百合星人ナオコサン (kashmir)

百合度★★★☆☆

地球総百合化による征服を目論む百合星人のナオコサンが、地球人の少女の家に同居してる話。ナンセンスギャグ作品です。
同居先の少女みすずの友人の眼鏡少女はみすずに気があるようで、股間をまさぐられる関係になることを望んでいたりみすずの人形で遊んでたりとこの少女はガチっぽい。
ただ主人公のナオコサンは幼女には異様に関心があるようですが何を考えてるのかさっぱり分からない生き物なので、まともな百合を期待するのは向いてないですね。
百合……というか百合ネタ作品ですね。百合ネタ以外ではエロ本ネタとようじょネタが多い。百合そのものを期待して読むより「どこが百合やねーん」とつっこみつつ読むのが正解かも。タイトルに「百合」があるからといって過剰に期待してもその期待は間違いなく裏切られるでしょう(笑)。期待せずに(正直私も全然期待してなかった……笑)読むと結構面白い。

ちなみに単行本にCDが付録でついてます。収録曲は「百合星人ナオコサン」と「百合星式おゆうぎうた」とその2曲のカラオケバージョンの4曲。
内容は「ゆりゆりゆり、ゆりゆりりり〜、ゆりはいいね、いいよね〜」とこれまたどう使っていいのかよく分からない代物。まあCDによって単行本の値段がそれほど吊り上げられているというわけでもないからどうでも良いんだけど。

この作者さんは昔公式サイト見た限りでは百合属性はありそうな気がしたんですが……なんだか変な方向にいってしまったような(笑)。

まあ百合ブームの裾野でこんな変な派生作品も生まれたよってことでひとつ寛容な気持で読みましょう(笑)。