「こころのぉと」

加納祐太郎 & 原田真亜

「真ちゃん日記」

原田 真亜


http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%89%E3%81%A8

「約束」

高城颯(たかぎはやて) & 八木 命(やぎまこと)

「あのね?」

八木 命

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B4%84%E6%9D%9F

「約束と誓い」

八木 命 & 高城 颯



「君が呼ぶ声」

松雪達也 & タオ (太郎)

「あふたーすとーりー」

松雪達也 & 太郎

「とーくとぅざふゅーちゃー」

松雪達也 & 太郎

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%90%9B%E3%81%8C%E5%91%BC%E3%81%B6%E5%A3%B0


「欠片」

朴 尹潤(パク ユンジュン) & 佐藤 望

「心纏う」

朴 尹潤 & 佐藤 望

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%AC%A0%E7%89%87


「緋色」そして「緋色」

木村鷹之 & 三上緋色

「桃色」

木村鷹之 & 小谷野青葉(こやのあおば ←元 三上緋色)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B7%8B%E8%89%B2



「この手の中に」

松田創介 & 中田海里

「片恋」

松田創介

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB


「刹那い」…書き直し掲載

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%88%B9%E9%82%A3%E3%81%84


「遠回り」

木村影之 & 生方篤人

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E9%81%A0%E5%9B%9E%E3%82%8A


「愛の形」

正木遥 & 未來…大倉徹也

「夢の形」

正木遥 & 未來…火熊大

「心の形」

正木遥 & 大倉徹也

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%BD%A2


「ここにいるから」

小谷野利空 & 水島幹斗

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89


ちゃんとした目次ではなくて申し訳ないこと、この上ないです。各UTLをクリックして頂くと読めるかなぁ?と思っております。

コメント、感想…作者、頂けると泣いて喜びます。


こんな私ですが、これからもどうか…お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

ここにいるから…39

紙袋を抱えて待ち合わせ場所に着いた。

客らしき男が向こうから寄ってきた。低い声で

「…津田だ。」

と佐々木から言われていた名前を告げて来た。

「先に下さい。」

と、手を出すと向こうが金が入っていると思われる袋を幹斗に押し付けてきた。

その中身を確認する。

…11万。

「はい。」

今度は幹斗が袋を渡す。それをひったくるように受け取ると足早に立ち去った。

これで仕事は終わりだ。

佐々木が「飯でも…」と誘ってくれた。幹斗はさっさとその場所をあとに…

「?」

と、思った途端に「津田」と名乗った男に誰かが襲いかかった。

警官じゃない!

「え?」

見慣れたカラフルな頭が「津田」と名乗った男を引き摺るように連れていく。一瞬目が合って驚いた。

…小針…さん?

金髪がニヤッと笑ったように見える。

…やばいっ!

一瞬で判断した。

走り出す。

とにかくここはマズいと体が動いた。


来た時と反対の電車に飛び乗った。

…あいつら…

…「津田」ってやつ、あいつらの仲間かな?

…袋の中身…狙ってんのか?

…僕がいなくなって万引きして稼がないから、あれ?狙ってんのかな?

「あれ」とは幹斗の運ぶ物の中身だ。

…よかった。渡してからだから僕のせいじゃないよな?金は一応貰ったし…。

…とにかく…帰ろう。金は佐々木さんに渡さなきゃ。

ポケットに入った封筒を確認してほっとした。


朝、教室の席に着くと真っ赤な頭のやつが利空の前に立つ。

「小針さんが呼んでる。」

「…。」

利空は返事をしない。

「おいっ。小針さんが用事があるっているってるんだ。」

「それならそいつがここへ来い。」

「てめぇ。」

真っ赤な頭が殺気を帯びる。

利空がチラッと真っ赤な頭を見た。その目に殺気がスっと引ける。

「俺は行かない。」

利空の一言に狼狽えるのが分かる。

「ちっ!」

利空は何事もなかったかのように参考書を広げ、視線を戻す。

赤い頭の気配が消えた。

日に何度かこんなやり取りが続く。あの男が何を企んでコンタクトをしてくるのか?利空には分からないが面倒な事に捕まりたくない。

…利空ちゃん、お勉強、頑張ってて偉いね。

昨日の夜のテレビ電話でおでこに冷えピタを貼って、熱が高いのか?白い肌が少し赤くなっているのに、笑ってくれた兄の顔が思い出された。








ここにいるから…38

ψ(・ω´・…

すいません。悠です。ずいぶんあいてしまいました。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:




国中は戻ってこなかった。佐々木がそのまま国中のアパートを使ってろと言うのでここにいる。

…ま、いーか。

特に深く考える事もなく日々は過ぎて行った。十分とは言えないが小遣いに困る事はなく、どういう事になっているのか?分からないが、アパートを使っていても誰からも文句も出なかった。

幹斗は週に1回程度物を運ぶ仕事をする。

場所は駅だったり、公園だったり、空き地だったり…。その度に佐々木はバイト代をくれた。時にはご機嫌で余分にくれたり、そのまま幹斗1人では入れないような所で食事もさせてくれた。幹斗は佐々木をとても良い上司だと思い始めていた。

その日も佐々木に呼ばれて事務所へ行く。

「届けたらすぐに帰って来いよ。飯でも食おう。」

「あ、はいっ。行ってきますっ。」

今日は紙袋だ。

…さっさと届けて戻ってこよう。

往復40分程度だ。事務所で荷物を受け取ると駅に向かった。

袋を小脇に抱え、佐々木に買ってもらったiPhoneを見ながら歩く。前のiPhoneは料金未払いで使えないためにあっさりと駅のゴミ箱に捨ててしまった。

あれから父親の事も気にならなくなった。今まで付き合って来た学校の友人達もiPhoneと共に駅のゴミ箱に捨ててしまったようだ。

「…あっ!」

思わず声が出た。目線の先には反対側ホームの駅の壁に寄りかかって本を読んでいる利空がいた。

…あいつ…まだ勉強してんのかよ?

真剣に読んでいるのか?こちらには気が付かない。

…ちぇっ。

こちら両ホーム同時に電車が滑り込んできた。幹斗が乗り、利空の見えるガラスに張り付いた。利空もこちら側の席に座ったが本から目をあげない。

…なんだよっ!

なんだか無性に腹が立ってガラスを拳で殴った。

ドンッ!

と音がしたが、利空の耳には届かなかったのか、やはり本から顔を上げることはなかった。互いの電車はそれぞれ反対の方向へ走り出す。


受験用に勉強も始めた利空は毎日、本当に充実していた。

…今日は自習があったから捗ったな。

テキストが足りなくなり

…いつでもおいで。

と言ってくれた原田真亜先生のところへ追加を取りに行きたいと連絡してあったので、最寄り駅から電車に乗った。

勉強の合間にちょっと笑ってしまった。離れて暮らす兄がどうやら写メと動画を送ることを覚えたらしく、昼頃、美味しそうなパンケーキの動画が送られてきた。

が、その後に映るシッチャカメチャカなキッチンと、パンケーキより真っ白な粉だらけの兄のニッカリと笑った顔、それに隣に映るうんざりしたような優しい母の笑顔が思い出されたからだ。

電車の中であることを思い出して口元を押さえ笑いをこらえて、参考書に視線を戻したが、心の中がじんわりと、温かくなる。

…がんばろう。

二駅の間に一問解いてしまおうとペンを握る。










プロフィール

優乃 悠

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ