2008年10月10日

今日のJ-REITは予想通りストップ安ばかり...1

エヴァ的以下表記w

---

老人「REIT。我ら外資の実行機関として結成されし組織」
老人「我らのシナリオを実践するために用意されたもの」
老人「だが、今は日系銀行の専有機関と成り果てている」
老人「さよう。我らの手に取り戻さねばならん」
老人「約束の日の前に」
老人「REITと投資主を本来の姿にしておかねばならん。
   銀行よ、外資への背任、その責任はとってもらうぞ」

---

MUFG「我々に与えられた時間は、もう残り少ない。
  だが我らの願いを妨げるアメリカの金融支配はすでにないのだ。
  間もなく最後の投げが来る。
  それを飲み込めば願いが叶う。
  もうすぐだよ、モルガン」

---

産業ファンド「私、何故ここにいるの。
   ……私、何故また生きているの。
   何のために? 誰のために?
   ニューシティ。
   あの人、私と同じ感じがする。
   どうして?」

---

リプラス「ここが不人気でよかったわ。
    あなたが巻き込まれなくてよかったもの。
    でも、この次の保証はないの。
    だから、明日からはアップルリンゴのお世話になるのよ。
    しばらくお別れね、リプラスレジ」

---

ニューシティ「やはり、僕が下になるよ」
スターツPR「いいよ。
    僕は最下位リートなんだ。
    ここでいいよ」
ニューシティ「……」
スターツPR「……」
ニューシティ「君は何を話したいんだい」
スターツPR「え?」
ニューシティ「僕に聞いてほしいことがあるんだろ」
スターツPR「……色々あったんだ。ここに来て。
    来る前は、親のところにいたんだ。
    穏やかで何もない日々だった。
    ただそこにいるだけの……。
    でもそれでもよかったんだ。
    僕には何もすることがなかったから」
ニューシティ「入居者がキライなのかい」
スターツPR「別に……どうでもよかったんだと思う。
    ただ、賃料踏み倒すヒトはキライだった」
   (どうしてニューシティ君にこんなこと話すんだろう)
ニューシティ「僕は君に会うために生まれてきたのかもしれない」

---
金融庁「どう? 彼のデータは入手できた?」
SEC「これです。
   投信協会から無断で借用したものです」
金融庁「すまないわね。泥棒みたいなことばかりやらせて。
    ……何これ」
SEC「シンジケート団が公表できないわけですよ。
   理論上はあり得ないことですから」
金融庁「そうねぇ……謎は深まるばかりだわ。
    REITへの融資規模を自由に設定できるとはね。
    それも自分の意思で。
    ……またもなりふり構ってらんないか」

---

リプラス「よく来られたわね」
金融庁「聞きたいことがあるの」
リプラス「ここでの会話、録音されるわよ」
金融庁「構わないわ。
    あの外資の、ニューシティの正体は何?」
リプラス「……おそらく、最後の使者」

ニューシティ「さあ行くよ。
    おいで、証券化の分身、そして投資家の僕」

---

東証「J-REIT、全銘柄にストップ安規模の売り!」
金融庁「そんなバカな。東証REIT指数は!?」
日経新聞「750割れ。確認済みです」
金融庁「じゃあ一体誰が」
日証協「自動プログラムです。
   J-REITを持ってる投資家はいません!」
金融庁(誰もいない?
    ニューシティの関連売りではないの?)
東証「先物に、
   猛烈な規模の投げ売りを確認!」
金融庁「J-REITの?」
東証「いえ、気配7,200円。
   間違いありません、225先物です!」
金融庁「何ですって?」

金融庁(父さん? あの銘柄が?)

東証「ダメです。買いが入りません」
大証「サーキットブレーカーを緊急発動。
   少しでもいい、時間を稼げ」

大証「まさか、外資が直接送り込んでくるとはな」
全銀協「老人は予定を1つ繰り上げるつもりだ。我々の手で」

---

老人「最後の売りが板に上がった。
   現在降下中だ」
老人「予定通りだな」
老人「MUFG。
   君は良き友人であり、志を共にする仲間であり、
   理解がある協力者だった。
   これが最後の仕事だ。クソリートによる遂行を願うぞ」

---

「買い板は225の暴落に絶望した投げにより突破されています」
「目標は第2・・・を通過!」
「クソリートに追撃させろ」
「はい」
「いかなる方法をもってしても、
  目標のストップ安張り付きを阻止しろ」

(しかし、使徒は何故J-REITを?)

「もしや、J-REITとは融合を果たすつもりなのか?」
「あるいは破滅を導くためかな」


「ウソだウソだウソだ!
 ニューシティ君が、彼が父さんだなんて、
 そんなのウソだ!!」
『事実よ。受け止めなさい。
 出撃。……いいわね?』


「遅いな、スターツ君」


OP「クソリート、ルート2を降下。目標を追撃中!』

「裏切ったな。
 僕の気持ちを裏切ったな。
 父さんと同じで、裏切ったんだ!」

「クソリート、第4層に到達。目標と接触します」


「いた!」

「待っていたよ、スターツ君」
「ニューシティ君!」

「東証REIT指数、ごめんよ!」

「クソリートシリーズ。
 証券化より生まれし、実業にとって忌むべき存在。
 それを利用してまで生きのびようとする投資家。
 僕にはわからない」

「ニューシティ君!
 やめてよ。どうしてだよ!!」
「クソリートは僕と同じ身体でできている。
 僕は証券化より生まれし者だから、
 魂さえなければ同化できるさ。
 この銘柄のスポンサーは、
 今みずから閉じこもっているから」

(投資主、リバを取ろうとするが注文が入れられない)

「信用保証金維持率不足!」
「そう。君たち投資家はそう呼んでいるね。
 何人にも侵されざる聖なる領域。
 心の深井戸。
 投資家もわかってるんだ。
 買い付け余力は誰もが持っている
 資金の壁だっていうことを」
「そんなのわからないよ、ニューシティ君!」


『クソリート両機、最下層に到達』
『目標、ストップ安まであと20』
「クソリートの信号が消えて、もう一度変化があった時……」
「わかってます。
 その時はJ-REITの取引を停止させるんですね。
 金融メルトダウンが起こされるよりマシですから」
「すまないわね」
「いいですよ。あなたと一緒なら」
「ありがとう」


(投資家の定めか。
 投資家の希望は悲しみに包まれているね)



yuraku_love at 11:00│Comments(20)TrackBack(0)株式市況 | J-REIT

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 北澤   2008年10月10日 11:25
例えば、比較的体力のあった糖蜜も、今回の出資(MSやカリフォルニアの米銀子会社化)で相当返り討ちにあってます。地銀や旧長銀・日債銀系は言わずもがな。

そうすると、前々から、資金繰りがきつかった倒産予備企業群が、年末や期末にかけて、ドミノ的に逝きそうですね。

暴落の域を超えて、恐慌の入り口に達した感です。
2. Posted by grande   2008年10月10日 11:42
yuraku先生、面白いこと書かないでください。周りに奇異の目で見られてしまいました。
3. Posted by ROM   2008年10月10日 11:44
5 めちゃくちゃ笑わせてもらいました
4. Posted by クマー   2008年10月10日 12:03
大作ワロタ
この一大事に何やってんですかw
5. Posted by yuraku_love   2008年10月10日 12:08
そーですねえ。
今回はニューシティが死んで、他のJ-REITもストップ安になっている程度ですが、この一連の株価下落で、この3Qにとんでもな評価損、売却損が出てきそうですな。投資有価証券の。

それは銀行も同じですから。。。その結果自己資本が毀損してさらに貸し渋りがひどくなる。それでまた倒産が増える。悪循環が形成されてます。

なお、上のエヴァ表記は後で読み直すとリファインが足りませんなぁと反省。
少なくともニューシティの件ではCBREを登場させないと(汗)。
きやつらのせいでこうなったわけですから。
6. Posted by 龍   2008年10月10日 12:18
いやー力作ですなw
この勢いでガンダム編もつくってほしいですw
関係ないですが、初期ガンダムを新解釈したガンダムオリジンは秀作ですよ。
(漫画です。現在も連載中?)
7. Posted by あめ   2008年10月10日 12:19
板情報がコネェー('A`)
(HYPER SBIには・・・)
8. Posted by ろじゃあ   2008年10月10日 12:45
5 ようやく復活できそうです。
訳あってブログ更新停滞してたんですが・・・。
本エントリーは拍手です。
いままでの諸事象の中で今回のJ−REITの破たんの件は実に象徴的で。
11日の金融法学会、12・13日の日本私法学会でどのような空気になるのか・・・たぶん体調的に訪問できるとは思うのですが(多分に希望的観測)。
9. Posted by yuraku_love   2008年10月10日 13:15
さっきまで板情報きませんでしたね。
ほんとに市場鎮静化のためにわざとタイミングよく「システム障害」が起きたんじゃないかと思いました。後場寄り前から障害だなんてw

龍さんガンダムオリジンは寡聞にして知らずでした。ガンダムは初代が一番と思っておりますが、最近またダブルオーだったかがtvで放映されているようですね。

ろじゃあさんおひさです。これでJ-REITはミドルリスクなどではないことが表出してしまった気がします。結局生殺与奪は銀行のさじ加減ひとつ。日本も日銀による企業への直接資金供給でも始めたほうがいいかもしれないと思ってしまった。銀行任せではなく。
ただ、本当は駆逐されるべきは投資法人ではなく、インチキな運用会社だと思います。今回CBREのせいでニューシティがつぶれたものと解釈してますが、原因者であるCBREは何のペナルティもなく、J-REIT投資口保有者にCBREの行為によるリスクを負わせるというのはあまりにも理不尽な気がします。
10. Posted by なごんだw   2008年10月10日 14:42

 ワロスwwwwwwwwwwwww

 私見ですが、

 J-REITは短期の買い入れで資金を調達して、長期の不動産投資をしているので、リファイナンスができなければデフォルトです。

 サブプライムローン証券の発行主体も、長期の住宅ローン(のうち低格付部分)を短期の証券にして債権を調達しているので、リファイナンスができなければデフォルトです。

 どちらも、短期・長期のギャップという視点があまりに希薄。
 「資金繰り」という概念がなく、机上でデフォルト率が何%とか、収支や利回りが何%とかいう定性的な側面だけ分析し、それだけで格付けを決めているから、こういうことになるのでしょう。

 どのREITにも内在する問題なので、今後、制度的な対策がとられなければ、日本的な「体面」を気にする金持ちスポンサーがついているREIT以外は全滅かもしれませんね。

11. Posted by ラロッカ   2008年10月10日 14:53
ワロスw

クソリートってクリードのことですか?それとも日系リートの総称???
12. Posted by yuraku_love   2008年10月10日 15:24
そーですね。J-REITは借金をつなぐことが前提の仕組みですね。つなげるかどうかは将来考えるみたいな。
ここが実物不動産との違いかもしれない。個人が実物不動産をローンで買う時には、基本的には何年か先には完済しますから。既存のローンを払い続ければそのうちローンはなくなる。
でも、J-REITというのは物件取得時にローン組んでも、いつ完済するかわかりません。もちろんローンには返済期限があるのだけど、返済時にまた借り換えですのでローンはなくならない。
このおかげで、銀行しだいでつぶされてしまう。返済時にリファイナンスできなければおしまいです。

ラロッカさん、クソリートとは別にクリードを指しているわけではなくそういうインチキなリートの総称です。しかしあまりよく考えて話を作ってないので矛盾多々あり。
13. Posted by もぐたん   2008年10月10日 16:06
おもしろすぎ。腹痛い(^^)

こんな時どうすればいいの?

笑えばいいと思うよw

14. Posted by kuratte   2008年10月10日 18:33
4 おもしろすぎます。

はじめまして。不動産関連に関して、いろいろと参考にさせて頂きたく、今夏頃からROMしておりましたが、あまりの快作にコメントさせて頂きました。

REITというか、不動産(建築・土木含む)はどこへ向かっていくのでしょうかね〜・・・。
15. Posted by 不破雷蔵   2008年10月10日 19:53
5 やべぇ。面白すぎて涙出た。
16. Posted by yuraku_love   2008年10月10日 22:38
まさに「笑えばいいと思うよw」
NYダウ早速500ドルの下げからスタートorz

嘆いてもしょうがないし。
笑うしかない。
死人があまり出ないよう祈るばかり。
17. Posted by ちぇちぇん   2008年10月11日 05:17
映画化されてもおかしくない!
18. Posted by 不破雷蔵   2008年10月11日 06:28
>>死人があまり出ないよう祈るばかり。
「あまり」かい!(w
19. Posted by 高根つかみ   2008年10月11日 10:39
売っちゃ駄目だ、売っちゃ駄目だ、売っちゃ駄目だ。
どうして?
だって、売ったら負けだ。
負けたくない?
負ければ損するから。
損するの、いや?
当たり前だろう。
でも、売れば楽になれる。
えっ…、楽に、なれる?
そうよ、楽になれる。
そっか、いいんだ。売っていいんだ。
クリック。
ストップ安で売れないよぉ(涙)
そう、じゃ、来週がんばってね。
20. Posted by yuraku_love   2008年10月11日 11:05
死人が出ないわけには行かないでしょう。多分、自己破産多発だと思いますよ...

もう、ライブドアショックの日じゃないですね。今の惨状は...

高根つかみさん。来週も売れないかもしれないです(汗)
月曜日日本が休場である間に、世界的にリバウンドが来るのを祈るだけですな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ブログ内検索
Recent Comments