PRISM ARK (佐伯 達也)

百合度★★☆☆☆

新刊リストの中ではノーチェックだったんですが、表紙と帯から百合オーラを感じたので本屋で買ってきた。

王女(ではないかと噂されている少女)プリーシアの護衛を自ら買って出る少女神楽がプリーシアに好意を抱いていますね。お風呂で背中をせっせと流したり、公衆の面前で裸をさらしそうになるプリーシアのため、自らの胸もはだけて注意をそらしてみたり、「大切な人と接吻」と言いつつ酔ってキスをしたり(帯のシーンですね)、神楽のプリーシアへの気持はガチです。扉イラストやラストページでプリーシアが神楽の元に倒れこむシーンなど百合的な絡みシーンもちょいちょいあります。ただ主人公は男でプリーシアも恋愛感情は主人公のほうに向いてるのでその辺は諦めて割り切りましょう。

エロ8割、百合2割くらいの作品ですね。水着でぽろりとかお風呂とか身体検査とか、そういう不真面目なシーンの連続でシリアス展開はありません。異教の国と戦争をしていたとかなんとかそういう設定も最初はあったような気がしますがどっかに行ってしまいました(笑)。
この作者さん最初はそんなでもなかったけど途中から絵柄がものすごい上達してますね。最初と最後でこんなに絵柄クオリティが違う単行本も珍しい(笑)。


PRISM ARK

公式

原作はエロゲーのようですね。公式を見た限りでは絡みシーンは見当たらないようですが、やっぱりこっちには百合はないのかな?私は体力的な問題があるのでパソコンゲームはパス……。