ヤングアニマル 嵐No.7

公式

百合好き日記さんの情報より。

・「恋花温泉」(川津健二朗)
百合度★☆☆☆☆
脱衣所でバランスを崩してて少女同士が折り重なるようにして倒れ、「瑠梨香ちゃんのムネ大きーっ」と胸を揉まれるシーンがあります。先月号を読んだ時も思ったんですが、姉がHしてるところを見て瑠梨香が感じるシーンとか、こちらも百合っぽい雰囲気がしないでもないです。

・「年上ノ彼女」(甘詰留太)
百合度★☆☆☆☆
試着室で店員に胸をブラの中に強引に押し込まれるシーンあり。

・「杏子ボンバイエ!!」(川下寛次)
百合度★☆☆☆☆
冒頭先生(♀)を慕っていたという少女にSMっぽい攻めを受けるシーンあり。

・「雨がやんだら」(鬼ノ仁)
百合度★★★★★
寂しさから援交してる少女(何時美)と不良娘(冴子)の出会いから結ばれるまでの話。
万引きが見つかって店員に捕まっていた冴子を何時美が助けたところから関係が始まります。プリクラを撮ったりゲーセンに行ったりして遊んでいるうちに互いに魅かれあうようになり、援交もタバコもやめるようになります。
「会えなくて分かったの。あたし何時美が好き!愛してるよ。どっかのオヤジにやられるなんて耐えられない!頭おかしくなりそうだったよ!あたし何時美を拘束したい」と叫ぶ冴子に何時美も気持ちに応え、雨の中抱き合ってキスを交わします。
直接的な絡みとしてはキスシーンや胸揉み、添い寝程度ですが、精神的な繋がりは完全に女同士のほうがメイン。
オヤジとの援交シーンが気持ち悪いですが、ラストはラブラブエンドで良い感じです。

・「巫女姉妹」(竹内じゅんや)
百合度★★★☆☆
「願いがひとつだけ叶うとしたら?」と聞かれた森野さんが「センパイを男にして私と結婚してもらうんですー」とラブラブです。

・「14(ジューシー)」(亜桜まる+朝田 光)
百合度★★★★★
更衣室に入ってきたボーイッシュな少女が女に見えなかったので、胸を触って確かめるものの胸がないので確認できず、さらにリエの胸を触らせてドキドキしないか確かめたりしますが、実は少女はリエに惚れていたためにドキドキしてしまい、結局男扱いされてしまうというオチ。

百合っぽいのが多いんで時々立ち読みしてる雑誌なんですが、今月号は特に百合度が高いですね。

6月16日発売のヤングアニマル 増刊 あいらんど No.5まんが王の情報によると袴田めら先生と山口舞子先生が参加されるようなのでチェックする予定です。