SimounCDドラマ「嗚呼、麗しの派遣OL なぜなんだシムーン株式会社」

百合度★★★★★

シムーンのドラマCDです。正直アニメ版より面白かった(笑)。出演してるキャストが偏っているのでグラタンや豆腐はもちろん、アニメのラストで男になる事を選択してしまったフロエやビューラ、ワポーリフと結ばれたモリナスも全く登場してません。登場してるのはアーエル、ネヴィリル、パラ様、カイム、リモネ、ロードレ、マミーナ(!)、オナシア、あと名前は出てませんが「逮捕しちゃうぞ」の夏美も出ているような気がしないでもない(笑)。
以上のキャラ以外は出てこないのでフロエやビューラ、ドミヌーラファンには物足りないかもしれないのでそのへんは注意してください。でも男絡みのキャラがいないおかげで、百合的には非常に安心して聴けるので良いんじゃないかと思いますけどね(笑)。というわけで百合度は★5つということで。

男になったキャラが出てこない代わり、アニメでは死んだはずのマミーナはちゃっかり生き返って元気にしみったれた(?)姿を見せてくれています。というわけでマミーナファンなら超「買い」。

「泉なんてお尻ぺんぺんよ!男になるですって?ちゃんちゃらおかしいわ!」
とハッキリ言い切るネヴィリルが心強いですね。このドラマCDでは、ネヴィリルは終始アーエルといちゃつきまくりです。そして残された哀れなパラ様でオチをつくというパターン(笑)。

1トラック目は戦争が終った後、コールテンペストの面々が「東京」に上京して会社を立ち上げる話。
東京のことを知らずに恥をかいたネヴィリルを慰めるアーエル。
「アーエルがしてくれなきゃ、いや」
「甘えん坊だなあ、ネヴィリルは。それじゃもう少し顔出して……」
パラ様が慰めてもガン無視のネヴィリルですがアーエルに対してはベタ甘です。

ネヴィリルが作った社訓によると、「社内リマージョンは禁止。ただし社長の私は免除。つまり社長の彼女(とハッキリ言ってます)のアーエルも免除ってことね」
「やったあ!いいの?よーし、どこでしよっかなあ!張り切るぞ!」
2時間も社長室に閉じこもってマジで社内リマージョンをし続けてしまうふたりがすごい。

2トラック目は駐禁の話ですが、なぜかカイムとアルティのあの夜の話が出てきます。

3トラック目は社員旅行で温泉につかる話。
「ネヴィリルの肌は綺麗だよね。特にこのあたり」
「あん♥」
温泉でもいちゃつきまくりのふたり。パラ様哀れ。

お風呂に入った後は、芸者を呼ぼうとするコールテンペストの面々(おいおい…)ですが、お金がなくて断念します。ほんとにお金がなくてキャストが呼べなかったんじゃないかと疑ってしまったがどうでしょう?(笑)

4トラック目はロードレとマミーナが一緒に買い物に行く話。ふたりしか出てこないので、マミーナ×ロードレファンは必見。しみったれたマミーナが泣ける(笑)。

5トラック目は給湯室で噂話をする話。社内リマージョンは禁止という事ですが、アーエルとネヴィリルだけは例外です。

6トラック目は会社が潰れて劇団を始める話。劇団員の高橋理恵子さんが「お金もないしみったれた雰囲気は劇団にはばっちりよ!」とか言うと洒落にならない。

次回作で劇団の話が来るかもしれないですね(笑)。