ツインズ
ツインズ影崎夕那
百合度★★☆☆☆

これってまだ紹介してませんでしたよね?うちのamazon紹介リンクから売れてたんでなんか紹介したような気がしてきてしまいましたが確かまだだったはず……。
タイトル通りの双子モノです。お互いに愛し合っていた……と見せかけて姉のほうは甘えてくる妹のことが嫌いだった。しかし実は妹はいつも寂しそうな姉のことが心配でそれを埋めようとしていたのだった。それに気づいた姉も妹に心を許すようになって……。
♂が出てきますがラストはほとんど蚊帳の外です。
影崎先生の百合作品というのは、単純にラブラブでなく、屈折しまくりなところが好みです。
もちろん絵もうまいし絡みシーンもあるので一見の価値はあるかと。双子好きは是非。


■せっかくなので影崎先生の他の作品も紹介。100%百合なのは単行本レベルでは出てませんが、微妙に百合を含んでいる作品は結構ありますよ。

Confine
Confine
百合度★★★☆☆

該当作は「神かくしの魔」(百合度★★★★★)「魔女の集う場所」(百合度★★☆☆☆)影崎先生らしく超ダークです(笑)。
7&Yだと品切れだけどamazonはまだあるらしい。


桜の一番!

百合度★☆☆☆☆

基本はお兄ちゃん×妹ですが、操×朝見とか月子×朝見とか朝見母×操とか微妙〜に百合な雰囲気があります。特に操×朝見が良い。

HA・I・KA・RA-MONO
HA・I・KA・RA-MONO
百合度★★☆☆☆

『HA・I・KA・RA』の新装版。収録作品中の『函入童子』が百合(百合度★★★★☆)。主人公の母親が高校時代にキスした相手(ざしきわらし)の事が忘れられずに、女しか愛せない人間になってしまいます。一方ざしきわらしも母親が好きで、一緒に暮らすために主人公を依り代にしようと、あれやこれや画策します。旧版がほとんどカラーだったのに比べて、新装版はほとんどモノクロなのが惜しいかなあとも思ったけど、どっちみち該当作品は巻頭以外モノクロだったので、百合好きにはあんまし関係ないか…。

ヴァンパイア猫娘騒動譚
ヴァンパイア猫娘騒動譚
百合度★★★☆☆

脇で百合カップルがいます。主人公もあやうくペットになりかけますがなんとか逃れます。残念(笑)。

Accent
Accent

こちらの作品にも実は百合作品が収録されてます。4ページの上結ばれませんが(笑)。


かりん


こちらの作品が影崎先生の代表作だと思うんですがまだ読んでません。忙しくなけりゃ絶対読んでたと思うんですが。百合はあるのかな……?


■あと雑誌掲載作品でかなり百合度の高い作品(「くだもの大行進」だっけ?)があったという話を以前Hanaさんに教えてもらったような記憶があるのですが良く知りません。
きらら系にも性転換系の百合(?)作品があったんだっけ。
とにかくこの作者さんは百合属性強そうですね。