アーカイブ

2014年12月

雪のいいところってなーんだ

わたしのなかの正解は これ。








image








かわいい。


肉球とか 爪とかまるみえ。






冷たいだろうに。

わたしも裸足で雪の上歩いたことあるけれど しもやけになったよ。(当たり前)
なんで裸足で 歩いたんだっけ。
なにか取りに行ったんだっけ。

いまとなっては とっても謎。


猫は、しもやけしないのかな。
肉球で 守られてるの?
犬とか、冬でも散歩したがるけど 寒くないのかな。





わたしが昔、飼っていた犬(♀)は 散歩中に雪に気を取られ

電柱に激突したことがあります。




犬なのに。







その日は 久しぶりの雪に おおはしゃぎして 「散歩!散歩!」と意気込んでいた。
赤いリードを見せると 体を回転させて 「うはー!♪」 と すさまじい喜びよう。
 

歩いているときも 「雪!雪だ!」 とるんるんで 歩いている。



すると











『ザザザーッ!』







油断していた彼女の横で 雪がすべり落ちていく。





驚く彼女。



ちいさく飛び跳ねる。









わたしが見逃さなかったことに気付き、恥ずかしかったのか、

雪を見て考え事をしている様子(フリ)。












「なんだよ、雪かよ。なんかもっとこう、すごいのが来たかと思ったよー...しかしまぁ 良く積もったもn『ゴツンッ!!!!!』








あほ。






「なに!?なにがおこった!?」 みたいな表情で。(笑)

まるで人間のようでした。










そんなことが起こる村の 最近の気温は  随時、氷点下。

道路が凍みてる。
スリップしちゃうね!(早くも経験済み)



村へお越しの際は 路面凍結に 十分ご注意ください。


















------




やっと報告できる日が来ました。





1月11日 日曜日。






祐理の   レコ発ライブを行います。


ワーワー!ぱちぱち!ドンドン!カンカン!



報告が遅くなってごめんなさい。


ひとりでも多くの方に 出会いたい。
そして 一緒に音楽の空間を共有したいです。


素敵な夜にします。
ぜひご来場くださいませ🌺






Phoebe-フィービィ-


DAY            111日(日曜日)

START/OPEN  1700/1730

PLACE        宮内オリエント高津店2F

TICKET       前売¥1000 / 当日¥1200

CAST         アオゾラ、みのり、祐理...And More

お問い合わせ   yuri.6212.m@gmail.com







 


 



また!




出雲アポロでも ライブが決まっております!





APOLLO PRESENTS!!ACOUSTIC 新年会!!



DAY            1月24日(土曜日)

START/OPEN  16:30/17:00

PLACE        出雲 APOLLO

TICKET       前売¥1500 / 当日¥2000

CAST         tomoべつ 、Aine.、みのり、湯村章平、遠藤波津輝、祐理、門脇大樹、長岡将太、Taku











出雲へ行くのは 一年半ぶり。

わたし自身も とても楽しみにしています。







チケット予約等は メッセージ、リプライ、お問い合わせ先にて 受付中!


お待ちしております。




















-------








寒さのあまり スリッパを出しました。




 



image






まりも。






ではまたね!






Dear...

ついに村の気温は 氷点下を記録しました。



寒い!

車のハンドルが氷のようだし パソコンのキーボードがドライアイスのようだ!(言い過ぎ)




辺り一面、雪で真っ白です。

益田市まで行くと 全然積もっていなくて驚き。


なにが違うの? 交通量?




村民は 今日も元気です。
ただ、心にぽっかりと 大きな穴が空いています。



12月4日、ちょうど10日前。


わたしの大好きな大好きなおじいちゃんが 逝去しました。
77歳でした。



まだ全然信じられなくて いまもどこかにいるような気がしています。
「信じられない!」という言葉は わたしが思っていたより とてもすっからかんな感情。
本当に 信じられない。 頭も追いつかない。

涙もすごい。
感情が出る前に 涙が出ていて 止めようと思っても止まらなくて
じゃあ思う存分泣こうと思ったら 急に止まったり。


少しずつ弱っていく体を それを頑張って治そうとする姿を
ずっと隣で見ていたから 
本当に 最後、布団で横たわっているおじいちゃんを見ても
全然納得がいかなかった。


呼吸が止まった。 でもまだ心臓が動いてる。

心臓が止まった。 でもまだ体があたたかい。

冷たくなってきた。 でもまだこの手はやわらかい。

固くなってきた。 でもこの人はわたしのおじいちゃんだ。


そんな風に思っていて 「いまにも喋りそうね。」「寝ているみたいね。」なんてものじゃなかった、わたしにとって。


生きている。


そこで おじいちゃんが おじいちゃんのまま 横になってる。



だから 頭より感情より先に 涙が出る。






わたしのおじいちゃんは とても優しくて 強くて おだやかで 働き者で
ひとりの人間として 尊敬する人でした。

わたしがおばあちゃんになっても あんな風に生きれはしないだろうと思う。

本当に すごい人。


そんなおじいちゃんに恥じない生き方を していこうと思います。









わたしは ずっと 神様とか仏様とか信じていませんでした。

神様がどうにかしてくれるとか仏様に祈ればどうとか、
そんなことは今でも信じていません。(あくまでわたしの気持ち)





けれども、誰か、そんな存在が いてほしいなって心から思っています。




天国があってほしい。




この世の次があってほしい。





そしていつか 再会して ふざけあって あほみたいに笑いあいたいです。




会いたいとか 声を聴きたいとか 想う日はきっとこれから何万回と訪れるでしょう。
でも いまはキリがないから やめておくね。



ずっとずっと大好きです。
いままでありがとう。






かわいいかわいい孫より(自称)











IMG_20141206_071638











またね!



冷たい。

足がしんしんと痛む。



わたしのこの手よりあたたかい胸だった。
やわらかい肌だった。

いないことに なんだか違和感を覚えている。



明日は少しくらい晴れるかな。



このページのトップヘ

見出し画像
×