Honey Punch
翻田亜流
百合度★★★★☆

GARYUさんのサイトの情報より。GARYUさんいつもうちのサイトを取り上げてくれてありがとうございます。私もGARYUさんのサイトで紹介された作品はいつも参考にさせていただいております。

作品は全体的にロリ絵ですが、それほど男性的な雰囲気はせず、また悲惨な話もないのでとっつきやすい内容となっております。完全に百合なのは3本。それ以外にも女の子同士絡んでる作品がいくつかあり、作者さんが相当百合属性が強い事をうかがわせます。

・巻頭の作品(タイトル不明)
百合度★★★★★
修学旅行の移動中に寝台車で一緒に寝ているうち、片方の娘が首筋にキスをしたことからH展開になります。声が大きくてクラスメートの他の女の子たちに見られてしまい伝説に!?

・「Shift」
百合度★★★★★
表紙のカップルですね。こちらの作品はコミックHi-t ジョシコーセーアンソロジーにも収録されています。
卒業を間近に控えた女子高生が気になっていた男の子の事をすっぱり諦めて髪を切るお話。髪を切った親友を慰めようと「私を代わりにしても良いよ」と押し倒します。
「このりに拒まれたらって思うと怖くって……」と泣き出すマチにこのりも気持ちを受け入れて、体育倉庫で身体を重ねる展開になります。

・「少女はある日トツゼンに」
百合度★★☆☆☆
恋のキューピッド役を果たそうと主人公(♂)の元へやってきた不思議な女の子ですが、間違えて主人公のカノジョに媚薬を飲ませてしまい、カノジョと絡む展開になります。後半は主人公も絡みます。

・「ミックスキャンディ」
百合度?????
不思議なキャンディを食べた主人公(♂)が女の子になってしまい、カノジョと絡む話。後半はカノジョのほうが男になったりしてわけのわからない展開に。

・「ぷらいまり」
百合度★★★★★
この作品集の中ではこれが一番おすすめかな。外国に行ってしまう友人に「杏子がいなくなるなんてヤダもんッ!」と抱きつく亜理亜。杏子はキスをしてその気持ちに応えます。
「ごめん、女の子同士で……変……だったよね」という杏子に亜理亜は「変じゃないもんっ」とこちらも気持ちに応えます。Hは69あり貝合わせありと百合好きのツボを抑えています。
「あたらしいカレンダー買っても、あのいっぱいの数字に杏子と会える日が一個もないんだもん」と寂しがる亜理亜の気持ちが切ない。
最後一緒のポケットで手を繋ぐシーンが良いですね。
この話は作者さんの友人が実際に海外へ行ってしまったことから作られたお話だそうです。続きは私も読みたいですね。


作品をみても百合がお好きであろうことは伝わってきますが、あとがきにはさらに「女の子同士モノを描きたくてエロ道に入った」「『女の子同士モノ描いてイイよ〜』と言われてすごく浮かれて描いた」などと書いてあり、作者さんがほんとに百合が好きなことが伝わってきますね。是非今後とも応援したい作家です。書き文字の雰囲気からして女性作家さんなのかな?ロリ絵とはいえ男性向けにありがちな寒い展開はないのでロリ耐性がそれほどない人(私とか)でも安心して読めると思います。
余談ですが裏表紙では裸の女の子ふたりが抱き合っています。表紙もみての通りだしレジに持っていくのに抵抗ある人はいるかも。