公式
百合度★★★★☆
キスとか直接描写ほとんどなしでエロティックな雰囲気を作っていて面白かった。直接描写は「ピュアレズ4時間DVD」のチェックのおかげで最近食傷気味なんでこういう表現のほうが新鮮で面白かったです。指だけでエロスを表現する方法とか(笑)。
執拗に弓子に迫る香織が最後弓子に愛の告白でもすれば百合的にはもっと面白かったかもしれなかったとは思いますが、でもあんだけしつこく迫る香織はやっぱり弓子に気があったのでは?と思ってしまいますね。
あんな怪しいレズバーはめったにないとは思いますが、ああいう怪しい雰囲気も面白かったです。バーのママさんが良い味を出してましたね。萬田久子も良い演技をしていた。ふたりに惚れてしまいそうだ(笑)。
高岡早紀は「魚のように」の頃から演技力が全く向上してませんね。まあでも個人的には好きです。後藤真希はようやく顔を覚えたかも。

ちなみに原作はこちらに収録されています。

「水の肌」(松本清張)

ちょっと読んでみたんですが、確かに同性愛要素は入っているものの、知らない登場人物も出てくるし、場面もかなり違うようでした。まあ時代が全然違いますしね。