チャームエンジェル
もりちかこ)

百合度★★★☆☆

「ララナギ」に続くもりちかこ先生の新作漫画、今日発売です!「ララナギ」が終って寂しい人(て私ですが)は是非!

「ララナギ」が女の子2人組みの話だったので、同じパターンの作品は作家的に難しいんじゃないかと正直もり先生の新作は百合的にはあまり期待していなかったんですが、「ララナギ」が好評だったせいか引き続き女の子2人組みの話が連載される事になって個人的には非常に嬉しいです。

祖母とふたりで暮らしていた主人公、アミーの元に現れた天使リコルが言う事にはアミーは千年に一度なれる星天使になれるとのこと。星天使になればなんでも願いが叶うと聞いたアミーはその気になるものの、そのためにはリコルと一緒に暮らして、天使のための試練を受けなければいけないという……。
企画モノのために「ララナギ」に比べると若干設定が細かいですが、内容はいつものもりちかこ節炸裂で馬鹿馬鹿しいギャグの連続となっています。
不幸を呼びこむ体質(というか単なるドジのようにも見える)のリコルが儚げで可愛いですね。暴走系の主人公のアミーより、ついリコルのほうに感情移入して読んでしまいます。
暴走してしまうアミーと不幸体質のリコルがお互いに庇いあいながら試練を乗り越えていくところが百合的な見所ですね。毎回一緒に寝てるアミーとリコルのシーンや、アミーがリコルに料理を作ってあげたり、リコルがそれにお返ししようとして大失敗するシーン(まだ単行本には収録されてませんが)など、見所はいろいろあります。

以下雑誌掲載時に書いた感想。

第1話(2月号)
第2話(3月号)
第3話(4月号)
第4話(5月号)
第5話(6月号)
第6話(7月号)

ところでよく見るとタイトルが「チャームエンジェル」になってるんですね。最初は「チャーム」と「エンジェル」の間に十字架が入っていたと思うんですが。表記し辛いから変えたのかな?

ちなみに今月の「ちゃおでら」に載ってる話でもアミーとリコルが一緒のベッドで寝てて良かったです。ハナペロは謎の生き物でしたが(笑)。