百合情報を募集したところ、さっそくいろいろ情報をいただきました。ありがとうございます!
最初は森野このはさんの提供してくれた情報から。


あなたとスキャンダル(椎名あゆみ)


「りぼん」に掲載されていた作品ですが私は「りぼん」を読んでなかった時期もあるので(90年代前半は「なかよし」読むことのほうが多かったかも)これは「りぼん」本誌で見かけたことはないです。
しかし本屋で立ち読みした事がありますね。うちのリストにも入れようかと思ったんだけどあまりに記憶があやふやなのでやめておいたのでした。確か女性だと気づかずに恋に落ちてしまった主人公が女性と分かった後も求愛を続けるのですがなんだかんだいって最後は男の子とくっつくお話だったと思います。
90年代以前は百合というジャンルが恵まれていませんでしたが、そのことを象徴しているような作品という印象を受けました。
女の子が女の子を好きになっても、結局は一時の気の迷いに終わる、あるいは悲劇に終わる、というような……。まぁ今になってみればそれも懐かしい思い出ですが。

以下このはさんの紹介文。
主人公の女の子が電車の中で気になってたカッコいい人は実は女だった、という話。
で、いろいろありつつ一緒にバンドをやっていくのです。
結局は二人を引き合わせた男の子とくっつくのですが、ラストの相手の女の子の一言がたしか…「あと数ヶ月くっつくのが遅かったらやばかったかも」うろ覚えで申し訳ないのですが、「そっちのほうがみたかった…!」と思ったのは言うまでもありません。



クレセントノイズ(天野こずえ)


「ARIA」で百合好きにはお馴染みの作者さんですね。この作品も本屋で立ち読みしたことはありますがその本屋にあった巻には百合カップルが見当たらなかったのでそのままスルーしてしまいました。このはさんによると4巻が百合的に見所のようなので今度そのへんからチェックしていこうかと思います。

以下このはさんの紹介文。
ARIAのこずえ先生の、Gファンタジー時代の作品です。
メインが男3人女2人なのですが、BL,GLの香りがします。
とても簡単に言うと、人の負の感情を吸い取って、生きられなくする敵を倒していく話です。
この中で特にお勧めなのが、4巻の天文部の話です。
先輩が好きすぎて敵に魅入られてしまう一年生の苺ちゃんが切ないです。
話は彼女がすきなのは部長(男)と見せかけて実は副部長(女)だった、というのが最後に分かる伏線も好きです。



悪魔事典(巣山真也)


この作品は全く知りませんでしたね。今度チェックしてみます。

以下このはさんの紹介文。
非常に百合度は高いです。
基本は悪魔のミルキィのしもべにされてしまったヒロユキが中心なのですが、どちらもオクテで全然進展しません。そんな二人よりも、ミルキィのしもべのアーテリーがむちゃくちゃかわいい。
ヒロユキに思いを寄せるクラスメイトの天然黒少女理奈と後輩で打倒ミルキィのおバカエクソシスト誠がじゃれあってると萌え。
ミルキィが好きで追いかけてきたお色気かわいこちゃん好きなフレイと、そのしもべでアーテリーいじめが趣味のヴェインが可愛い。
絵柄は安定してませんが、テンポが好きです。



森野このはさん情報ありがとうございました!
百合、ほんとにメジャーになると良いですね。うちのサイトの活動というのもほとんどそのためにやっているようなものですし(笑)。
体調にもお気遣いいただきありがとうございます。このはさんもお気をつけて。またどうぞ〜。

貧乏姉妹物語 1 (1)
貧乏姉妹物語 1 (1)

鳥さんの情報です。鳥さんは以前にも匿名でメールフォームで投稿してくれたことはあるそうですが今度からHNを固定してくれることになりました。HNを固定してくれるといろいろ情報が安心できるのでありがたいです。
私もこの作品はチェックする予定だったのですが、本屋に行く暇がないのでまだレビューが書けなかったんですよね。新刊の紹介文を先に書いてくれてありがとうございます。

内容はタイトル通り、貧乏だけど仲良しな姉妹が二人で協力して暮らしていくといった、ほのぼの系のお話です。ちなみに、この作者さんは「いずみ」という別PNでまんがタイムきららに「ちょこパフェ」を描いていた人です


■百合情報をくれた方、ありがとうございました!
しかし毎回思うのですがメールフォームで頂いた情報は結局掲載してしまうのでこっそり送ってもらった意味がないかな〜とも思って紹介する方法をいろいろ悩んでいたり。物件の名前だけ紹介するという手もありますが、せっかく書いてくれた紹介文なので皆さんにも読んでもらいたいですしねぇ。紹介文だけ「続きを読む」の後に書いたほうが良いかな?