ストロベリーパニック!(たくみなむち)

百合度★★★★★

小説版は先日紹介しましたね。
今回はその漫画版です。おおまかなストーリーは小説版と同じなので、詳しくは小説版のレヴューを参考にしてください。
小説版のイラストを手がけているたくみなむちによるコミカライズということで画質クオリティはかなり高いと思います。
単行本1巻には小説1巻の前半部分が収録されているので、「いっけない!ぱんつ見えちゃう!」のシーンや静馬が欲情して渚砂にキスするシーン、前半のお風呂シーン、夜々と光莉のあやしいシーンなど、先日紹介した小説版の名場面(?)もちゃんと漫画版になって収録されています。夜々が光莉を図書館で襲うシーンは小説版より過激になっているような気がする。
静馬、玉青も変態ぶりに磨きがかかっていますね(笑)。

細かい展開は小説版のほうが詳しいし、真面目な部分と電波な部分のギャップが激しくて小説版のほうがギャグとしては面白いと思いますが(というか先に読んだメディアのほうが面白いか)、さすが漫画だけあって絵のインパクトが強いし、画質クオリティも高いのでどちらもおすすめです。

しかし図書館で絡んでた夜々と光莉のシーン、単行本ではフォローがありませんが……つまり本当にやっちゃったってことでOK!?


■帯にゲーム化のニュースが載ってますね。これは既出情報?私は初めて知りました。