貧乏姉妹物語ドラマCD

百合度★★★☆☆

お馴染み「貧乏姉妹物語」のドラマCDです。
漫画版の1巻の感想はこちら。2巻の感想はこちら

表紙の描き下ろしジャケット以外に裏ジャケットは越後屋姉妹の描き下ろしが、ブックレットにもかずといずみの描き下ろしイラストが収録されています。初回特典として山田姉妹のメイド服姿のやたら萌え度の高いポストカードがついています。これは作者の趣味?(笑)

ドラマCD1巻では漫画版の1巻収録部分を中心に、描き下ろしドラマを加えたものになっています。漫画収録部分にしても、だいぶ脚本が加えられており、原作を読んだ人でも楽しめる作りになっています。

声優は田中理恵(きょう)と釘宮理恵(あす)のリエリエコンビ。
田中理恵というと「プリキュア」九条ひかりとか「円盤皇女ワるきゅーレ」真田さんとか「あずまんが」水原暦とかいろいろ百合な役もやってるんですが、先日放送が終了した「舞-乙HiME」のトモエ役で「ぶっ殺して差し上げますわぁ!」とかやってたイメージが一番強烈ですね(笑)。穏やかな姉がいつ豹変して妹に襲いかかるかドキドキしてしまいましたが、最後まで変身はしなかったので良かったです。(当たり前)
釘宮理恵のほうは妹節炸裂。典型的妹ボイスで意外にしっかりした言動をするあすがミスマッチで良いかも。

越後屋妹役は「ぱにぽに」、「極上生徒会」などで百合好きにはお馴染みの斉藤千和。嘘泣きや本泣きなどで可愛い演技をみせてくれます。越後屋姉役は「舞-乙HiME」シズル役でこちらも百合好きにお馴染みの進藤尚美。きょう役の田中理恵が甘えてきそうだ(笑)。

原作も山田姉妹がラブラブな様子が描かれていましたが、ドラマCDでは細かいやり取りも加えられて2人がいちゃいちゃしてる様子を耳で楽しめます。
「わたしの行きたい場所はあなたの隣です。お姉ちゃん」
釘宮理恵のボイスでこんなことを言われるのは破壊力ありますね(笑)。

お隣のお姉さん役は「逮捕しちゃうぞ」(美幸)や「バブルガムクライシス」(ネネ)などの平松晶子。ちょっと久しぶり?
きょうが参観日に制服を借りるシーンではお隣のお姉さんが「お着替えしましょうね〜。ウフフフフフ」とちょっと変態入った演技を見せています。

ビジュアル抜きで表現するのが難しいからか、季節的な問題なのか、バレンタインの話とクリスマスの話が収録されてないのがちょっと惜しいですが、また2巻あるいはアニメかも予定されているということでそちらで見たいと思います。

越後屋姉妹と山田姉妹が生活を交換する話は書下ろしっぽい。
最後越後屋姉妹に使われて電気灯油がなくなってしまった部屋で「一緒に寝る!」と一緒に寝る姉妹が良いです。
「あすと一緒なら……」「お姉ちゃんと一緒なら……」「今日も私達は幸せです」
とめでたしめでたし。

総時間77分59秒と、かなり内容がつまっていますね。最後の声優座談会がちょっと駆け足で終ってるのはそのためでしょう。終り方ビシっと決めたほうが百合好きの評価は良かっただろうとは思いますが、そういう事情なら個人的には好感が持てると思います。

やっぱり姉妹百合は良いですね〜。姉妹百合は百合じゃないとか言う人もいますが、個人的には姉妹百合はむしろ百合の基本ですね。
仲の良い姉妹のやり取りを耳で堪能したいという人は是非どうぞ。