2008年11月18日

日コマ 親の子会社外し3

資産運用会社の社内規程(運用ガイドライン)の 変更に関するお知らせ

タイトルからはぜんぜん大した話に見えないので、おもわずスルーしてしまいそうになりますが。
いやいや。これは重要です。
ちょうど今日、日レジが親を見捨てるような物件取得中止のIRを出していることを考えれば。
同じ日に日コマがこれを発表したのは、偶然じゃないと思います。

この「ガイドラインの変更」ですが、何をする気なのかというと。


・これまで、商業施設の管理に当たっては、親(パシフィックHD)の子会社である「パシフィックリテイリング株式会社」を統括的な管理会社(マスターPM)とし、個別施設ごとの管理会社(サブPM)の管理業務をさせていた。

・しかし、もう運用会社自身に、サブPMを管理するノウハウが蓄積されてきたので、マスターPMを外して、直接運用会社がサブPMを管理する体制に改める。

・別の言い方をすると、今後はパシフィックリテイリング社への業務委託をやめる


いかにも、「2年経ってノウハウがたまってきたので、自身で管理できるようになりました」という話に見えますが。
そうとるのは素直すぎると思います。この話。
ポイントは「親の子会社を投資法人の業務委託先から外すこと」と「同日に日レジが親物件の取得を中止する発表をしていること」です。


まぁ、妄想ですよ?100%妄想の話ですけども。。。

日レジが物件取得を中止したことで、もう親が長くはもたないことを、日コマの運用会社も知っているんじゃないでしょうか。
あるいは親から非公式にそういう連絡があったのかもしれない。

だから、突然パシフィックリテイリングを外したんじゃないかと。
親が逝ったときに、親との関係をできるだけ希薄にするために。

親父さんに向けた準備の一環じゃないかと思うのですよ。これ。
わたしは今月がヤマじゃないかと推察してます。


ところで、J-REITというのは、運用会社の役員が投資法人の執行役員に就任していることがよくあります。
形式上組織は分離されていても、実は両者は一体であったりするわけなんです。
ニューシティの新井執行役員はCBREレジデンシャルの社長だったと思うし。
クリードオフィスの山中執行役員はクリード・リート・アドバイザーズの社長です。

ところで、この日コマは牧野執行役員です。
牧野氏は、昨日Webにアップされたばかりの資産運用報告書の二枚目の下のほうにこう書いてます。

---
なお、私儀、平成20年6月に本投資法人より資産の運用を委託しておりますパシフィックコマーシャル株式会社代表取締役社長を退任し、本投資法人の執行役員に専念することとしました。このことによりまして、本投資法人のガバナンスをより一層明確にし、資産運用会社をはじめとした利害関係者取引についても今まで以上に厳格に対処できるものと確信しています。
---

こんなことをわざわざ書いているのも、投資法人が運用会社やその親から独立していること強調したいからに他なりますまい。
これも、親父さんに備えたものじゃないかと思えるのです。

yuraku_love at 22:49│Comments(9)TrackBack(0)J-REIT 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 雪風ファンド   2008年11月18日 23:52
さらに言えば、既に新スポンサーの渡りも付いているからこその決定と深読みできないこともないような・・・。ま、完全に妄想の類ですが。
2. Posted by えび   2008年11月19日 00:04
私はこの発表を見て、日コマの資産運用会社もPPTも所詮はパシフィックHDの子会社、同じ狢のはずでいったい何を言ってるんだろう??パシフィックHDのリストラ、あるいは運転資金を調達するために日コマの資産運用会社を売り払りはらうための準備かな??と思っていたのですが、日コマとその資産運用会社のパシフィックからの離反という考え方もあるんですね。
願わくば良いスポンサーについてもらいたいものです。
3. Posted by yuraku_love   2008年11月19日 00:17
雪風さん、わたしもまったく同じことを思ってしまいました。
親も運用会社もすでに新スポンサーとそういう話をしている(or開始している)ので、その際の障害となることを取り除いているのではないかと。

まぁ、特に根拠ない話ですが。

大和ハウスがスポンサーになったらいいんですけどねえ。大和ハウスリートの上場は取りやめになりましたが、このリートの内容は商業施設と物流施設。商業施設は日コマに押し込めないこともないですから、日コマを取得する意味はありげです。増資できるほど投資口価格が戻るのは当分先でしょうけどね。
4. Posted by ジロ丸   2008年11月19日 01:55
いつも本当に参考になります。
売主はSPC(パシがセットアップしたのか?)のようですので違約金そのものは、売主サイドのレンダーに取られて終わりでしょうね。
おそらくレンダーが強硬に質権を実行して、売買契約の履行を買主である日レジに迫ろうとしたが、(全く資金調達の目処が立たないので)何とかパシがレンダーを宥めて違約金分を返済させることで、納得してもらったというところでしょうか(私の妄想です。。)。
そうするとやっぱりパシが体を張って日レジを守った感じですかね。

確かにこの決着に落ち着くまでいろいろなドラマがありそうですね。
5. Posted by yuraku_love   2008年11月19日 11:13
レンダーにとっても困った事態ですな。少なくとも買主が傘下J-REITなら回収に不安はないと思っていたと思うので。

日レジは売買契約の違約金条項に沿って解約しただけだと思うので、パシが日レジを守ったという気はあまりしないです。むしろ、取得断念の発表がこんなに遅れたのは、パシが日レジになんとしても資金調達して引き取れと厳命していた可能性もあるかと。しかし、資金調達のめども立たず、分配金権利付最終日も迫る中、このままではニューシティの二の舞になりかねず、親を見捨てる形で取得断念を発表したのかなと思います。
6. Posted by asuka   2008年11月19日 11:15
3 なーんか可能性たかいんちゃう?
REIT のこれ以上の破綻は
許さないよーって
↑のほーから始動あったんじゃない^ ^
7. Posted by yuraku_love   2008年11月19日 11:56
かもしれません。
またJ-REIT破たんするともう一度10月10日の再来になりかねない。
J-REITというしくみへの不信感・不安感も強まる。
ニューシティでの教訓を生かすなら、お上も今回は座視しがたく、指導みたいなことをやってる可能性はありますな。
8. Posted by むぅ   2008年11月19日 12:14
「おやじさん」と読んでしまったのはわたしだけじゃないはず・・・
9. Posted by yuraku_love   2008年11月19日 20:08
実は、わたしも書きながらこれ「オヤジ」と読む人絶対いるよなとか思ってニヤニヤしてました。
やはりそう読みましたか。その指摘がうれしいです(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ブログ内検索
Recent Comments