「華!愛舐女学院」「いおの様ファナティクス」amazonから届きました。まだ全部読んでないけどどっちも良さそうな感じ。「華!愛舐女学院」は「聖愛舐女学院」が再録されてるので持ってる人はちょっと注意。でも後半は女の子同士絡んでる絵が多いので良さそうです。
藤枝雅先生の作品は「百合姉妹」等いろいろ読んできたけど、「いおの様ファナティクス」は一番好みの話になりそう。


■読むのが遅れている理由は「紅い蝶」またやってるからです。「刺青の聲」やり終わったら無性にやりたくなって6週目……。こうなってくるともう病気ですね。霊に魅入られてしまったのかも。
ED1もあれはあれでありだとは思うけど、やっぱり作品として一番完成度高いのはED2だよな〜。(以下ネタバレ)
目の見えなくなった澪と一緒の繭……エンディングの最後の一瞬、なにか幸せそうな顔に見えてしまうところがゾクっとします。単純なハッピーエンドではないですがこのEDはいままでプレイしたゲームの中でも最も感動したEDのひとつです。
「刺青の聲」も良い作品だったとは思いますけどねぇ。ED2があまりに手抜きなのが残念。せっかく助けてやった蛍はラストまでぐうぐう眠ったままだしEDは別CGすらなくてスタッフロールに写真が数枚……てなんじゃそら。明らかに制作時間が足りなくて投げてしまいましたって感じじゃないですか。おかげでそれまで良かった印象がかなりイメージダウンしました。画龍点睛とはまさにこのこと。
でもまぁ過程は悪くなかったので(恐怖演出は完璧だった)、またED2(というかこのゲームでの澪と繭の扱い)のことを忘れたころに再プレイするかもしれません。