僕と彼女の××× 1 (1)
僕と彼女の××× 1 (1)

僕と彼女の××× 2 (2)
僕と彼女の××× 2 (2)

僕と彼女の××× 3 (3)
僕と彼女の××× 3 (3)(森永あい)
百合度?????

「ARIA」等と同様、昔男性読者多い少女漫画誌「ステンシル」で連載されていてその後女性読者多い少年漫画誌「コミックブレイド」に移って連載を続けている作品の待望の第3巻が発売されました。

一応1巻からの流れを説明しますと、男女入れ替わりの作品で、桃井と椎名は元々女同士の親友だったのですが、桃井が機械で主人公の上原(♂)と体が入れ替わってしまいさあどうする……ということなんですが、これが桃井のほうは全然違和感がなく、元々親友だった椎名と恋人同士として普通に付き合いはじめてしまうことになってしまう話です。
そんなわけで中身は女なものの外見は男なので、ビジュアル的に女同士の絡みを見たい、という人には向かないかもしれません。
ただ椎名×上原(3巻表紙で手を繋いでるふたり)の絡みがちょくちょくあるのでビジュアル的にも見所がある……のかな?上原はもちろん♂ですが(笑)。

今回も非常に面白くて爆笑しっぱなしでした♪
桃井×椎名の仲も進展していますよ〜。今回はキスまでしてしまいました。このふたりは完全に相思相愛ですし、このままどこまでも進展していきそうな感じです。
おじいちゃんがせっかく元に戻れる機械を直してくれそうだったのに、今のまま椎名とラブラブでいたい桃井が、それを壊してしまうとは……。そこまで椎名に執着してるとは思わなかった(笑)。

作品は全体的に主人公とその友人の千本木ホモ関係のほうが中心に描かれています。さすがにこちらは主人公は激しく嫌がっていますが(笑)。まぁこれはこれで面白いです。(この作品は多分百合ファンよりやおいファンのほうが圧倒的に多いと思われます)
あと互いに入れ替わった主人公と桃井の恋愛も少々。百合以外にもいろいろ見所があります。

いやはや、今月は「百合姫」「少女セクト」のような万人向けの百合作品は少ないですが、「けだものだもの」など、私好みの百合(?)作品は目白押しでウハウハです(笑)。
万人向けではないんですが、こういうのはサイト作成側からすると更新するのが楽しかったりするんですよね。

しかし3巻が出ることになって初めて知ったのですが、なんでもこの作品、劇場版が公開されるそうですね。びっくりです。
公式はこちら。
マイナーで私くらいしか知らない作品だと思っていたものが、とんだメジャー作品になってしまったようです。
正直実写は個人的にはあまり好みに合わないかなぁ〜とも思うのですがでもたくさんの人にこの作品の良さを知ってもらえるのは嬉しい事です。

「ビジュアルガイドブック」、というものも今月28日に発売されるようです。書き下ろしコミックが入るらしいのでそれは読みたいな……。