「プリキュア」のエロパロアンソロジーを2本紹介。


キュアキュアバトル

百合度★★★★☆

・「その輝きを」(鯉王)
百合度★★★★★
途中犬が絡むのはどうかとも思ったが(笑)男は絡まないので良かった。

・「you`re my best...2」(東磨樹)
百合度★★★★★
続きものらしいです。前回Hをしてしまったことから恥ずかしくて距離があいてしまったなぎさがほのかに意を決して告白。ラブラブになって結ばれる展開。これはかなり良いです。

・「ふたりをプニチュパ」(七海はるか)
百合度★★★★★
道具を使うところが難点といえば難点ですがそれ以外は特に問題もなく百合な絡みを楽しめます。

・「なぎさとほのか」(止田卓史)
百合度★☆☆☆☆
生えてしまうのは惜しい。



エロキュアMAX

百合度★★☆☆☆

さらにもう1冊。以前ちらっと話題にした作品ですね。こっちは白夜さんの情報どおり、完全に百合なのは一本だけで百合度はやや低目か。

・「光のきずな」(月読みさじん)
百合度★★☆☆☆
ひかりは亮太と絡んでるのでダメですが、なぎさはほのかとだけ絡んでます。ほの×なぎだけ見れば悪くないかも。

・「ありえない日常」(ひだかりょう)
百合度★★☆☆☆
ひたか良先生とは別人なのか……。
絵柄も可愛く前半はなぎさとほのかが絡んでいて良い感じ。しかし後半は藤Pが絡むので読まなくて良いかも。

・「黒の『く』の字は苦労の『く』の字」((ASA−)Mitz)
百合度★☆☆☆☆
なぎさとほのかの絡みもあるがなんか薄いし弟も絡むのでいまいち。

・「フタリハキュアキュア」(松波留美)
百合度★★★★★
これ一本だけ完全百合。エロシーンよりエロなしシーンのパートの方が良いかも。特にストーリーもなく絵柄も発展途上っぽいですが、応援したいところですね。


本屋に置いてませんでしたが同社から出てる「ふたりは萌えキュア」には先日紹介したしっと先生の作品も収録してるようなので機会があったら買うかも。

同人誌の世界についてはよく知らないんですが「プリキュア」の同人誌ってのはこんな感じのが多いのかな?
全体的に男性向なのは仕方ないか。しかし「プリキュア」と関係ない作品が巻末に入ってる編集は問題があると思うぞ。「グランスール」っていう「マリア様がみてる」のエロパロはその点1本を除き男も出てこなくて良かったな……あのシリーズまた続き出ないのかな。
エロパロアンソロジーといえば「ルナティックパーティー」というセラムンのアンソロジーが神だった。森永みるく先生とか小宵原まりぃ(←ひたか良先生ですよね?)とかまつおゆりこ (大塚ぽてと)とか……。女性作家ばかり集めたせいもありますが、やっぱり編集次第で出来が大きく変わりますよね。