ageha (渡辺あゆ)

百合度★☆☆☆☆

裏表紙や帯の紹介文で友情百合っぽいものを感じたので買ってきた。ちなみにこの作者さんは以前にも少女同士の友情モノを描いたことがありますね。

・「ageha」
百合度★★★☆☆

少女がサナギから蝶に変身するように成長する過程を描いた作品です。
出版社発表のあらすじは以下の通り。
ずっと親友だったユーリと未宇。いっしょにファッションモデルを目指してがんばってた。だけど、未宇が先にデビューしてしまい、2人の関係がきしみはじめる――。押しよせる黒い感情、嫉妬心……。ユーリの苦しみの向かう先は――!?

というわけで友情と嫉妬を扱った作品です。先にデビューしてしまった未宇が羨ましくて無視したり陰口を言ったり、それに対する仕返しをされたりしますが、お互い相手を大切に想う気持ちを捨てきれず、未宇はユーリのためにモデル事務所にユーリを紹介し、ユーリは未宇が仕事のために男に身体を奪われそうになるピンチを救います。
つかみ合いのケンカになるふたりですが、自分の気持ちをぶつけ合い
「未宇がどんどん別の世界の人になって遠くなって寂しかった……」
「私の憧れてる人はあたしなんかよりずっとしっかりしてて頑張ってて、その人がいなかったら今の自分はいなかった。ユーリはあたしにとってたったひとりのライバルなんだから」
こぶしを合わせて友情を再確認します。

本編も良いですが、原作の桜井亜美のあとがきがさらに良い。
カレシよりもっと大切なのが「親友」マブダチへの思いは恋に似ていて、いつだって相手の「一番」になれないと許せない。
だからカノジョの気持ちが離れたり、わからなくなったら、失恋よりもずっとツライよね!
親友がいるから苦しくても前に進める。
親友がいるから、自分ひとりよりもまぶしく輝ける。
なくしちゃいけない大切なもの。


単純なラブラブではないですが、少女漫画らしくドロドロした少女の内面までしっかり描いていて良い作品だと思います。
この作品を取り上げるためにわざわざアゲハ蝶のBlogデザインにしてみた。アゲハ蝶は好きですが幼虫はやっぱり苦手です(笑)。