ふたりはプリキュアMH ビジュアルファンブック2

百合度★★☆☆☆

上北ふたご先生が降臨されているということで買ってきました。
「上北ふたごの世界」と題されたコーナーが収録されており、描き下ろし漫画のほかにピンナップ、「なかよし」に掲載されていたカラー扉、「なかよし」表紙の隅に毎号載っていたイラストなども収録されています。表紙隅のイラストはとっておいてなかったので助かる。

ピンナップは超美麗!なぎさ、ほのか、ひかりが身体をくっつけて一緒にメリーゴーランドに乗ってます。ぶっちゃけ現役のアニメーターが描いたイラストより上手い(笑)。こっちのイラストを表紙にしたほうがムックの売り上げはあがったことでしょう。表紙でないのでお見せできないのがつらいですが是非現物を買って確認してください。志穂と莉奈も何気に身体くっつけてて良いですね。

描き下ろし漫画はなんとオールカラーです。こちらも超美麗。話はいつものメンバーが商店街のフィギュア大会に出場する話。
ふたご先生の世界ですから当然男女でペアなんぞ組みません(笑)。なぎさは当然ほのかと。ひかりはアカネさんとペアです。少しぎこちないひかりをうまくリードしてるアカネさんが良いですね。

なぎさとほのかの演目はずばり「ロミオとジュリエット」!
「いくよ、ジュリエット!」(なぎさ)
「ええ!!ロミオ様!!」(ほのか)
勢いいよく飛び出したものの、なぎさが緊張でカチカチになってしまい転んでしがみついたほのかのスカートを破ってしまいます。
「ダメだわたし」と落ち込むなぎさですがほのかは「わたしたちは一心同体!どんなことがあっても一緒よ!さぁふたりで運命に立ち向かいましょ、ロミオ様!」と励まします。
奮起するなぎさですが演技はやっぱりイマイチ。しかしありえない動きで観客には受けてしまいます。

「ゴメンね。いつもカッコ悪いロミオで……」
「うふふジェットコースターみたいでドキドキする」
見詰め合って指を絡めあうシーンは最高です。

結局最後は観客に受けたことで調子に乗ったなぎさが、優勝商品のチョコレートめがけてジャンプして観客席に飛び込んで演技は失敗。この落とし方が良いんですよね(笑)。

毎度のことながら、友情関係なのに友情関係以上に見えるということでこの短編の百合度は★4つということで。

ふたご先生の作品の他を簡単に紹介しますと、なぎさ×ほのかのイラストはもちろん、なぎさ×「マドンナ」友華先輩のイラスト、ひかり×アカネのイラスト、美羽×奈緒(なぎさとほのかに憧れていたという設定のふたりですね)のイラストなどがあります。
やっぱり目玉はふたご先生の作品ですが、相変わらず神のように素晴らしい作品なのでこれ目当てだけでも買う価値はあるんじゃないかと思います。