いつでも弱酸性。
(G.むにょ)
百合度★★★☆☆

白夜さんの情報より。本屋見てきたら表紙も帯も百合っぽかったのでさっそく買ってみた。

で、内容ですが主人公のノリを熱烈に愛しているミヤギという少女がいて、ノリの気に入ったペンギンに敵対心を抱いたり、ペンギンを自分の家で飼えばノリが家に来てくれると計算するや否やペンギンを速攻で受け入れたり、顔を覚えているのはノリだけだったり、抱きついたりするシーンがあります。
さらに途中から登場する痴漢が実は女性教師で、ノリに抱きついたり女子の水着姿を見ようと英語の教師にもかかわらず水泳の授業に参加してしまったりするシーンがあります。

こう設定だけを書き出すと結構百合度高そうに見えるんですが……実際読むと百合度は薄いように感じます。というか百合も薄いが絵柄もストーリーも何もかもが薄い。タイトル通りです。
表紙や後ろの紹介文を読むと百合キャラのミヤギは主役のようにも見えるんですが、実際はほとんど脇役です。ネタに困って後半しょーもないキャラ(男含む)を出しすぎたのも問題だと思うんですが……。個人的にはペンギン好きなのでしゃべるペンギンも後半いなくなったのも残念。
タイトル通り薄くてゆるい作風がツボに入る人なら……ということで。とりあえず表紙だけみて過剰に期待するのはやめておいたほうが良さそう。

タイトルどっかで聞いた事があると思ったらやっぱり雑誌チェックしてんじゃん。もはや記憶力が壊滅的……(笑)。