ブログネタ
おくさまは女子高生 に参加中!

PERIDOT(こばやしひよこ)

百合度★★★☆☆

女の子ふたりが主人公の話だし、妄想レベルでは1巻からも百合といえなくもない作品だったんですが、4巻5巻には本格的な百合娘も登場するし肉体的な百合の絡みも見られます。
私は一応旧版で1巻から揃えていたんですが……どっかいってしまいました。押入れに眠っているかあるいは百合がないことに物足りなさを感じて売ってしまったか……。今思えばとっておけば良かったと思いますが。
で、今回4巻と5巻だけ買ってきました。4巻途中からの「藤崎忍編」から読み始めてもだいたい分かるんじゃないかな〜……と思うんですがどうでしょうね。

奥手だった友人(楓)に恋人(忍)が出来た……と思ったらこれが実は女の子だった、というのが話のはじまり。その後マヒルが追跡したところ、忍は別の男の人とも付き合っているらしい。問い詰めたところ、忍は初美さんという女性に気に入られて、つい興味半分で肉体関係を結ぶまでの仲に進展するものの、結局忍は他に好きな人が出来て気持ちが離れていき、なんとか別れるために楓を初美に貢ぐために付き合いだした、ということが分かります。
そんなわけで誘い出された楓は部屋で縛られて裸にされて、初美さんの餌食にされそうになります。
「きゃ〜カワイイっ♥では、いただきま〜す♥」楓の裸を目の前にして目の色が変わってしまう初美さんが面白いですね。きわどいところまでいくものの、マヒルが助けにきて未遂に終わります。
その後格闘の末なんとか初美さんに諦めてもらって忍も楓に正式に謝罪をして一件落着……なんですが、格闘しているうちに変な愛が生まれたのか、初美がマヒルのことをすっかり気に入ってしまい、後を追い回すようになった、というオチがつきます。

というわけで、百合カップルが成立しないのは残念ですが、初美は完全にガチの百合娘ですし、一時の気の迷いで初美と身体の関係を結んでしまう忍も必ずしも悪くないし、楓も忍が女性だということを薄々気がつきながらも「女性でももしかしたら愛せたかもしれない」と付き合いを続けていて、女性同士の恋愛に否定的でないところを見せています。

百合は4巻5巻がメインですが、全体的な作風はこばやしひよこ先生らしくむちむちの娘が裸を出しまくりな作品なので、そういう作風が好きな人には特に良いと思います。精神的な部分もそんなに悪くないとは思いますよ(4巻5巻以外は下品な男キャラが時々出てくるのがアレですが……)。