横浜(YKHM)

2006年10月22日

【マアッー!リノス×アッー!ントラーズの由来】

【マアッー!リノス×アッー!ントラーズの由来】

トステムの営業車に乗ったNRHSらが日産の車に追突
 ↓
「今度こそ勝たせろ」 「勝てば10冠へ勢いづくと思ってるんですかw」などの
会話を経て試合に。
 ↓
開始6分でSKTにほじくられ、「汚いディフェンスだなぁ」などと罵られるKSM
 ↓
YMSの追加点で「アッー アッー!」と悶えるKSM
 ↓
ゴールへの執念を見せながらYKHMのゴールに連続攻撃を見せる。「決めさせろ!」と悶えながら
ボールをコントロールさせる。このあと、FWのFKIがスキをつき、YKHMに背後から
反撃。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とKSMは興奮しながら同点に追いつこうとする。
 ↓
メンバーも替わらず後半が始まる。数発ヤラれてしまったENMT・SGHTが一転、攻勢に出て、
ゴールに鍵を掛けて守り始める。小刻みにゴールを狙いながら、「ピッー、ピッー、ピッー!」
と笛が鳴って、YKHMがKSM相手に勢い良く4連勝。
あとYKHMサポがKSMうぜえと思って チャント作って「メルダ」と罵ったらしい。


yurai183 at 20:29|この記事のURL

2006年09月19日

【しきだアッー!の由来】

【しきだアッー!の由来】

マリノスファンに扮したSKDらがJMN党政治家・支持者2000人を引き連れ日産スタジアムに襲来。
 ↓
「幟を立てろよ」「党のうちわをばらまくんだよ」「そうすれば党の宣伝になるんですね」などの
会話を経て党名が入ったTシャツ姿に。
 ↓
党の名前が入ったプーマのユニフォームをほじくられ、「ショボいユニだなぁ」などと罵られる
 ↓
SKDのブログが炎上し「アッー アッー!」と悶える
 ↓
3浪5流大卒の学歴を見せながらSKDの頭の悪さを見せる。「気持ちいい!」と悶えながら
「スポーツマンシップ教育」を語る。このあと、青年局の一人がタオルマフラーをつけ、SKDに背後から
挿入。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とSKDは勃起させながらルールを守ることの大切さを豪語する。
 ↓
サポーターも加わり追求が始まる。ヤラれるばかりだったマリノスが一転、攻勢に出て、
JMN党横浜市連を下にして犯し始める。小刻みに抗議の電話を聞きながら、「アベッー、アべッー、コイズミ!」
と叫んで、SKDも選挙区で勢い良く落選。
あとケツに自分の名前の幟を差し込んで 3回まわって「ひたむきに、政治。」と吠えたらしい


yurai183 at 22:49|この記事のURL

2006年08月26日

【岡ちゃアッー!んの由来】

【岡ちゃアッー!んの由来】

解説者に扮したOKDがYKHMの監督に招聘
 ↓
「この辺を補強しろ」 「すれば名門を復活させていただけるんですね」などの
会話を経てシーズンに。
 ↓
NKZWに眼鏡を壊され、「弁償してもらわなきゃなぁ」などと冗談を言う
 ↓
奇跡の完全優勝で「アッー アッー!」と悶える
 ↓
アジアに目標を定めながら15-0の糞スコアのせいで敗退し怒る。「優勝する!」と悶えながら
自分自身を奮起させる。このあと、トライアウト出身のKWIがCKを受け、URWに正面から
ゴール。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とYKHMはPK戦の末に2連覇を達成する。
 ↓
社長に慰留されて4年目が始まる。ヤラれるばかりだった各チームが一転、攻勢に出て、
YKHMを下にして犯し始める。小刻みに会談を重ねながら、「アッー、アッー、アッー!」
と叫んで、OKDも慰留されながら監督を辞任。
あと辞任の発表の前に オフィシャルが更新されて「クッションの宣伝」でサポがキレたらしい。


yurai183 at 17:23|この記事のURL

2006年08月09日

【ハユマアッー!の由来】

【ハユマアッー!の由来】

野球少年に扮したTNK-HYMが肩の負傷でサッカーに転向
 ↓
「横浜に来い」 「来れば自分を鍛えていただけるんですね」などの
会話を経てFLGLSユース→MRNSユースに。
 ↓
LZRNに全く起用されず、「VRDYでも行け」などとレンタルさせられる
 ↓
右サイドでの起用で「アッー アッー!」と開花しMRNSに復帰
 ↓
不動の右サイドとして定着しながら代表を目指して積極的なプレーを続ける。「ジーコにアピール!」と考えながら
自分自身を奮起させる。このあと、相手のFC-TKYに完敗した上、お爺さんに車でぶつかり
事故。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とHYMはお見舞いしながら心配をする。
 ↓
シーズンも変わり激動が始まる。スタメンばかりだったHYMが一転、攻勢に出られ、
YSDに代わられスタベンになり始める。小刻みにチームは不調になるが、「アッー、アッー、ピーチ!」
と叫んで、HYMもOSM率いるA代表に勢い良く招集。
あと子煩悩だったのに離婚して 子供連れて行かれて「ハユマカワイソス、KIDは氏ね」と言われ続けてるらしい。


yurai183 at 22:22|この記事のURL

2006年07月20日

【ジェイワアッー!ン再開戦・SMZ×YKHMの由来】

【ジェイワアッー!ン再開戦・SMZ×YKHMの由来】

ベストメンバーに扮したYKHMがNHNDRの球技場に到着
 ↓
「絶対に勝て」 「勝てば優勝に向けて巻き返せるんですね」などの
会話を経て試合に。
 ↓
ミドルで守備をほじくられ、「汚い守備だなぁ」などと罵られる
 ↓
カウンターの失敗で「アッー アッー!」と悶える
 ↓
MRQZにリスタートをさせながらエースのKBにキラーパスを送る。「決めろ!」と祈りながら
サポーターは応援をする。このあと、KBがNSBと一対一になるが、シュートは横にそれて
失敗。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とサポーターは残念がりながら声をあげる。
 ↓
MIKも加わり放り込みが始まる。ヤラれるばかりだったYKHMが一転、攻勢に出るわけもなく、
セカンドボールをふいにして犯され続ける。ロスタイムまでゴールだけは守りながら、「アッー、アッー、カツ!」
と叫んで、HYDもYKHMのゴールに勢い良く決勝弾。
あとKSMにKWSKが勝って 3勝ち点差が更に開いて「12」となったらしい。

ttp://web.archive.org/web/20040118203939/globalgaydiscs.com/babylon_34.htm
上左・・エースのKB。
上右・・シュートされ、ポストに何とか救われ、旗の竿きしませながら身もだえするサポーター。
中左・・先輩KBに役割を渡され、チャンスに奮起するMIK。更に相手DFに競り勝って超キモチイイMIK。
中右・・SMZに掘られながらも、自分たちのゴールを守るYKHMのDF。もちろんSMZは不満足。
下・・HYD君に一撃で葬られ、失意の選手たちに怒り、ブーイングに力が入る暴動直前のサポーター。バス乗り場にダッシュする電車利用組。


yurai183 at 22:35|この記事のURL

2006年07月04日

【2005 Jワアッー!ン・リイグッ!の由来 〜優勝争い編〜】

【2005 Jワアッー!ン・リイグッ!の由来 〜優勝争い編〜】

昨年度王者を冠したYKHMがIWTのハンドゴールに沈む
 ↓
「優勝しろよ」「今年こそ王者になるんだよ」「なればアジアに挑めるんですか?」
「何2位のくせにお前☆付けてるんだよ」「早く外せよ」などの会話を経てURWが最下位に。
 ↓
「優勝したら勇退するらしい」「送り出してあげよう」「よぉし、勝利だ」の本気に首位を演じるも
「なんかKSMうぜえなあ」「なんかむかつくよなぁ」ということで首位から引きずり落とされる。
 ↓
SRZは攻撃力でディフェンスをほじくられ、「汚ないザルッソだなぁ」などと罵られる。好調の攻撃陣と守備陣が融合。
「お前よくも罵ってくれたな、力抜けよ」とサポの目前でいじめ、不敗記録を伸ばし続ける。
 ↓
「SWRはノーゴール」と判定をした主審(IEMT)の誤審で「何かアッー!」とKWSKの監督SKZKが怒る
 ↓
GNBは相手に攻撃陣を見せながら数人のFWにSDCLを宛う。「残念、そこは(ry」と邪魔しながら
攻撃力を爆発させる。このあと、ライバル(URW)をキッチリ抹殺するが、嫌な相手に6戦で5敗。
「クソッ!」と猛省するも、直後に「アッ、アッ、アッ、アッ!」とGNBは完封されながらOMYに負ける。
 ↓
NGIではFCTKYも加わり悲劇が始まる。ヤラれるばかりだったFCTKYが一転、攻勢に出て、
KNNが同点にして優勝阻止し始める。
小刻みに点を取りながら「イグ!イグッ!イグゥ!アッー!、アッー!」 と叫んで、
GNBがDDRKの地で勢い良く優勝「…アッー!… アッー!… ァッー…」とタイトル童貞を卒業。

あとSRZは5年前に続いて 最後の最後で「優勝」を逃したらしい。


yurai183 at 21:27|この記事のURL

2006年07月01日

【2004 サアッー!ントリーチャアッー!ンピオンシップの由来】

【2004 サアッー!ントリーチャアッー!ンピオンシップの由来】

最強チームに扮したURWが1st王者のYKHMと激突
 ↓
「チケットを取れ」 「取ればレッズを優勝させる応援ができるんですね」などの
会話を経て大量購入に。
 ↓
似非ファンクラブ会員に販売方法の穴をほじくられ、「汚い穴だなぁ」などと罵られる
 ↓
ほぼ満員のスタジアムで「ウィーアッー レッズ!」と応援する
 ↓
EMRSNに攻撃を任せながら2人のFWにTLOとALPYをあてがう。「守りが堅い!」と悶えながら
EMRSNは得点できない。このあと、戦力外にしたKWIがNKZWの陰から出て、CKを正面から
ゴール。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とBCWLDは困惑しながら声をあげる。
 ↓
SITMに移動し激戦が始まる。ヤラれるばかりだったEMRSNが一転、攻勢に出て、
NKNSを退場させて同点FKにつなげる。小刻みにドリブルをしながら、「アッー、アッー、ムカツク!」
とイライラして、EMRSNもKWIを蹴って勢い良く退場。
あとPK戦に試合はなだれ込んで 最後はDTRに「コロコロ」と決められたらしい。


yurai183 at 12:37|この記事のURL

2006年06月28日

【かアッー!ん全優勝の由来】

【かアッー!ん全優勝の由来】

1st王者に扮したYKHMが首位のIWTと激突
 ↓
「自分達のサッカーをやれ」 「やれば勝てる力を付けていると思っている」などの
叱咤激励を経て試合に。
 ↓
速攻でGRLにほじくられ、「汚いディフェンスだなぁ」などと罵られる
 ↓
ENMT(TeTY)の退場で「アッー アッー!」と悶える
 ↓
ST(YKHK)に交代のサインを見せながら代わりのGK(SMKW)にアップをさせる。「久々の出場!」と考えながら
ゴールの守りを堅くさせる。しばらくあと、FWのMRQNHSがこぼれ球をつめ、ゴールに正面から
挿入。「アッ、アッ、アッ、アッ!」とGRLは残念がりながら勝ち越しを狙う。
 ↓
KBも加わり奇跡が始まる。今日ノーゴールだったKBが一転、攻勢に出て、
ロングボールを下にしてぶち込む。小刻みに腰を振りながら、「アッー、アッー、ドウテン!」
と叫んで、EMRSNもKSMのゴールに勢い良く同点弾。
あと2週間後に高校生と対戦して 2点追いつかれて「PK戦」で辛勝したらしい。


yurai183 at 23:29|この記事のURL

2006年06月11日

【マンパワアッー!の由来】

【マンパワアッー!の由来】

名監督に扮した山本昌邦がジュビロの監督に就任
 ↓
「名門を再建しろ」「再び王者になるんだよ」「すれば監督を続けさせていただけるんですか?」
「何犬のくせにお前代表抱えてるんだよ」「早く寄越せよ」などの会話を経て05シーズンに。
 ↓
「マリノス倒してみろ」「ボコってみろ」「よぉし、お手だ」の勝利にジャンプをするも
「なんか磐田っぽくねぇなあ」「なんかつまんねえよなぁ」ということで犬に虐殺される。
 ↓
ACLで采配をほじくられ、「汚い選手交代だなぁ」などと罵られる。その穴に水原が反応。
「お前初めてかアジアは、力抜けよ」と観衆の目前でいじられ、GL敗退をつけられる。
 ↓
「今後に繋げていきたい」と言い訳した試合(vs緑)の同点ゴールで「アッー アッー!」と悶える
 ↓
浦和に弱さを見せながらお得意様の新潟に2得点を見せる。「小野辞めれ!」と悶えながら
広島を虐殺。このあと、新入り(KF)がキャプテンを欠かされ、ナビスコで背後から敗戦。
「オフッ!」と唸るも、直後から「アッ、アッ、アッ、アッ!」と山本は名古屋に勝ちながら8強入りをあげる。
 ↓
マリノスも加わり逆襲が始まる。ヤラれるばかりだったジュビロが一転、攻勢に出るわけもなく、
久保の下にされて犯され始める。
小刻みに腰を振りながら「ドイツ!イグッ!イグゥ!アッー!、アッー!」 と叫んで、
山本も社長の前に勢い良く辞表「…アッー!… アッー!… ァッー…」と虚脱の表情。

あと2chにスレが立って ジュビサポ以外に「残留キボン」と言われたらしい。


yurai183 at 21:33|この記事のURL

2006年05月19日

第一章「選手抗議!岡○主審たちの逆襲」

「Babylon Stage34 初春の昼の悪夢〜the IMP〜」

これは夢なのか、現実なのか・・・。寒い初春の昼、
過熱した誤審は、遂に危険な領域へと突入する。

第一章「選手抗議!岡○主審たちの逆襲」

試合を勝って家路へ向かいたいジュ○ロ選手達。
疲れからか、不幸にも福○の手でゴールしてしまう。
誤審をアピールしすべての怒りをぶつけたマ○ノスに対し、
審判団の主、インストラクタ・モッ○ラムに言い渡された誤審の有無とは・・・。他


yurai183 at 21:52|この記事のURL

2006年04月20日

【山アッー!瀬の由来】

【山アッー!瀬の由来】

浦和レッズのMFに扮した山瀬が田邊代理人と契約
 ↓
「自分がいなくてもレッズは優勝した」「他のチームの話も聞いてみたい」などの
発言を経て移籍リストに。
 ↓
ラジオで性多漏に心配され、「心の病だなぁ」などと言われる
 ↓
岡田監督からのオファーで「アッーアッー!」と悶える
 ↓
マリノスとの交渉を続けながらレッズのフロントと話し合いをする。「レッズには何の不満もない」とゴネながら
代理人田邊を躍動させる。このあと、マリノスのフロントが連絡をつけ、レッズに満額を提示しながら
オファー。「リセット!」と山瀬は会見しながら声をあげる。
 ↓
マリノスに移籍して新シーズンが始まる。靭帯断裂から復帰した山瀬が一転、背番号10を付け、
トップ下に入って出場し始める。小刻みに腰を動かしながら、「アッー、アッー、イテー!」
と叫んで、今度は椎間板ヘルニアが勢い良く再発。

あと少年時代のインタビューで好きなチームは「マリノス」と答えたらしい。

yurai183 at 22:11|この記事のURL

2006年03月27日

【クリハラアッー!の由来】

【クリハラアッー!の由来】

名DFに扮した栗原がワシントンを挑発
 ↓
「絶対に止めろ」「止めれば勝利に近づくんですね?」などの監督との
会話を経てピッチに。
 ↓
山田にコーナーキックから先制され、「汚いディフェンスだなあ」などと罵られる
 ↓
ワシントンに何度も突破され「アッー アッー!」と悶える
 ↓
ワシントンにマークにつきながらポンテ・小野・長谷部にも対応をする。「ロサンゼルス!」と悶えながら
レッズの前線のプレッシャーに翻弄される。このあと、3バックの一人がワシントンにつき、フェイントを追いながら
転倒。「アッ、アッ、アッ、アッ!」と栗原は発狂しながら声をあげる。
 ↓
ロスタイムに突入する。ヤラれるばかりだったマリノスが一転、攻勢に出て、
大島を前に置き放り込みをする。マルケスがくねくねしながら、「アッー、アッー、クロス!」
と叫んで、大島もゴールめがけて勢い良くヘディング。
あと最後に長谷部にものすごいシュート決められて「血が出てないけど死にたい」とつぶやいたらしい。


yurai183 at 21:29|この記事のURL

2006年03月25日

【アビスパ福岡 古賀誠史復活の軌跡】

【アビスパ福岡 古賀誠史復活の軌跡】

J1に扮したマリノスに入団
 ↓
「サテライトで頑張れ」 「頑張れば試合に出して頂けるんですね」などの
会話を経てJ2福岡に。
 ↓
左SBで出場するが相手サイドにほじくられ、「汚いディフェンスだなぁ」などと罵られる
 ↓
後輩のアナルバクバクおじさん宮原も「アッー アッー!」と悶える
 ↓
連続失点記録を更新しながらJ2の洗礼を受ける。「SHがいい!」と悶えながら
失点自体を増加させる。このあと、先輩の篠田がキャプテンマークをつけ、古賀に背後からパス。
「アッ、アッ、アッ、アッ!」と古賀は慌てながらボールを追う。
 ↓
アレックスを左SBにし、逆襲が始まる。ヤラれるばかりだった古賀が一転、SHで攻勢に出て、
アレックスとコンビで攻め始める。小刻みにパスを繰り返しながら、「アッー(レックス)、アッー(レックス)、(ボールが)イク!」
と叫んで、古賀はアレックスの足元に勢い良くロングパス。
あとゴールにシュートぶち込んで 4年目でJ1に復帰したらしい。



yurai183 at 19:46|この記事のURL