ブログネタ
ARIA The ANIMATION に参加中!

ARIA 7
(天野こずえ)
百合度★★★☆☆

限定版の実物をちょっと見てみたいなぁと本屋を回ったものの見つからず、そうこうしてる間にamazonでも品切れ、高額なプレミアがついてしまう事態になってしまったので仕方なく今頃通常版を買うことになりました。さっさと限定版買っといたほうが良かったような気もしないでもないですがまぁしょうがない。

最新刊ですが、百合度は4〜6巻に比べてまた復活してきたような印象です。
ただ最後に藍華×アル君の話も出てくるのでやっぱり百合のみを目当てにこの作品を読むのは危険ですね。
「スターターブック」などを読むと、アニメ化の打ち合わせの中で出てきた話(オレンジプラネットの話とか灯里たちの子供時代の姿とか)をネタにした部分がいくつかあるような気がしました。

各話の百合的見所は以下のとおり。

「春の女神」
百合度★★★★☆

アリシアさんに「春の女神のような真珠の黒髪ね」と自慢の髪の毛を褒められて顔を赤らめる藍華。「アリシアさんに褒められるとホント嬉しいっ」
しかしバーベキューをやっている間にせっかくの髪の毛を燃やしてしまい落ち込みます。やっぱり女の子ですね。
せっせと慰めたり髪の毛のカットをしてあげる灯里とアリスちゃんが良い。
アリシアさんのようになるように髪の毛を伸ばして願をかけていたという藍華ですが、そんな藍華に晃さんは「おまえはアリシアにはなれん」と突き放しつつも「おまえはおまえにしかなれねーんだ!」と諭します。
後日バーベキューもやり直し、藍華も新しい自分を見つけることが出来たという話です。

「停電」
百合度★★★★☆
タイトル通り、停電のお話。夜暗いと眠れないという灯里のためにアリシアさんがお泊りしにきてくれます。
ろうそくを部屋中にともしてお茶を飲んだり非常に良い雰囲気です。
うっかりろうそくを全部消してしまい、アリシアさんにぴったりしがみつく灯里。そのまま寝室へ。最初は別々の布団に入っていたのですが、アリシアさんが隣のスペースを空け、ぽんぽんと叩いて灯里を呼び、ふたり一緒のベッドで眠ることになります。

「鏡」
百合度★★★☆☆
今度は灯里と藍華がアリスちゃんの家にお泊り。一緒にお風呂に入ったりします。
灯里と藍華とは親しく付き合うことが出来るのに、他の人の前では心を閉ざしたままのアリスに「笑ってごらん」と諭すアテナ。「ちょっとだけがんばってみようかな」と新しい心境になれたアリスでした。

「ヴァポレット」
百合度★☆☆☆☆
灯里に知り合いが多い理由を藍華とアリスが追跡する話。いつのまにか藍華とアリスのふたりも仲良くなれてしまったのはやっぱり灯里のおかげだと気がつきます。

「髪とヘアピンと私」
百合度☆☆☆☆☆
最後の最後にアルくんの話がきてしまいました(苦笑)。やっぱりこの作品、百合だけ目当てにしちゃいかんという話ですね。
この作品の素晴らしさは他にもいっぱいあるので、百合好きもできるだけ視野を広くして読むことが大切ですね。


■サイトをお休みしてた間一番ハマっていたのがこの「ARIA(AQUA)」です。2001年に旧版が出たときにも激ハマりしたんですが個人的にリバイバルヒット。ほんとに素晴らしい作品ですね。癒されます。

まだ知らない人是非新装版1巻から読んでください。
今でこそ「コミックブレイド」という少年漫画で連載されてますが、当時は「ステンシル」という超マイナーな少女漫画雑誌で連載されてたんですよね。その関係かどうかは分かりませんが、ちょっと雰囲気が違って個人的には「AQUA」時代のほうが好きですね。