やぶうち優と言えば個人的には「水色時代」より「KAREN」のほうが好きだったんですがそれはさておき、最近「ちゃお」にばっかハマってる日々でして、その中に載ってるやぶうち優先生の作品もやっぱり良いなぁと再認識してしまったんで、ちょっと前の作品も買ってきて読んでるんです。
やぶうち先生といえば大きいお友達にばかり人気があるような印象なんで今までちょっと倦厭してたんですが、そういう視点で読まなくても充分面白い作品を描く人ですね。

ぴゅあ・ぴゅあ
「ぴゅあ♥ぴゅあ」やぶうち優

百合度★★★☆☆

人間界に修行にやってきた天使(るう先生)と人間の少女(みるく)の交流のお話です。
天使は小学校の教師に化けているので女教師×女生徒という構造も楽しめます。天使の力をつかって困ってることを助けてもらったりしながら自分が成長していくことを学んでいくお話です。
冒頭からみるくの隣でいきなり寝てるるう先生良いね。
天使の力で助けられながらふたりは交流を深めていきます。
途中から主人公の少女と天使の先生の仲を嫉妬しているような瞳子ちっくなツンデレ娘も登場して百合度もアップ。
「るう先生ってみるくのことひいきしてるんじゃない!?」
「だっていっしょに住んでるし、どうみてもあやしいわよ!」
萌えます(笑)。

ラストるう先生が天界に帰ってしまうシーンが泣ける。
笑顔で見送ろうとするみるくですがついこらえきれず涙を流してしまいます。
いったん別れたゆう先生ですがみるくのことが忘れられず、なんと人間の子供として転生して成長して教育実習生となったみるくと再び再開することになる、というエンドです。

作品自体は少々制作にどたばたしていたらしく、消化不良なところも探せばいくつかあります。例えばるう先生が転生するオチとか設定が深く描かれていないですし。う〜む、やはり男女の恋愛でない女教師と少女の話というのは売れないので打ち切られたんでしょうかねぇ。もっとたくさんエピソードを読みたかったぞ。
しかし転生オチが深く描かれていないせいでるう先生に婚約者がいるとかいう設定もうやむやになっているのでまぁ良いか。
この作品は良いシーンがたくさんありますしね。やはり少女漫画は良いなぁと再認識した一本でした。


■ついでにやぶうち作品をもう一本紹介。

君が舞い降りてきた
「君が舞い降りてきた」(やぶうち優)

これも百合物件と言うよりは単なる私の趣味なんですが……。

・「私立ふしぎの幼稚園」
百合度★☆☆☆☆
幼稚園児(扶美)と女子高生(命)が入れ替わってしまう話。
お互い相手になりたいという気持ちが入れ替わりのきっかけになってしまいます。
基本的には扶美の兄をめぐっての三角関係ですが、最初なつかなかった幼稚園児が交流をしているうちに心を開いていくのはちょっと良いです。

百合ではないけど表題作など他の作品も非常に良いのでおすすめ。まぁ百合目的だけで買うのはきついでしょうが。


■この作者さんの作品では他にも「おちゃらかほい」なんかにも修学旅行で女子同士お風呂で胸を触りあったりするシーンもあったし「水色時代」でも探せば百合なシーンはいくつもありましたよね。
結構百合属性がある作家さんなのかもしれません。今度「ないしょのつぼみ」も読んでみますか。