命と利空と遥が並行してます。読みにくいよねぇ。申し訳ないです。

春になったと言うのに体調が安定せず、相変わらずフラフラしておりますが、なんとかメンタル面だけは保っております(๑و•̀Δ•́)و

何だか読みにくくなった上に「颯ファン」からはバッシングを食らう内容になってしまい、「命ラブ」な皆様には大変心苦しい展開です。

頑張りますのでなにとぞ、よろしくお願い致します。m(__)m

登場人物が重複していますので、おっ?と思ったら他も読んで頂けると、作者、嬉しさのあまり…飛び上がって喜びます。

そんなわけで下のUTLをぽちっとしてもらえると読みやすいかなぁ?


「シータ」

ユリシア & シータ

「ミフェル…呟く」

ミフェル(ユリシアの弟)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BF


「嘘つきに捧ぐ」

藍原遠矢 & 森 優羽

「優羽…呆れる」

森 優羽

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%98%98%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%90


「こころのぉと」

加納祐太郎 & 原田真亜

「真ちゃん日記」

原田 真亜


http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%89%E3%81%A8

「約束」

高城颯(たかぎはやて) & 八木 命(やぎまこと)

「あのね?」

八木 命

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B4%84%E6%9D%9F

「約束と誓い」

八木 命 & 高城 颯



「君が呼ぶ声」

松雪達也 & タオ (太郎)

「あふたーすとーりー」

松雪達也 & 太郎

「とーくとぅざふゅーちゃー」

松雪達也 & 太郎

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%90%9B%E3%81%8C%E5%91%BC%E3%81%B6%E5%A3%B0


「欠片」

朴 尹潤(パク ユンジュン) & 佐藤 望

「心纏う」

朴 尹潤 & 佐藤 望

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%AC%A0%E7%89%87


「緋色」そして「緋色」

木村鷹之 & 三上緋色

「桃色」

木村鷹之 & 小谷野青葉(こやのあおば ←元 三上緋色)

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E7%B7%8B%E8%89%B2



「この手の中に」

松田創介 & 中田海里

「片恋」

松田創介

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB


「刹那い」…書き直し掲載

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E5%88%B9%E9%82%A3%E3%81%84


「遠回り」

木村影之 & 生方篤人

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E9%81%A0%E5%9B%9E%E3%82%8A


「愛の形」

正木遥 & 未來…大倉徹也

「夢の形」

正木遥 & 未來…火熊大

「心の形」

正木遥 & 大倉徹也

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%BD%A2


「ここにいるから」

小谷野利空 & 水島幹斗

http://blog.livedoor.jp/yunoyou/tag/%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89


ちゃんとした目次ではなくて申し訳ないこと、この上ないです。各UTLをクリックして頂くと読めるかなぁ?と思っております。

コメント、感想…作者、頂けると泣いて喜びます。


こんな私ですが、これからもどうか…お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

あのね…26

隣の部屋へ移るとニヤニヤした祐太郎が襖を閉めた。

「…元気か?」

何だか声が上ずってしまう。部屋の隅に畳まれている布団に寄りかかって座る。

…うん。元気だよ。今日…これから真悠子さんと病院行くんだ。

声が明るい。ホッとすると同時にムズムズと妙な感情が湧いてくる。

「そうか…。大丈夫か?」

…大丈夫だよ。入院とかの日にちか決まったら、連絡するね。

「あ、ああ。そうだな。み、見舞い…行けるといいんだけど…。」

…アハハ(*´ 艸`) 遠いよ。

颯の言葉に命が笑ってくれた。

「そ、そうだな。遠いな。」

何だかそれだけで嬉しくなってくる。少し命が黙った。

「…まこと?」

…仕事は?

「ああ。今日はもう終わって…尹潤の誕生日を遠矢先生が…。」

…ああ。ゆーちゃんがなんか言ってたな。遠矢先生が飲みに行くって不機嫌だった。

と、なんだか楽しそうに言った。

…ゆーちゃん、怒りんぼだから…。

その言葉に

「命…。」

…ん?

「お前も次は怒ってくれよ…。」

命がゲラゲラと笑って

…そうだね。うん。そーする。

と言い、急に押し黙り、

…次はないからね。颯…。

とちょっと低めの声で言った。

「…もちろんっ。もちろん、分かってますっ。


と、颯が慌てて言った。命が電話の向こうでまた笑う。その笑い声に二人で過ごした古い家の縁側と庭を思い出す。

「命…帰って来たら縁側で命が作った握り飯…食いたいな。」

…うん。僕、あの庭…大好きなんだ。

「…そうか。ばあちゃん…喜ぶ。」

…あ、もう切るね。出かける用意するから。真悠子さん、1秒遅れても怒るからさ。ふふww

機嫌いい時のくすくす笑いが颯に届く。

「命っ。また、また掛けていいか?」

…うん。

「気をつけて行ってこいよ。」

…うん。じゃ。

「ああ。また、かけるな。」

と、自分で言った癖にしつこいように思えて苦笑いをする。

命が先に通話を切った。

「…はあ…。」

久しぶりに機嫌のいい声を聞くことが出来た。

尹潤の携帯の待受にはゴチャゴチャと子供が沢山映っていた。全員が不細工な顔をして笑っている。命と尹潤の出身養護施設の子供たちだ。真ん中では光園でバイトをしている大学生も大口を開けて笑っている。

…命の写真…。

自分のiPhoneのアルバムを開く。情けないくらい写真も無い。以前に1度、二人で行った旅行の写真が数枚ある程度だ。

…命…俺と暮らしていて楽しかったか?

毎日、家事と学校。バイトの給与も使わずに、欲しい物も買わず…。

考えれば考えるほど自分が情けなくなってくる。

布団に体重を預けて目を閉じる。

…行こう!命の手術の日が決まったら休みを貰って、貰えなくても、辞めてでも行ってそばに居てやろう。

もう1度、尹潤の待受を見る。この笑顔の中に命も…。

颯が決心したように立ち上がった。



そして…05

「ほんとに命…連絡してこないっすか?」

食事が少し進んだところで遠慮ガチに尹潤が颯に聞く。

「あ、ああ。行ったばっかりで忙しいんだろう…。」

颯がやっと落ち着いたかのように鍋をつつき出した。

「…すいません。」

兄弟のように育った尹潤には世話になっている颯になんの連絡もしてこない命の事を申し訳なく思って、頭を下げた。

「いや、ほら…俺がほんとに悪いからさ。命が許してくれなくても仕方ない。」

少し酔ってきたのか颯がボリボリと頭をかいて情けない顔をする。

「君も…尹潤も心配しただろう…。ほんとにすまなかった。もう2度とこんな事がないようにするから…勘弁してくれ。」

と尹潤に頭を下げた。尹潤がきちんと座り直して

「命…俺に電話してきて、光園には帰れない。優羽さんの所に行くから心配しないでくれ、もしも、優羽のとこが駄目だったら悪いけど泊めてくれないかって。」

尹潤が運ばれて来た冷えて水滴のついたビつールのジョッキを半分位、一気に飲んで

「俺たちは元々帰るところはどこにもないんです。俺はまだ幸せだ。光園ではずっとここにいていいんだよと育てられた。命は違う。どこへ行っても盥回しにされて、どこかへ行けと追い立てられて、邪魔だとつつかれて…。だから俺はアイツの無理してふざけたり、笑ったりする顔が嫌いなんです。無理して…泣いてるように見えるから…。」

と本音を吐くように言った。

「…そうだよな。俺は命こと…わかってなかった。ごめんっ!気をつけます。ほんとに申し訳なかった。」

颯が尹潤に頭を下げる。

「面倒掛けてすいません。よろしくお願いします。」

尹潤も颯に頭を下げた。

「ほら、飲め。最悪隣の部屋に布団引かせるから潰れても言いぞ。」

遮るように 遠矢が半分空いた尹潤のジョッキにビールを注ぐ。遠矢に指さされた襖を祐太郎が開けると、布団が引けるように用意してあった。

「兄貴?ここ何に使ってるんだよ?」

「何ってなんだよ?」

「何ってナニだよ。」

「だから今日はお前達だけだろ?」

「…はあ?信じらんねぇ。ゆーちゃんが知ったら大騒ぎになるな。」

「誰が言えって言ったんだ?バラしたらどうなるか?わかってるんだろ?」

遠矢が首を手刀で切る真似をする。

「万が一の時はラブホなんか使わずに俺の名前でここ…使っていいぞ。」

とニヤニヤしながら颯を見る。

「…!か、勘弁して下さいよ。」

颯が顔の前で手を振った。尹潤が笑う。

「おっ、来た。」

笑った尹潤がiPhoneを出した。

「もしもし…おお。今何時だ?うん。うん。」

尹潤がiPhoneで話し出す。

「あ、朝か?そうか。ちょっと待て。」

そのiPhoneを颯に差し出す。

「命っす。」

「え?あ、いや。いいよ。俺と話したくないかもしれないし…。」

「…いいから。早くっ。国際電話なんで…。」

…は、あまり関係ないが国際電話と言われて、颯がiPhoneを受け取った。

「…まこと?」

一気に酔いも覚めたのであろう。颯の声が上擦った声になった。

一同がニヤニヤ颯を見る。

遠矢がしっしっとばかりに手を振った。颯がぺこりと頭を下げて、祐太郎が襖を開けた隣の部屋に入って行った。

祐太郎が閉める。

「めんどくせーなぁ。」

洋輝が聞こえるように少し大声でそう言って全員が笑った。

「とりあえず事なきを得て良かったって所だな。」

と、祐太郎がそう言った。



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ