ブログネタ
少女漫画 に参加中!

女の子の食卓
(志村志保子)
百合度★☆☆☆☆

雑誌掲載時に1話読んで、短いながらも印象に残ったので買ってきました。

・「MENU 日曜日のお茶会マカロン」
百合度★★☆☆☆

雑誌掲載時にも書きましたが、転校してきてまたすぐ他の学校へ転校していく転校生とのふれあいのお話です。
自転車で転んだところを転校生に話しかけられて家に招待され、そこで食べたマカロンに感激してまた次の日曜日にもおうちに遊びに行く約束をして「(友達に)わーいわーいなれたのかなわーいわーい」と喜ぶ主人公。
最初は都会人気取りだった転校生も、なんだかんだいって友達が出来たのが嬉しかったようで、別れ際に「マカロン、私もはじめて食べた時感動した」と顔を赤らめながら告白します。
しかし日曜日に転校生の家に行ってみると、そこで転校生が前の学校の子たちと電話で話をしていて、前の学校の友達の前で転校生が自分のことを田舎モノ扱いしてるのを聞いてしまいます。
それでそれ以降疎遠になってしまうふたりですが、次の学校へ転校していく時にマカロンが主人公の家に届けられます。
それを見て泣き出してしまう主人公。
「あのお菓子は美味しくて綺麗で、ただとても壊れやすいことを知っています」と、転校生との共通点を語って物語りは締められています。

該当作以外は特に百合はないので百合目当てに買う必要はないかもしれませんが、その他の作品も切なくて印象に残る良い作品が多いので、少女漫画ファンならおすすめの作品です。
絵柄は超地味で商業色ゼロ(そのせいであんまり単行本が出ないのかも)、でも心には残るんですよね。