少女のメランコリー
タアモ
百合度★★☆☆☆

メールフォームで紹介していただいた作品です。以下メールフォームから情報を送ってくれた人のコメント。

既出だったらごめんなさい。
タアモ『少女のメランコリー』/小学館フラワーコミックスは、表題作が百合とはいかないまでも少女達の友情を描いた好作です。他の収録作に百合要素はありませんが、絵も話もかわいいので普通の少女漫画としても面白いです。


情報ありがとうございます〜。とっても良い作品だったので速攻でレヴューします。

・「少女のメランコリー」
百合度★★★★☆
クラス内でいろいろ派閥が分かれていることで友人関係に悩んでいる主人公が、転校してきた少女(北原泉)に出会うことによって生き方を変えていく話。
「私はまるで恋に落ちるように彼女のことが気になっていた」と北原さんを意識する主人公。北原さんがクラス内で孤立している児玉さんと一緒にお弁当を食べているのをみて焦りを感じます。勇気を出して北原さんに声をかけてみたところ「元気を出して」と言われ「今はっきり思った。北原さんと一緒にいたい」と感じます。
仲良くなったことではしゃぎすぎて北原さんに注意され一時は落ち込みますが、自分の意見を相手にはっきり言ってるだけだと気づいた主人公も、はっきり自分の考えを喋れるようになり、前からギクシャクしていた吉田さんとも仲良くなれます。
クラスで対抗していた児玉さんと小谷さんも実はラブラブだったというオチ。

友情レベルではありますが「私のこと嫌い?私は好きよ。あなたのこと」と北原さんに言われた主人公が「私も北原さんのこと好き!!」と告白するシーンもあり、友情とはいえかなり恋愛に近い感情だし、百合度は高いと思います。

出版社は少コミ系ですが、この作家さんは創作少女系の同人誌に近い雰囲気(雑誌掲載でない単行本描き下ろしに特にその傾向が表れていると思います)なので、最近の少女漫画が苦手な人でも楽しめると思います。

公式サイトに1枚「少女のメランコリー」のイラストが載ってるので参考にしてください。

表題作以外はヘテロですが、少女同士の友情描写もちらっとあったりして全体的におすすめ。

こういう作品が私のアンテナに引っかからなかったというのは体調不良でレーダーが錆び付きかけてるのもありますが、「どうせ少コミだし……」と最近の少コミの百合状況に絶望していたせいもあるかも。
情報をくれた人には感謝です♪