ブログネタ
百合 友情と恋愛の間? に参加中!

スパーク!!ララナギはりけーん 1
(もりちかこ)


スパーク!!ララナギはりけーん 2
(もりちかこ)


スパーク!!ララナギはりけーん 3
(もりちかこ)
百合度★★★★★


さてさてうちのサイト的に最重要な百合漫画の3巻が発売されましたよ。
2巻ラスト展開で「どうなるんだー!?」と引っ張られた方、お待たせしました(笑)。

今回収録されてるのは雑誌掲載時以下に書いた感想のお話。

第2部5話
第2部6話
第3部1話
第3部2話
第3部3話
番外編「恋するねずみ」

というわけであとがきにも書いてありますが、3巻はララがナギに情熱的なキスをしたラブラブなところで終わりです(笑)。
あとがきでそのことを知ってショックを受けるナギに「私が責任とるから」とララがプロポーズしますが「おまえに私がやしなえるわけねーだろ!」とつっこまれ「その意見リアル」とララ。確かに納得(笑)。

あと柱スペースで「ララのおんがえし」という昔話のパロディがありますがこれも面白かったです。
「けっして覗かないでくださいね」と部屋に閉じこもったララきつねがしてたこととは、ナギの着物の嗅いでいたことでした。めでたしめでたし?(笑)

2巻に続き今回も百合ギャグてんこもりです。
やっぱりララナギ良いなぁ。読んでて幸せな気分になります。
そんなララナギも来月号の「ちゃお」で最終回……うう、感慨深いなぁ。
少女漫画の百合作品というのは私がもっとも好きなジャンルだったものの、このジャンルはラブラブ展開な作品はほとんどなくて、悲劇あるいは一時の気の迷いで終わるという暗い展開ばかりだったのですが、この作品はひたすら明るい百合展開が続いていて、しかもそれが幼年向けの少女漫画で連載で続いてるという意味では本当にすごい作品だったと思います。
特に私は百合漫画と同様に明るい少女漫画というものも大好きだったので、まさに理想的な作品でした。
この作品がなければうちのサイトの去年のNo.1作品は「けだものだもの」になってしまっていてかなりサイトの印象も変わっていたことでしょう。うちのサイトがなんとか百合サイトらしく見えるものになっていたのはこの作品のおかげですね。本当に作品ともりちかこ先生にありがとうと言いたいです。


ところでこの3巻ですが、1件目の本屋では入荷してなくて2件目でようやく手に入れました。
1件目、「すぱあくららなぎはりけーんありますか?」と本屋の店員に尋ねたんですが「申し訳ありません入荷してません」との回答(幼年向け漫画なので聞くのが恥ずかしかったというのに)。
で入荷リストを見せてもらったんですが「モンキャン2」などの横には「2」とか数字がついてるのに「ララナギ3」の横は空白……つまり発売されると分かってるくせに入荷しなかったんですね。けしからん。
とはいえこの本屋はレディコミなど立ち読みさせてもらっている恩もあるのでそのままレディコミ買ってその場を後にしました。
2件目はなんとかゲットしたものの棚みたら2冊しか入荷してなかった。これじゃ私以外にあとひとり買えば品切れになってしまうのか。

1巻2巻の時も感じたんですがどうも「ララナギ」は本屋にあんまり入荷してないようですね。まぁ「ちゃお」がいくら売れているとはいえ、所詮少年漫画の売り上げには足元も及ばないわけですからしょうがないのかもしれませんが。
「ちゃお」自体は幼稚園〜小学生の女児には大人気なんですが、なにせ少子化の時代ですからちゃおコミックの入荷数も厳しいものがあるようです。
本屋を何件も回るのが嫌、もしくは確実に手に入れたい人は通販のほうが良いかもしれません。


1巻の感想
2巻の感想