マリア様がみてる OVA コレクターズ・エディション 1 子羊たちの休暇 (初回限定生産)

百合度★★★★★

アニメ版「マリア様がみてる」がOVAになって久しぶりに戻ってきました。OVAということで、やはりテレビ放送の時に比べるとクオリティも高いですね。ストーリーもアニメ版は常にせわしない印象があったものですが、OVA版は1巻で50分収録しているということもあってそのへんも若干緩和されてゆったりした感じがします。
「子羊たちの休暇」はゆったりしたエピソードで私も好きだったので、アニメ版も楽しめました。お姉さまと一緒に別荘にお泊りをしにいってドキドキする祐巳の気持が良く伝わっている話だと思います。
お姉さまの寝起きを起してお姉さまが着替えを始めるシーンは特にドキドキ感が伝わりますね。一緒の部屋でないことをちょっと残念がるのも気持がよく分かります。
冷たい素振りをしながらも祐巳のことを気遣っている瞳子も良い。
お姉さまと結ばれたことで急に目立ってしまい、他の少女に嫉妬されてプレッシャーを感じてしまう主人公の気持、昔は分からなかったものですが最近ちょっとわかるようになってしまったのはどうしたものやら。ひっそりと幸せにやっていきたくてもなかなかそうはいかない状況というのもあります。

初回特典はポストカードセット、押し葉のしおりとブックカバー、ブックレットなどいろいろ入っているせいで、ジャケットも異様にでっかいです。作中にも登場している押し葉のしおりはちょっと粋ですね。

ひびき玲音先生のポストカードは
祐巳
祥子
祥子×祐巳
の3枚。

アニメ版のポストカードは
祐巳×祥子、由乃×令、志摩子×乃梨子
祐巳×祥子
志摩子×乃梨子
由乃×令
の4枚
これは描き下ろしらしいです。
特にひびき先生のポストカードは、やわらかい感じのする絵柄でポイント高いですよね。

オーディオコメンタリーは植田佳奈、伊藤美紀、池澤春菜の3人。植田佳奈が伊藤美紀のことを素で「お姉さま」と読んでいて、普段から仲が良さそうな事が伺えます。今回はエピソードがエピソードなだけに、いつもに比べると暴走もなくおだやかな会話でしたね。
テレビ放送時はあまりピンとこなかったけど、今聞くと中の人妄想も楽しめます。

おまけの特典映像「マリア様にはナイショ」、弟が持ってきた「忘れ物」は笑った。「ナイショ」と勘違いして本編でもリスがしゃべるものと素で勘違いした池澤春菜さんナイス。ほんとに見てるマリア様は怖い。
相変わらずもの凄いスピードです。中身はつまってますが気を抜くと一瞬で終っています(笑)。
「ナイショ」は通常版でも初回プレス版にはつくんだっけ?よく知りませんが初回限定版を買っておけば確実でしょう。レンタル版には多分ついてないはず。

「マリア様がみてる」も最近は結構好きなんですけどもね。ただ時間がなくなってしまって原作の方は積読になってしまっているのと、あとこのサイトに来る人は多分私より遥かにコアな「マリア様がみてる」ファンの人が大勢いそうなので、うかつに間違ったことを言うと速攻でツッコミが来そうでうかつに話題に出来ないんですが、私も「マリア様がみてる」好きなんですよ、いやほんとに(笑)。


……とレビュー全部書いてから気が付いたんですが、amazonでも7&Yでも、初回限定版はすでに品切れのようですね。こんなに早くなくなるとは……売れてるんでしょうか。いつもはもうちょっと長い間在庫が残っていたような印象があるんですが。せっかくレビュー書いた私の手間は一体……?(汗)

以下在庫チェッカー


初回限定版


通常版

となると「ナイショ」をみるにはプレミアついてる中古を買うか今出てる通常版を速攻で買うしかないのかな……?通常版も多分初回分だけだと思うので間に合うかどうかちょっと保障出来ませんが……。私自身の分は予約しておいたんで発売日にamazonから届いたんですが、ちょうど体調が最悪で伏せっている時だったのでレビュー出来なかったんですよね。タイミングが悪かった。