ブログネタ
百合 友情と恋愛の間? に参加中!

はちがつのうさぎ
水原賢治

・「夢みるタ・マ・ゴ」
百合度★★★★☆
保健室で先輩とHをしつつ、こんな日が永遠に続くものと思っていた主人公だったが、先輩には実は彼氏がいて、その後先輩は姿を消してしまう話。
「私たちはいまタマゴの中にいてカラをつきやぶって次の世界に行くまでの幸せな夢の中にいる」と先輩は言葉を残して姿を消します。

この作者さんの作品は、エロ描写は取り入れつつも宮沢賢治的な(おそらく作家名もここからきてると思われます)ポエトリーな部分を取り入れており、エロは描くけどそれ以上のものも表現したい、という意欲を感じさせます。ただそれが作品としてうまく融合してるかというと……う〜ん、初期の作品を読む限りやっぱりちょっと馴染んでないかな〜というのが正直な感想。個人的には今後を応援したいところですね。

ただエロ描写は別に問題なく、一定のクオリティを保っているのでそのへんは安心して購入することが出来ると思います。

上の単行本は残念ながら絶版ですが、新装版が出ており、作者さんの公式ページで確認したところ「夢みるタ・マ・ゴ」もちゃんと収録されているらしいです。

ちなみに「日曜日に彼女は」という単行本にも双子百合な作品があったと思います(途中から男が絡むので百合的にはあれでしたがわりと気に入っていました)。今ちょっと現物が手元に見あたらないのでやや不確定情報ですが。(短編のタイトルは「月影ステップ」だったかな〜?……違っていたらすいません)