アルトの声の少女 1(篠有紀子)
百合度★★★★★


アルトの声の少女 2
百合度★★★★☆


アルトの声の少女 3

百合度★★★★☆
復刊ドットコム

ドラマCDを買ってきて読み直してみた作品です。昔の少女漫画ですが百合度はかなり高い作品です。

悠有というボーイッシュな少女と、悠有のことが好きで独占しようとする麻美という少女の話です。
麻美が兄の誕生パーティを開く言い出し「10人だけ招待するわ!誰かいない?」とクラスメートに聞いて、「私……」と申し出るファンがいるのにもかかわらず悠有に「あなたどう?どうせあまってるんだし」と強引に決めてしまうシーンが良いですね。そしてその後悠有以外には「パーティは中止」と告げてまんまと悠有だけ自分の家に誘い出す事に成功します。
さらに悠有にべったりの野崎さんという、こちらは当時で言うぶりっ子系のキャラクターが悠有のタオルを盗んでしまう話とか、麻美が悠有を好きだという気持ちを証明するために雪空の中何時間も待ち続け、自分の言う事はなんでもきいてもらうことに成功した麻美が悠有を自分の家に招いて楽しい時間を過ごすシーンとか、その後野崎さんが悠有を奪還しようと麻美の家に乗り込むシーンとか、家族と喧嘩してしまって行き場のなくなった悠有が麻美の家に辿り着くシーンとかその後一緒のベッドで寝るシーンとか、百合的に良いシーンがたくさんあります。

昔読んだ時はわがままな麻美の性格が鼻に付いたんですが、今読み返すとめちゃくちゃ麻美に感情移入してしまいますね。悠有みたいなボーイッシュな女の子に惚れた経験がある人なら分かると思います。悠有みたいな少女のためなら、そりゃ独占したいと思いますよ。雪空の下何時間待たされようと(笑)。

3巻で悠有が北海道に転校してしまって、その後麻美たちが会いに行って再会はするものの、ラブラブエンドになる展開の前で物語が終ってしまっていることと、ラストで大学は地元の大学を受けて帰ってきたい……という手紙で麻美だけじゃなくて男の子も含めたみんなを指していることを考慮して、2年ほど前にリストを作った時は百合度を★4つとしたんですが、今読み返してみると、やっぱり百合度は★5つでも良いんじゃないかという気もしてきました。(2巻と3巻は表題作以外の収録作が占める割合が多いので一応★4つ)
とにかく少女漫画の中では百合度の極めて高い作品です。


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“〜アルトの声の少女

百合度★★★★★

で、こっちのドラマCDが今回の記事のメイン。百合こころさんの記事を見て買ってきた作品です。
原作が絶版になってしまっていることから分かるようにそれほど知名度の高い作品ではないので、原作人気にあやかってメディアミックス展開……というわけではなく、緒方恵美さんという声優さんがプロデュースした企画物の作品CDドラマです。

緒方恵美さんは声優として主役を演じている以外にもなんとプロデュース、脚本まで担当しています。それほど大きな変更はしてませんが、ドラマCDのほうが話を分かりやすく展開の仕方を若干変えてるのが分かります。結構上手く脚色してありますね。
「アルトの声の少女」という作品は私が少女漫画を読むようになる以前に発表された作品なので、古すぎて私の馴染みの少女漫画の世界とは違っていまいちピンと来ない部分もあったんですが、このドラマCDを聴くことによって作品世界の良さが改めて分かりました。
緒方恵美さんが古い作品に新しい力を加えて現代に蘇らせたといっても良いでしょう。

漫画ほど昔ではないものの2000年に発売されたという事でこちらもやや古いですが、幸運なことにまだ製造停止ではないようで通販で注文すればまだ買えるようです。
原作の方はおすすめしようにも絶版になってしまっているのでどうしようもないですが(古本屋を2〜30件くらい回ればひょっとしたら見つかるかもしれませんがあまりおすすめとは言えません)、こちらはまだ買えるという事でまだ作品を知らない人は是非こちらから聴いてみてください。原作より分かりやすい部分が多いので作品世界に入りやすいと思います。

普通のCDに比べると若干値段が高いですが2枚組ということで大ボリュームです。きちっとスタジオで録音・編集したものではなくライブパフォーマンスということで、どんな感じだろうとちょっと不安だったんですが、これがめちゃくちゃ良かったです。声優さんの力量がはっきりと表れるし、ライブ感が他のドラマCDとは全然違います。他のドラマCDなどでは時々眠くなってしまうこともあるのですが、ライブという事で程よい緊張感があって、2枚組という大ボリュームにも拘らず最後まで飽きずに聞くことが出来ました。バイオリン、ギター、ピアノ、キーボード、そしてボーカルでその場で演奏するBGMも迫力が伝わってきます。
ライブだと声優さんの技量も一発で分かりますね。緒方恵美さんはやっぱり素晴らしい演技力です。山崎和佳奈もかわいいキャラクターを演じています。井上喜久子姉さんも良い味を出しています(笑)。

以前ちょっと話をしたんですが、1人の声優さんが呼びかけて友達の声優さんを集めて百合作品を演じる……という企画はすでに実現されていたんですね。緒方恵美さんのようなカリスマ性のある声優さんだからこそ実現できた企画ではないかと思います。