絶対恋愛Sweet4月号

空木朔子先生の委員チョシリーズ、ついに最終話ですよ〜。
以前の紹介文はこちら〜。
その1
その2
その3
その4

かなりこちらでもプッシュしまくった作品ですので、いまさら紹介しなくても皆さん購入されてるのではないかとは思いますが、やっぱり一応とりあげます。

最終話ということで以下ネタバレ。
・「うまくいかない恋」(空木朔子)
百合度★★★☆☆

「どうなるんだろ〜」とヤキモキした作品でしたが、最終話は波乱万丈の展開でした。
兄いちゃんの結婚が唐突に決定。相手はもう妊娠してしまって後戻りが出来ないような状態。
ふーこれでお兄ちゃんとのルートは吹っ切れたかと思いきや委員チョにも妊娠疑惑が!
「いっしょに育ててあげる」と優しく言ってくれるひなのが良いですね。
どうして良いか分からなくなった委員チョは川へ入水自殺を試みようとしますが、川なんかにつかったくらいで死ねるわけもなく、あっさり断念。そこを助けてくれたのはお兄ちゃんの婚約者だった。良い人なのでした。
お兄ちゃんとはなんとか吹っ切れた委員チョ。しかし後はひなのとの関係が残っています。恒例のHをするものの委員チョの心には「これではいけない」という思いが。
このへんの展開はめっちゃせつないな〜。
「ひなののこと捨てないで!」
泣けます……。
ナイフをとりだして「委員チョを殺してひなのも死ぬ〜!」
そんな修羅場を救ったのは以前の悪役の神父だったのでした。

ラストは「Kissingジェシカ」を思わせるようなエンドだったかなぁ。ここまでの道のりを考えるとほんと泣ける……。


■さて、作品の総括ですが、非常〜に百合度の高い作品だったことは言うまでもないと思います。
「絶対恋愛Sweet」といえば、以前にも三国ハヂメさんが百合ものを書こうとした時に編集の意向で男性を介入させられるなど、百合に対して完全に許容されきっていない部分もありますが、しかしその中で百合モノとして連載を続けられたのは快挙といって良いでしょう。

「うまくいかない恋」はおそらく単行本化されると思いますが、そうなれば単行本レベルでの百合度は一番高いティーンズラブコミックということになるかとおもいます。出来れば他のところで書いてた百合モノ(こっちのほうが作品単体の百合度は高い)まで収録されると神だな。(出版社が違うから無理っぽいけど…笑)

単行本化した暁には是非うちのサイトでもPRしたいものです。