花と惑星
(谷川史子)
百合度★☆☆☆☆

バックの大きな百合の花が素晴らしい1冊ですね(笑)。ちなみに表紙の少女の名前も「百合」なんです。

・「花と惑星 part3 百合と芍薬」(谷川史子)
百合度★★★☆☆

「花と惑星」という3部作構成の作品が掲載されていまして該当作は3作目の「百合と芍薬」。
高校時代の友人芍花(♀)が主人公百合(♀)の部屋におしかけてくる話です。
「おかえりゆりちゃん。芍花チョー寒かったァ〜」と断りもなく強引におしかけてくる芍花に振り回される姿はなんとなく谷川史子先生の単行本のあとがき漫画に出てくる史子先生と長谷川順先生のやりとりを彷彿とさせます(笑)。
別々に寝ていたはずなのに夜中に勝手にゆりのふとんに潜り込んでいる芍花が良いです。主人公は白い肌といいにおいが目の前にあるのが気になって眠れなくなってしまいます。
ゆりはバイト先の店長(♂)に恋をするものの、相手にされません。クリスマスにデートのお誘いだと思って行ってみたらバイトに駆り出されてしまいます。様子を見に来た芍花にみられて、あまりの惨めさに主人公はその場から逃げ出してしまいます。
芍花は店の成績しか気にしていない店長にパンチをくらわせ、主人公の後を追います。「あんな冷たい男、ゆりちゃんには似合わない!」結局クリスマスの夜をふたりで過ごして夜明けを一緒にみるふたり。良い感じです。
クリスマスに展望台に行かないかと誘う芍花もなにげに良いです。


ホームメイド


谷川史子先生は以前にも百合な作品を描かれています。紹介はこちら
ふーみんの描く柔らかい感じのキャラクターが好きな人は是非。