青い花 2
(志村貴子)
百合度★★★★★

2つのお嬢様学校を舞台に繰り広げられ少女達の淡い恋愛を描いた作品の第2巻です。1巻の紹介はこちら
肉体関係まで結んでいた従姉妹のお姉さんに裏切られて落ち込むふみが新しい出会いに心を開いていく中で、格好よい先輩に告白され付き合いながらも、幼馴染で天真爛漫なあーちゃんへの想いが捨てきれない……と気になる内容で終った第1巻の続き。

第2巻ではふみが杉本先輩に「家族に紹介したい」と言われて、杉本先輩の家に招かれ、「まさか」と思うものの、本当に家族の前で「私この子と付き合っています」と紹介されてしまいます。
「やっちゃん(杉本先輩)レズビアンなの?」
「部屋に連れ込んでなにするつもり?」
と姉たちに問い詰められ(からかわれ?)めちゃくちゃな展開。
しかしそれはふみへの気持が整理できない杉本先輩のあせりから出た行動だった。
「今のままでは付き合えない」
杉本先輩の言葉にショックを受け家から飛び出すふみだったがふみ自身もまた自分が杉本先輩ではなくあーちゃんへに気持が傾きつつあることを自覚しつつあるのだった……。

表紙は杉本先輩&ふみですが、2巻ではふみが杉本先輩との約束をすっぽかしてあーちゃんとデートするシーンがあったり、ふみを泣かせた杉本先輩にあーちゃんが抗議に行ったり、ふみを慰めるために清里に誘ったりと、内容はあーちゃん×ふみ寄りになっています。個人的には天真爛漫で天然なあーちゃんと結ばれて欲しいのでこの展開はうまくいってほしいですね。

巻末の織江さんと日向子さんの学友同士の恋愛小話も良い感じで必見。


1巻の時は店を何軒も探し回っているうちに疲れきってしまってまともにあらすじが書けなかったので今回はもうすこしちゃんとあらすじを書いてみましたが(今回は家でamazonからの到着をおとなしく待っていたのでそういう疲労はないです…笑)、何しろ人間関係が複雑な話なので紹介できたのもほんの一部分だけですね。本当はふみ、あーちゃん、杉本先輩以外にもたくさん女の子が登場して、普通に女の子に恋をしています。
お嬢様学校の百合ということですが「マリア様がみてる」とも微妙に違うリアリティあり、ファンタジーに感じる部分もありという不思議な百合漫画ですね。
皆さんはこの作品、現実的な話かあるいはファンタジーか、どう感じましたか?