コミック百合姫 VOL.1 [雑誌]
コミック百合姫 VOL.1
百合度★★★★★

今年2月に読めるはずだった「百合姉妹」、さんざん待たされましたが出版社、雑誌名を変えての新創刊という形でようやく手に入れることが出来ました。
百合サイトの管理人としては、別に専門の百合雑誌がなくても一般雑誌に細々と載ってる百合作品を紹介していけばサイトの評価は上がるので問題ないのですが、やっぱり一読者としては楽をして百合な作品を読むことが出来るので幸せですね。
[es]2巻に続けて百合な専門誌を読むことが出来て、改めて幸せを実感している次第です。

雑誌のほう、表紙は上の画像の通りピンクを基調とした乙女チック路線で相変わらず本屋のレジには持っていきづらい感じ。ちなみに裏はソービとリツカの「LOVELESS」ホモコンビがいちゃついてます。これはこれで恥ずかしい人は恥ずかしいかも。
通販だと中身分からないように梱包してくれるので問題ないです。amazonはあるけど7&Yは……商品が置いてないみたいですね。やはり雑誌は扱っていないからか。

感想を書こうかどうしようか迷ってたんですけど、結局書いてしまいました。(^^;
百合作品読み終わったら感想を書いてしまうのはほとんど癖ですね。う〜む百合サイト運営者の悲しい性か。
一応アップしておきますけど、単なる個人の感想ですので議論の叩き台にしないでくださいね。

今回は一応ネタバレ対策をしておきましょうかね。「マリア様がみてる」もそうだけどこの雑誌も先に作品の感想を言われてしまうと面白さを損ねたと感じる人がなんとなくいそうですから。
というわけで以下ネタバレ。
まさか林家先生とみるく先生の単行本発売が決定とは!
その代わり雑誌はムック扱いではなく完全に雑誌になってしまうようで、つまり雑誌は次の号が出たら前の号はさっさと絶版、保存は単行本で、ということになりそうですね。
「百合姫」本体が欲しい人は早めに買っておいたほうが良さそうですよ。あとで買おうとしてももうないかも。
これはこれでリスクが大きそうではありますがやるからには応援したいと思います。

・「ストロベリーシェイクSweet」(林家志弦)
全身マッサージ……想像が膨らんで良いですね(笑)。個人的にはこの人は耽美百合のほうが読みたいですが、こういう馬鹿馬鹿しいギャグを描く人は好きです。少年漫画的ではありますが。

・「くちびるにチェリー」(森永みるく)
またもや神降臨か(笑)。
毎回神レベルの作品を発表していて、今度こそは外すんじゃないかとファンとしては余計な心配してたりするんですが結局今回も神作品なのでした。
女の子を好きになってしまう自分を隠そうとするんだけど隠し切れない……そんな百合好きなら誰でも読んでみたいが描き切ることの出来る作家は少ないテーマを完璧にしあげています。
みるく先生の百合作品は他の作家とは別次元のすごさがあるように感じるのは私がみるく先生の信者だからでしょうかね?

・「ショートカット」(タカハシマコ)
好きな娘となんでも同じにしたい、という気持ちはなんとなく共感できるような気がします。

・「晴れに舞う雪」(日輪早夜)
騎士(♀)とお姫様。ファンタジー系の百合ですね。それは良いのですがちょっと女の子の顔が描き慣れてないような……。香水の臭いが同じで誤解するエピソードは面白かったです。

・「アリスタンばっくくろっぷ」(井上眞改)
つかさとまっつんの話がesに行ってオリジナルが「百合姫」に来るとは意外だった。ちょっとぐるぐるした話ですね。なにがなにやら分からなかった部分も多いのでもう一回読み直しておきます。

・「First kiss前編」(蔵王大志&影木栄貴)
う〜む、「百合姉妹」Vol.5を読んで、続きが気になる終わり方をしていたので、新創刊されてどうつなげるか一番心配していた作品なんですが……。やっぱり前編の再録からやりなおしになってしまいましたか。ちょっと残念ですがしかたないことでしょうかね。
対談は特に後半部分はうちのサイトの考え方と一致しているので共感しました。

・「初恋姉妹」(東雲水生)
ティーンズラブ描いてる時とだいぶ雰囲気が違うように感じますね。これも良いけどやはりTL作家はHありの百合漫画を描いたらどうなるかみてみたいような気がする。

・「ことのはの巫女とことだまの魔女と」(藤枝雅)
例によって私の趣味ではないのですが、作画などはレベル高いですしこの作家さん目当てで「百合姫」買う人もいそうなんで良いんじゃないかと思います。作家コメントの「乙女心が欲しい」はなんか気持ちは分かる(笑)。案外こういう人はBL描いたらレベル高いものが出来るんじゃないかと思うんですがどうでしょうね。

・「南波と海鈴」(南方純)
確か昔2chで「マリア様がみてる」のお絵かき掲示板作ったことを告知して、その後巨大サイトになったCさんですね。
昔サイト見てましたよ。商業誌でデビューできるところまで出世したようでなによりです。
ただページ数が少ないせいか漫画はまだ実力を充分発揮できてないような気がする。まぁ絵の実力は充分ある人なので慣れるのは時間の問題だと思いますが。

・「少女美学」(CHI-RAN)
これはみるく先生の作品の次に良かったです!
まぁいちゃいちゃしてるだけの漫画っていえばその通りなんですけどね。でも「百合姉妹」Vol.5の時と違ってページ数も多かったしなんとなくキャラクターの顔立ちも年齢が上がってるように感じられて、昔「美粋」の文通コーナーでみたイラストの雰囲気と近くて非常〜に良かったです。
そうだよな〜。「美粋」の時もCHI-RAN先生のこういう漫画が読みたくてしょうがなかたんだよな〜。長年の夢がかなったようで満足です。

・「桃の味」(森島明子)
ページ数少ないので評価しづらいですが、もっとたくさん読んでみたいと思わせる短編でした。

・「レッツゴー天国」(いずみゆう)
まだ絵柄、ストーリーとも荒いような気がしますがこれはこれで味があって良いです。
公式サイトを覗いてきたところ女の子絵もお好きなようですし、将来が楽しみな作家さんだと思います。

・「続・ユリム童話」(文:瑠璃歩月 絵:佐倉汐)
ん?ちょっと文章抜けてない?それはともかく話は百合好きの妄想をそのまま再現したような童話で馬鹿馬鹿しくて良かったです。
イラストも百合好きの趣向に合っていて良いですね。

・ピンナップ(高河ゆん)
これは子供時代のこーやとやまとでしょうかね。男の子と区別がつかないなあ。がゆんの♀×♀は♂×♂とほとんど表現が同じなのであまり大差はないのかもしれませんが。しかし大人時代も見てみたかったぞ。

・ピンナップ(佐倉汐)
女狼に今にも食べられそうになっている赤頭巾ちゃんですね。これ良いなぁ〜。

・百合姫の本棚
百合漫画紹介に「ララナギ」が載ってるのが嬉しい♪

・百合カップリング!?選手権 アニメ編
さすがに一迅社だけあって「LOVELESS」の扱いは大きいです。
「極上生徒会」、れいんちゃん先輩がりのの肩に手をかけてるシーンで「思わぬ急接近にドッキドキ☆」っていったい……(笑)。
本当にアニメ放送をみてないのがそれともギャグなのか……。(^^;

・エッセイ(三浦しをん)
実話ネタ……というか作者自身の体験談はピンと来ないような。「体験談に萌える!」とか言うと批判する人もいるし、難しいですね。
そんなことよりイラストを星野リリィが描いてることのほうがびっくり!ついにここまで手を伸ばしてしまうとは……。

・エッセイ(森奈津子)
う〜むちと薄いような気がするな。前号よりは良くなったけど。奈津子先生!エッセイは良いからまた百合な少女小説書いてください!「あぶない学園シリーズ」の続編が読みたいです!


さてとりあえず簡単に感想を書いておきました。いくつか抜けてる部分もあるし雑誌もまだ一読しただけなので、あとで改訂版を書くかもしれません。