コミック百合姫VOL.5

百合度★★★★★

一時は「百合姉妹」として休刊になった雑誌ですが、根強いコアな百合ファンの働きかけもあり誌名を変えての再創刊後、めでたく1周年をむかえることになりました。
ようやく読むことが出来たのでぼちぼち感想などを。

表紙開いたところにいきなりパンツ履いてない少女の股間を後ろからお姉さまがさわってる星野リリィのピンナップがあってさすがにビビった(笑)。今回こういう風にもろエロいのがカラーページでバーンときてるのが多いです。本屋で立ち読みしてみようという人は注意。
CHI-RANの漫画や杉本ふぁりなのエロピンナップもあるし、全体的にティーンズラブ色が強くなってきたような印象ですね。

これは……大変結構なことです(笑)。

またTLっぽいのが良かったってアンケート送っちゃおっかな。プラトニックなやつは[es]にでも任せて。(元々そういう住み分けだったはず)

・「ストロベリーシェイクSweet」(林家志弦
らんらんの髪型のせいか今回はいつもより私好みだったような気がする

・「マーメイドライン めぐみとかおり」(金田一蓮十郎)
同性愛を人魚姫の話に例えて、「伝えてしまったらおしまい」と表現するところとか切なくて良いですね。イチオシ。

・「彼女の初恋」(CHI-RAN
今回もエロエロありということでプラトニックが好きな人には批判されそうな作品ではありますが、意を決して自分が女である事を告白したナツキの前を花苗が走って逃げてしまうシーンとかはきゅーんとしてしまいますね。

・「逆襲の赤ズキンチャン」(影木栄貴&蔵王大志
冬華の部屋に「女同士のSEXマニュアル」が置いてあるのは笑った。ちなみに「女同士のSEXマニュアル」でも一応参考にはなりますが、本当に女同士のSEXについて勉強したいなら「カーミラ」のほうが参考になると思います。
「攻め」の夏姫に対して「受け」の冬華が肉体関係を期待して部屋に招き入れる展開が良いですね。

・「ときめき☆もののけ学園」(南国ばなな
直接描写はそれほどないんですが、なんとなく雰囲気がエロくて良いですね。

・イラストノベル企画「真夏のLOVE★デビュー」(えのもと椿、杉本ふぁりな、宮下キツネ、蝶野飛沫倉藤倖
宮下キツネっつーといっつもTLコーナーにBL本が並べられてる作家ですね(笑)。この作家さんも含めて、確か全員BL作家だったと思います。杉本ふぁりなはもちろんティーンズラブ誌の顔でもありますね。えのもと椿もどっかでTL描いていたような記憶が……。とにかくBL作家の描く女の子のエロ絵ということで、非常にTLっぽい雰囲気が漂っています。イラストを先に描いて、ノベルは後から付け足したのかな?
ノベル部分が正確にイラストと一致してるわけでもないようなので、これはおまけ程度と考えて良いでしょうね。Hなイラストを見つつ、自分でシチュエーションを妄想するのがおすすめです。ティーンズラブは抜くための露骨なエロを期待するより、シチュエーションにドキドキするのが楽しむコツだと思います。

とにかくこれは…………非常に良いと思います(笑)。この作家陣は次回から漫画も描いてよろしくってよ?いっそのこと表紙もふぁりな先生にしちゃう!?(おいおい)

ティーンズラブ的な作風はエロいのに抜けないという事でオタク層には受けが悪いらしいですが、女の子には好評だし(読者コーナーを読んでもそれはうかがえます)、個人的にもこういうのは好きなので、私はこの路線を応援します。
まあオタク層もどうせ批判しつつ毎号買うタイプが多いと思うんで、ライトな読者も獲得しつつ、批判好きなオタク層も結局買い続けるということを予測すれば、この路線は正解だと思いますよ。

まあ欲を言えば、ふぁりな先生を連れてこれるくらいなら他の作家もBL作家じゃなくてTLを本業にしてる人を引っ張ってきて欲しいのと(アンケートで三国ハヂメ先生をプッシュしたのに採用されなかったのは残念)、あとは裸も良いけど、もうちょっとしっかり絡んで欲しかったかな。脱いでエロさを出すんじゃなくて絡むことでエロさを醸し出すほうが百合好きには効果的だと思います。

・「初恋姉妹」(東雲水生
この作品も評判良いらしいんでそれは良いんですが、個人的にはTLでやってるような東雲水生オリジナルのキャラクターもみてみたいですね。

・つのじょ瓦版
表紙(ひびき玲音)のふたりは「カレン坂高校」というプロジェクトの登場人物だそうです。ひびき先生のプロジェクトと書いてあるけど表紙にする以上は一迅社もなんらかのかかわりがありそうですね。んー、ひびき玲音先生が個人でやるプロジェクトなら別にいいんですけど、コミケは行けないし、行くとしても個人作家のところをまわりたいんであんまし企業絡みのプロジェクトはコミケとかでやってほしくないんですけどね〜。ともあれ私には関係のない話のようです。

・「南波と海鈴」(南方純
相変わらずほのぼのとしていて良いです。

・「真説ユリム童話」第1話
あまりネガティブなことは言いたくないんですがこれだけ触れないわけにもいかないでしょうね。
元々白黒だった第1話が無理矢理カラーページになって誤植もそのままに再掲載されています。その後も明らかに急ごしらえで作ったようなカラーだか白黒だか分からないようなページが3ページも続いて、ここの部分だけなにやらアングラな雰囲気を醸し出しています。
言わなくても編集部のほうも百も承知のことだとは思いますが、これはいけません。「コミック百合姫」の歴史の中で確実に汚点として残るでしょう。他の作品は結構頑張っていただけにこの部分だけ非常に残念です。
作家公式によると佐倉汐がかかわっているのは事実のようです。元々あまりイメージのよくなかった佐倉汐が私の中でさらに印象が悪くなったことは否定できません。ここのイラストは文章やらなんやらが出来てから最後に作ってるようなので、本当に責任があるのは誰なのか正確には分かりませんが。
表紙のクレジットをみると森永みるく先生の名前はないので、病気で休載することはあらかじめ分かっていたようで、代原の乙ひより先生もしっかり穴を埋めているんですが、「ユリム童話ツンデレラ」と「コミケの歩き方」とやらは表紙にクレジットが残っているところをみると、ギリギリのところで落としたようですね。「コミケ」のほうは分かりませんが結果だけ見ると企画自体少し無理があったように感じます。

・「Simoun」(速瀬羽柴)
最終回。尺が足らなかった印象は否めませんが、良いシーンもあったと思います。描き下ろしを含めた単行本が出るらしいのでそちらもとても期待しています。発売日が待ち遠しい。

・「かわいいあなた」 (乙ひより)

みるく先生の代原らしき作品ですが、これはなかなか良いですね。外見がボーイッシュなんだけども中身は気の弱い少女が、外見は乙女チックなんだけども中身は男らしい少女のカップリングは面白いです。

・「森奈津子の百合道場」(cut:水上カオリ
生徒に貰った真摯な気持ちを書き綴った手紙に返事をくれなかった先生の話……先生も可愛い生徒と一緒になりたい気持ちを持ちつつも今の生活を壊せず迷いに迷った挙句、返事を出すタイミングを逃してしまい……と妄想する事も出来るんで良いんじゃないでしょうか。
「気持ちは嬉しいけどどうのこうの」とかありきたりな返事が来るのがまあ普通のパターンでしょうね。
先生も経済力のある男に頼りたかったんだよ、結局。余談ですが私は男と結婚する世の女はみんな、男に頼らず生きる事を諦めた人生の負け組みではないかと勝手に疑っていたりします。

・声優トーク企画「巫女魔女トライアングル★TALK」
「私と麻美子のラブラブを楽しみにしてくれるといいなーと思います」(生天目仁美)
「あーはいはい」(渡辺明乃)
「私は麻美子が大好きです!」(生天目)
「まーたんはそうでもありません!」(渡辺)
期待を裏切らないやりとりをしてくれますね(笑)。余談ですが生天目仁美さんは「まじぽか」のりる役がハマり役でした。意外に私と年が近い(ということは……)ことに最近気が付いて気になりだしている声優さんです。ファンになってしまいそう……(おいおい)。

・読者コーナーによると、「百合姫」の姉妹誌が今度出るそうです。まあ姉妹誌っつってもゼロサムもWARDも姉妹誌っていや姉妹誌ですが果たして百合関係なのかな?
今冬発売で10月18日発売の次号で紹介……ってことは広告が入ってる「まんが4コマKINGSぱれっと」(9月下旬発売)とやらは違うのかな?「ぱれっと」のほうは男のカットも一枚見えるので少なくとも百合専門誌ではなさそう。
個人的には今回の「真夏のLOVE★デビュー」に登場した杉本ふぁりななどの作家を集めてTL百合雑誌でも創刊してくれたら本望なんですが。いやそれより今月号読んでたら、新しくTL百合雑誌作るより、アンケート送って「百合姫」をティーンズラブ誌にしてしまうほうが早いような気がしてきた(笑)。そういうのが嫌な人は他の作品を応援するアンケート送るしかないですね。小さいパイを奪い合うのは不毛なんで勘弁(笑)。

SMALL CALLさんとこでも紹介されてましたがタカハシマコの「女の子は特別教」が新装版として一迅社から再販されるようです。この作品にもいくつか百合っぽいものが入っていますのでまた今度時間があったら紹介しましょうか。描き下ろしもあるそうです。わざわざ「百合姫」でCMを打つくらいだから、百合な新作でも収録されるかな?

・特別ふろく小冊子「飴色紅茶館歓談」(藤枝雅
男性作者は応援したいし、絵柄も丁寧に描かれている良作だと思うんですが……大変申し訳ないのですが何度読んでも話があまり頭に入ってきません……。好きな人はめちゃくちゃ好きらしいし、これはもう好みとしか言いようがないですね。
ただ、「ことだまの〜」のキャストの件のように、声優百合が好きな人の願望を本当に実現させてしまう企画をやってしまうあたり、他の女性作家では思いつかない事をやれる作家さんだと思うのでやはりこういう作家さんも必要だと思います。

・そういや今回森島明子先生もいませんでしたね。すいません、前回のアンケートで「一番つまらなかった作品欄」に「百合×ユリ見聞録」を記入してしまったのは私です……。いやレポート漫画より森島先生のオリジナル漫画のほうが読みたかったからってちゃんと注釈はしておいたんですが、どれかひとつ選ばなければいけない……ということで迷った挙句この作品にしてしまったんです。森島明子先生と言えば今月の無敵恋愛 Sgirl8月号に載ってる漫画に百合っぽいシーンが入っているのでおすすめですよ。

全体を読んでの感想としては、分岐点に差し掛かっているなあという印象です。みるく先生というコアな百合ファンには絶大な人気がある大黒柱が病気休載してしまい、その穴は代わりの原稿の人がうまく埋めてくれたと思うんですが、いかんせん「ユリム童話」「コミケの歩き方」はフォローのしようのない無残な結果になってしまってしまいました。次回は林家志弦先生もお休み、みるく先生も復帰するかどうか不明な状態では先行きがかなり不安であると言わざるを得ません。
ただ、今回のBL作家によるHなカラーイラスト&小説という形式は、企画としてかなり斬新だったし非常に面白かったです。またこういう新しくて魅力のある企画をどんどん考えて欲しいですね。

落としたカラー原稿数枚のことを考えればやっぱり50円くらいは損をしているわけですが、それでも私は応援をやめる気は全然ないですね。むしろ心配な分なおさら応援したくなりました。特にTL関連のコンテンツはとても良かったのでこれからも期待しています。
「百合姫」も一周年……休載した「百合姉妹」のこともあるし私の購読してた季刊誌で一周年くらいで廃刊になったものもいくつかあるように記憶しています。やはりこのへんが続くか潰れるかの分かれ目なんでしょうね。私は当然応援する選択肢以外は全く考えていませんが、やっぱり落とした原稿のことはアンケートに書いておくつもりです。

発売日に近所の本屋にどれくらい入荷してるか大型書店を3件ほど偵察に行ってきましたがなんと1件しか置いてなかった。そういや「ことのは〜」も置いてある本屋1件しかなかったし……まだまだ地方には普及してないようですね。やっぱり応援せねば。