スイッチを入れて
「スイッチを入れて」空木朔子

うちのサイトをご覧の方はもうほとんど知ってるんじゃないかという作品なんですけど、やっぱり取り上げずにはいられない、ということで紹介します。
ティーンズラブ(女の子向けH漫画)百合に興味があるという人は是非。百合度も高くクオリティ的にも申し分ない作品を収録してますのでTL百合入門にはうってつけの作品だと思います。TLで一本選べ、と言われれば迷わずこの作品を勧めますね。
男性向けレズエロしか知らない人にはこういう作品は新鮮に映るのではないでしょうか?話はえっちなんですけど、ちゃんと女の子の視点から話が描かれているところがすごいです。


・「バイブスイッチ」
百合度★★★★★
「誰にも言えないマル秘 究極のH」収録時「誰にも言えない」というタイトルだった作品です。

えっちなことに興味はあるものの学校ではお堅いイメージを破れずにいる委員長が、ある日大人のおもちゃ(ローター)を生徒から没収したことからその生徒(ゆふ)とえっちをしてしまうお話です。
えっちが終わった後、「かわいかったなあ〜委員チョ」と満足するゆふが良いです。

・「ナツスイッチ」
百合度★★★★★
「誰にも言えないマル秘 夏休みのH体験」収録時「夏のお嬢さんたち」というタイトルだった作品です。
「バイブスイッチ」の続編です。相変わらず学校ではお堅い委員長。成績表の結果は良かったものの、夏休みだというのに誰にも遊びに誘われる事もなく、可愛い服を買いたくてもお店で緊張してしまい、「お勉強ができても、女の子としての偏差値ゼロだ」と嘆く日々です。
また買いたい服のあるお店の前で躊躇していたところ、現れたのは前回えっちをしてしまった相手のゆふ。
「一緒に入ろ!」と誘われお店で試着し放題。遊びまくって体が軽くなったところでまたゆふとえっちしてしまいます。
その後ゆふと遊びまくっていた事が学校の皆にもバレてしまい、素顔を知ったクラスメイトも委員長と仲良くすることが出来た、というお話です。
ラストで「あたしは好きだけどな、委員チョのこと」といいつつほっぺにキスするゆふが良いです。


■百合以外の作品も収録してますがこちらもレベル高いです。この作者さんは女の子描くのもうまいけど格好良い男性を描くのもうまいんですよね。
あとがきで「レズ漫画描いてるとは家族に言えない」と仰ってますがティーンズラブで百合を描けるなんて最高に優雅な暮らしだと思いますよ〜。漫画を描けない百合好きにとっては雲の上の世界ですね(笑)。