性教育的指導
性教育的指導(西川康)

烏鷺さんの情報です。
全く知らない作品でした。烏鷺さん情報ありがとうございました〜。


「白い花の舞い散る時間」についてさっそく情報をHanaさんからいただきました。

コバルト「白い花の舞い散る時間」読みましたが、百合要素はほとんどない感じです。
前半、メインの女の子たちが集まってお泊まりすることになるくだりは結構良かったものの、甘い雰囲気は残念ながら少なめ。
また女の子の登場率は、男の子が1人だけ、中盤から終盤にかけて少し出る程度なので、それなりに高いです。
ただメインの女の子のうち2人から、男性が好きという台詞が飛び出したりもします(実際に交際してる場面などはないですが)。
強いて言うなら終盤に、強い姉妹愛を匂わせる台詞が少し聞ける辺りが、百合的な見所ですかね。
作品としては興味深く読めたので、過度な百合への期待を持たなければ、楽しめるかと思います。
「歌姫」のほうは前作を読みまして、個人的に「マリアさまがみてる」を彷彿とさせる箇所があって、ちょっとあからさまに真似してるっぽく思えてしまったので(実際はどうか分かりませんが、個人的な印象で)、今回は見送りで(笑)。


Hanaさん情報ありがとうございました。
なるほど、まぁ百合度的には予想通りといったところでしょうかね。特に恋愛要素がありそうでもなかったし。
しかし直接的な百合描写でなくても、お泊りとか姉妹愛とかは良さそうです。作品として面白いのもポイント高いです。
「歌姫」は「マリア様がみてる」に雰囲気近いんですか。「マリア様がみてる」を好きな人には良いのかな?